市長が「4G公約」で当選した深い事情 ロンドン地下鉄は“つながる路線”へ進み始めたロンドン地下鉄の5G整備【後編】

「4G」や「5G」のモバイルネットワーク整備が進むロンドン地下鉄。取り組みの背景には何があるのか。関係者の見方や取り組みの進展状況をまとめる。

2023年05月25日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

事例 | ギガビット | ネットワーク


 ロンドン地下鉄(London Underground)では着々とモバイルネットワークの整備が進んでいる。取り組みを加速させているのは、英国の通信事業者VMED O2 UK(Virgin Media O2の名称で事業展開)だ。

 Virgin Media O2のユーザーは、2020年にはロンドン地下鉄のジュビリー線(Jubilee Line)のカニングタウン(Canning Town)駅とウエストミンスター(Westminster)駅の間で、「4G」(第4世代移動通信システム)を利用できるようになった。Virgin Media O2はロンドン交通局(TfL)および他の通信事業者と共同でインフラを整備した。

 その後、4Gに加えて「5G」(第5世代移動通信システム)に接続できるエリアも広がりつつある。ロンドンで次々とモバイルネットワークが整備される背景には、何があるのか。

ロンドンはもうモバイル通信の後進地域ではない?

 2023年現在はジュビリー線に加え、セントラル線(Central Line)のプラットホームや改札口でモバイルネットワークが利用できるようになっている。セントラル線のクイーンズウェイ(Queensway)駅からホランドパーク(Holland Park)の間では切れ目のない4G接続エリアが整備された。ノッティングヒル(Notting Hill)駅では5Gも利用できる。ロンドンの北部と南部をつなぐノーザン線(Northern Line)のケンティッシュタウン(Kentish Town)駅とアーチウェイ(Archway)駅間でも、4Gと5Gが導入された。

 「当社のユーザーは、ロンドンの地下深くでも、5Gを利用できる」と、Virgin Media O2のチーフコマーシャルオフィサーであるガレス・ターピン氏は述べる。

 Virgin Media O2は、2023年3月時点から数週間から数カ月の間に、ロンドン地下鉄の複数の駅やトンネル、プラットホームでモバイルネットワークを整備する計画だと発表している。「これは英国をアップグレードし、ユーザーがどこにいても当社のネットワークに接続できるようにするという当社のコミットメント(公約)の一部だ」(ターピン氏)

 ロンドンで最高デジタル責任者(CDO)を務めるテオ・ブラックウェル氏は、「地下鉄で5Gが利用可能になったことは素晴らしい」と評価する。ロンドンのサディク・カーン市長は、2021年の選挙でロンドン地下鉄全域に4Gを提供することを公約の一部に掲げて当選した。セントラル線とノーザン線で5Gを開始できた背景には、政策的な後押しもあったと考えられる。

 セントラル線とノーザン線の2路線での5Gサービスの開始について、「家庭や街路、公共スペース、交通網におけるネットワーク接続の改善に向けて、新たな一歩を踏み出すことができた」とブラックウェル氏は述べる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...