急に売れなくなった「SSD」が“爆売れ”する日ストレージ市場“激変”の末路【第5回】

「SSD」の売れない状況が判明し、汎用品が経済情勢に左右されやすい傾向が浮き彫りになった形だ。SSDが再び“爆売れ”する日は来るのか。

2023年05月22日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 「SSD」関連ベンダーの業績は、2022年後半に急落し、SSDが売れなくなった状況が突如として露呈した。焦点は、まずは売れなくなった理由。もう一つは、再び売れ出す時が来るのかどうかだ。さまざまな臆測が飛び交う。

SSD市場を襲った“大打撃”の末路

 「消費が落ち込むと、SSDなどの汎用(はんよう)製品は供給過多に陥り、価格が下がる傾向にある」。調査会社Objective Analysisのゼネラルディレクター兼半導体アナリスト、ジム・ハンディ氏はそう語る。2022年からその傾向が顕著になり、NAND型フラッシュメモリベンダーは大打撃を受けている。

 SSDの売上高はデータセンターへの供給に大きく依存している。「データセンターは人員を大量にレイオフ(一時解雇)しており、短期的にはあまり良い状況ではない」(ハンディ氏)

 市場が好転する時期について、ハンディ氏は「何とも言えない」と語る。少なくとも2023年中に大きく好転することはないと考えられる。Objective Analysisの予測によれば、2023年の半導体分野の成長率はマイナス19%だ。

 NAND型フラッシュメモリベンダーは、2023年後半には市況が改善し始めるという希望を持っている。それまでは、ベンダーにとっては我慢の時期が続く。

 SK hynixは業界の専門家の見方に従い、次のように見解を示す。「ベンダー各社が投資額と生産量の削減を計画しているため、NAND型フラッシュメモリの供給量が増加することはなく、在庫量のピークは2023年上半期中だ」

 需要と供給のバランスが取れれば市場の回復につながると、Micron Technologyはみている。それが明らかになるまでには、2024年初頭ごろまでかかる可能性がある。

 Micron TechnologyのCEO、サンジャイ・メロトラ氏によると、同社における2023年のDRAM(Dynamic Random Access Memory)のビット供給量(ビット換算での供給量)は、前年比マイナス成長だ。NAND型フラッシュメモリはビット供給量が前年比でほぼ横ばいとなり「需要は回復する」とメロトラ氏は述べる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。