GoogleのAI「Bard」が王者「ChatGPT」に“逆転勝利”する条件はこれだ荒削りでもあなどれない「Bard」の可能性【後編】

ジェネレーティブAI市場はOpenAIの「ChatGPT」が支配しており、Googleは対抗策として「Bard」を投入したものの、まだ万全ではない。それでもBardがChatGPTとの競争を勝ち抜く可能性はまだある。

2023年05月19日 08時15分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 AI(人工知能)ベンダーOpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」は急速に利用を広げており、Microsoftが金銭面とコンピューティングリソースの面でOpenAIを支援している。ジェネレーティブAI(生成AI:テキストや画像などを自動生成するAI技術)の競争は、原稿執筆時点ではMicrosoftとOpenAIが有利に進めている。

 GoogleのAIチャットbot「Bard」は初期段階にあり、まだ改善の余地がある。それでもBardは、まだジェネレーティブAI競争の先頭に躍り出る可能性を秘めているという。どういうことなのか。

BardがChatGPTに“逆転勝利”する“あの条件”

 「AIチャットbotを具現化する大規模言語モデルとアプリケーションは、使えば使うほど改善されていく」。調査会社Futurum ResearchでCEO兼アナリストを務めるダニエル・ニューマン氏は、そう語る。

 ChatGPTとの競争にBardが打ち勝つには、Googleは「より多くのエンドユーザーにBardを公開して、テストを依頼するしか打つ手がない」というのが、ニューマン氏の見方だ。「Googleは『後れを取っている』と見られても、テストを進めなければいけない」と同氏は指摘。「現在は飛躍のための非常に重要な準備期間だ」と持論を展開する。

 Bardをより使いやすく、望ましいAIチャットbotにするために、Googleは「積極的な動きを取る」とニューマン氏はみる。Googleは、検索エンジンでは変わらず最大手だ。Bardを磨き上げることで、検索エンジンの優位性をさらに高められる可能性がある。

 見た目や使用感では似ているとしても、BardとChatGPTは「それぞれがそれぞれの方法で、魅力的な価値を提供する可能性がある」と、調査会社Forrester Researchのアナリスト、ローワン・カラン氏は言う。大規模言語モデルを活用して、検索体験を魅力的かつシンプルにする方法は「幾つもある」とカラン氏は指摘。BardとChatGPTのそれぞれが、どのように進化するかは「人々がどのように使いたいかに左右される」と説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...