2020年03月02日 05時00分 公開
特集/連載

「SSD」「HDD」使い分けのポイント【前編】SSDに“主役”を譲っても「HDD」の出荷容量が伸び続ける理由

ストレージ市場でHDDからSSDなどのフラッシュストレージへの移行が進む。ところがHDDの出荷容量は増加傾向にあり、HDDベンダーは大容量化に寄与する技術開発を進めている。ストレージ市場の現状を整理してみよう。

[Kurt Marko,TechTarget]

 HDD市場を「成熟している」とだけ表現するのは、Amazon.comのCEO(最高経営責任者)であるジェフ・ベゾス氏の生活を「暮らし向きが良い」とだけ表現するのと同じくらい不十分だ。ストレージ市場の主流は磁気ディスクを使用したHDDから、SSD(ソリッドステートドライブ)をはじめとするフラッシュストレージへの長期的な移行期にある。一方でHDDの出荷容量は増加傾向にある。

 フラッシュストレージの大容量化と低価格化を受けて、企業IT市場における需要がHDDではなくフラッシュストレージに集中してきていることは確かだ。まずデータベース管理システム(DBMS)などデータ入出力の多い業務システムでフラッシュストレージへの移行が進んだ。次にモバイルPCやタブレットを使用するエンドユーザーの動きが広がったことで、クライアントデバイスでフラッシュストレージが広く使用されるようになった。物理的な駆動装置を持たないフラッシュストレージはHDDよりも持ち運びに適しており、モバイルPCやタブレットへの採用が進んだことが背景にある。

 HDDからフラッシュストレージへの移行は、フラッシュストレージの技術が進歩するにつれて加速してきた。企業IT市場におけるストレージの出荷台数のうち、ミッションクリティカルなアプリケーション向けでHDDが占める比率は20%程度まで減少しているという推計値もある。

小型化するフラッシュストレージ

 HDDはウォームデータ(アクセス頻度が低いデータ)とコールドデータ(アクセスがほとんどないデータ)向けの大容量ストレージとして独自のニッチ市場を見いだしている。容量が10〜16TBのHDDは市場に広く普及しており、HDDベンダーはさらに大容量化する技術開発のロードマップを示している。2030年ごろまでは、企業IT市場でHDDは安泰だと言えるだろう。

 フラッシュストレージは小型化が進んでいる。搭載デバイスの薄型・軽量化を実現するフォームファクター(形状や大きさに関する仕様)としては「M.2」が広く使われてきた。このM.2を置き換える新たなフォームファクターとして登場したのが、不揮発性メモリのフォームファクター「Enterprise and Datacenter Storage Form Factor」(EDSFF)をベースにした「Ruler」だ。Rulerは従来のフラッシュストレージよりもサイズを小型化し、容量密度を向上させる。これに対してHDDのフォームファクターは長い間変わっていない。

HDDはまだ現役 2020年代後半に50TB実現か

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。