目指すは国際線におけるサービスアップ
モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題
国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。(2018/1/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
アジャイル導入のメリットと、導入を阻む組織内の壁
IT部門が事業部門のプロジェクトを後押しするには、組織に変化が必要だ。これはアジャイル導入のチャンスだが、アジャイルは万能薬でもなければ、導入を阻む課題もある。(2015/9/1)

疑惑の残る失敗事例
英省庁主導のITプロジェクトでアジャイル開発が失敗した理由
英国労働・年金省(DWP)が新給付制度のITプロジェクトでアジャイルソフトウェア開発を中止した原因は、DWPにその気がなかったからか、DWPの体制がアジャイル向きではなかったためか?(2013/8/29)

Computer Weekly製品ガイド
DevOps導入を成功させるための10の法則
DevOpsモデルはソフトウェア開発おけるアジャイルアプローチの上に成り立っている。変化を嫌う組織の中でDevOpsを始めるには、注意深く事を進める必要がある。(2018/11/9)

重要システムのクラウド移行が成功した理由
アジャイル開発+クラウドが決め手、アメリカン航空のWeb刷新成功事例を見る
世界最大の航空会社、アメリカン航空はWebサイト刷新プロジェクトを実施した。成功の鍵は、拡張性に優れ堅牢なクラウド基盤と、組織変革を支援する開発手法にあった。(2017/8/14)

「デザインシンキング」が生み出す改革の芽
「デザインシンキング」が企業文化を変える、“アジャイル”に変える
「ユーザーの本当のニーズ」を理解し、サービス開発につなげる「デザインシンキング」とは? 都内で開催されたワークショップから新ビジネスを生み出す手法を紹介しよう。(2017/6/26)

DevOps時代にテスト環境をサービスとして使う選択肢
アプリテストで深刻化する「デバイス調達」「スピード」問題を解決するには?
デバイスの多様化やアジャイル開発の普及が、アプリケーションテストを困難にしている。それはどういうことなのか。解決策はあるのか。(2018/3/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOps経験者を外部から調達してはいけない
業界の一致した見解として、DevOpsとアジャイルはデジタル戦略の鍵を握る。だが、DevOpsを強化するために人材を外部から調達するのは思いとどまった方がいい。(2018/2/9)

Computer Weekly製品導入ガイド
従来型テストではアジャイル開発に勝てない理由
従来のような方式のテストでは、大規模なテストを集中化して最適化することが可能だ。だがアジャイル開発のような速いペースの配信に対応するのは難しい。(2014/9/16)

Computer Weekly製品ガイド
「ITのクロックアップ」の鍵はアジャイルではなくアダプティブIT
経営陣からの、ITプロジェクト加速を求めるプレッシャーが強まっている。容認できないリスクを犯すことなくそれを実現する方法について解説する。(2016/5/31)

契約条項の大幅な見直しが必要か
世界で激変する個人情報保護ルール、2017年の法規制で影響を受けるのは?
データアナリティクスやブロックチェーン、アジャイル開発などの最新ITを進める中で、テクノロジーに関する企業同士の契約状況を大幅に見直す必要が出てくる。どのように見直せばいいか本稿で紹介する。(2017/3/7)

Computer Weekly製品導入ガイド
変化するモバイルアプリ開発
組織がモバイルアプリの革新に追い付くために必要なアジャイルは、どうすれば実現できるのか。(2017/5/19)

大解剖、PayPalの開発現場【後編】
4000人がアジャイル開発を始めたPayPal、技術者が考えたこととは
米PayPalが実施したアジャイル手法への全面的移行では、4000人のITスタッフと製品担当者の仕事のやり方が変わった。この改革はどのように達成されたのだろうか。(2014/10/29)

クラウドとは場所のことではない
いまだに誤解される「クラウドコンピューティング」、忘れがちな真の意味とは?
「クラウドコンピューティング」という用語の誤用が原因で、この技術に関する誤解が生じている。クラウドとは場所ではなく、ITサービスをもっとアジャイルに設計する手段を指すことを忘れてはいけない。(2017/5/11)

大解剖、PayPalの開発現場【前編】
やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る
PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。(2014/10/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
アジャイルITとBYODに対応したITSMの進化
ITサービスマネジメントは現代の新興技術や将来のイノベーションの必要性にどう対応しているのか。(2016/3/14)

開発手法のパラダイムシフト
IoTやモバイル対応に乗り遅れない、ビジネスを加速するITへ進化する方法
デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。(2016/10/24)

