ExcelやTeamsで生成AIが使える「Microsoft 365 Copilot」とは?生成AI「Microsoft 365 Copilot」のインパクト【前編】

「Word」や「Excel」といった「Microsoft 365」ツールで、生成AIの機能を利用可能にする「Microsoft 365 Copilot」。その特徴とは何であり、何を可能にするのか。

2023年05月20日 09時30分 公開
[Mary ReinesTechTarget]

 2023年3月、Microsoftは「ジェネレーティブAI」(生成AI)ツール「Microsoft 365 Copilot」を発表した。生成AIは、テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術だ。Microsoft 365 Copilotは、同社のオフィススイート「Microsoft 365」のツール群に生成AIの機能を加える。Microsoft 365 Copilotを使うと、何ができるようになるのか。

「Microsoft 365 Copilot」でできることはこれだ

 Microsoft 365 Copilotは、Microsoft 365の以下ツールで利用できる。Microsoftはこれらのツールに、Microsoft 365 Copilotの機能を組み込む。

  • ワープロツール「Microsoft Word」
  • 表計算ツール「Microsoft Excel」
  • プレゼンテーションツール「Microsoft PowerPoint」
  • メールクライアント「Microsoft Outlook」
  • ユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」
  • ノーコード/ローコード開発ツール群「Microsoft Power Platform」

 その他Microsoftは、Microsoft 365 Copilotの機能を利用するためのツールとして「Microsoft Business Chat」を提供する。Microsoft Business Chatは、Microsoft 365ツール間を横断して利用できるAIチャットbotだ。

 Microsoft 365 Copilotは、Wordではエンドユーザーによる文章の作成、編集、要点の整理を支援し、Excelでは要望に応じた数式を提案し、PowerPointでは自然言語の聞き取り機能を使ってアイデアをプレゼンテーション資料に変換する。Teamsでは会議内容を基に、リアルタイムで要約やToDoリストを生成することが可能だ。

 「Microsoft 365 Copilotの登場によって、従業員は“普段使いのAI”を持てるようになる」。調査会社Gartnerのアナリスト、ジェイソン・ウォン氏はそう解説する。企業はMicrosoft 365 Copilotの力を活用すれることで、従業員の業務効率を「劇的に向上させることができる」とウォン氏はみる。


 次回はMicrosoft 365 Copilotが実現することの中で、注目すべきものを調査会社のアナリストに聞く。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...