アジャイル開発は万能か?
最高の成果を出す「アジャイル+ウォーターフォール開発」
アジャイル手法とウォーターフォール手法それぞれの長所を組み合わせて欠点を補うために、どのような工夫がなされているのか? 事例を通してヒントを探ってみよう。(2013/5/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
戦略的計画にアジャイルを取り入れる必要性
戦略的計画立案と遂行との間の強力な連携を確立するためには、企業が透明性を高める必要がある。(2015/8/18)

ウォーターフォール型からアジャイル型へ
『ハーバード・ビジネス・レビュー』Webサイトを立て直した技術者たち
米誌Harvard Business Reviewは、Webサイトを作りなおすときにウォーターフォール型からアジャイル型へ開発のアプローチを変更した。変更したときどのような課題があったのだろうか。(2015/12/16)

IT部長さんのための技術トレンド【第2回】
1回で分かる:DevOpsとアジャイル開発の関係
最近よく耳にする「DevOps」という言葉。抽象的な表現故に、調べれば調べるほど混乱するという声も多く聞く。本稿ではそんなDevOpsについて、求められる背景、そしてアジャイルとの関係を整理しながら解説する。(2013/11/5)

Computer Weekly製品導入ガイド
試行錯誤する価値があるオープンソースデータベース
コストが高く魅力のないプロプライエタリデータベースの代替として、多くの企業がよりアジャイルなオープンソース製品に目を向けている。自社のニーズに最も合ったものを選ぶためには試行錯誤が必要だ。(2016/3/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
プロジェクト管理のツールの選び方
アジャイルとDevOpsのアプローチは、終着点の定まった大型プロジェクトの消滅を意味する。プロジェクト管理はどう変化するのか。(2015/8/28)

ホワイトペーパーレビュー
DevOpsのツボが分かる3つのホワイトペーパー
クラウド、ビッグデータに次ぐキーワードとなった「DevOps」。その実現の鍵となるアジャイル開発のポイントとともに、DevOps実践の要点を整理する。(2013/8/30)

クラウド流開発スタイルで効率アップ
DevOps環境も5クリックで構築――次世代の開発環境はPaaSで作る
開発と運用が協力し、アジャイル開発とアプリケーション基盤の運用効率向上が図れるDevOps環境。これを実現するのにPaaSの活用は有力な選択肢だ。(2014/8/27)

「Microsoft BI/DWH Day 2011」リポート【後編】
マイクロソフトが考えるアジャイルDWH開発「3つの原則」
日本マイクロソフトのマーケティング担当者は、DWH構築のキーワードは「アジャイル」だと言う。実際同社ではどのようにDWH構築を行っているのだろうか。(2012/1/10)

DevOpsとアジャイル開発手法でトレーニングを削減
人手不足でもう限界、メインフレーム管理を救うたった1つの方法とは
減少が続くメインフレーム管理者。しかし企業内にはまだメインフレームが残っており、管理者が必要だ。DevOpsとアジャイル開発手法の応用が管理者の育成に役立つかもしれない。(2014/7/15)

“開発要件の迅速、柔軟な変更”にいかに対応するか?
システム開発の権威に聞く、大規模開発にもアジャイルが効く理由と実践の秘訣
ビジネスのスピードアップを狙い、業務部門が情報システム部門を介さずにSaaSなどを利用してしまうケースも増えている。こうした中、業務部門のニーズに応えるためには、システム開発はどう変わるべきなのか。(2013/4/23)

新技術用センターオブエクセレンスの勧め
ITの急速な進化によるソフトウェア品質低下と解決策のリスク
ソフトウェア分析会社である仏Castのビル・カーティス氏に、ますます厳しくなる業務部門の要求と、アジャイルソフトウェア開発の影響について話を聞いた。(2013/8/14)

「Microsoft BI/DWH Day 2011」リポート【前編】
マイクロソフトが実践するビッグデータ時代のアジャイルDWH構築
マイクロソフトでは自社内のDWH開発においてウォーターフォール型の開発を採用していないという。刻々と変化するデータを自在に扱うために同社はどのような開発体制を取っているのか。(2011/12/16)

NEWS
日本IBMら3社、大規模・分散開発環境でのアジャイル開発推進を目指し協業
従来は小規模開発向けとされるアジャイル開発の大規模・分散環境での適用を目指し、製品を連携したソリューションの提供やコンサルティング、セミナーなどを実施。(2008/12/8)

NEWS
“アジャイル開発”適用への3つの課題――IPAが指摘
IPAが17のサンプル事例を基にした“非ウォーターフォール型開発”に関する調査報告書をWebサイト上で公開した。(2010/4/1)