TechTargetジャパン

人事が技術講習を受けることも成功要因に
人材管理(HCM)システムを扱う上で必要な人事部スキル9選
人事部のシステム管理者は、人事部の活動の戦略性を高める上で重要な役割を担う。本稿では、人事部のシステム管理者に求められる9つのスキルを解説する。(2017/12/22)

KPIを行動につなげる方法論「WHW」とは
考えるな、感じろ……KPIは“右脳の言葉”で定義する
KPIを設定したものの、従業員が思うように動いてくれない。問題は従業員ではなくKPIの名前かもしれない。感覚的な観点とドラッカーの思想を取り入れた新しいKPI手法「WHW」で解決する。(2017/9/8)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第5回】
製薬企業にITの新風を吹き込む、次世代のCIOがやるべき4つのこと
製薬企業のIT部門に求められる役割は大きく変わりつつある。ビッグデータ、人工知能(AI)、デジタルデバイスといった新技術をビジネス戦略に取り入れるCIO(最高情報責任者)の役割も見直す必要がある。(2017/4/25)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

Computer Weekly製品ガイド
サービスマネジメントの背景となるビジネスプロセス
ITサービスのマルチソーシングや社内導入のために組織が取るべき手順について解説する。(2016/8/15)

クラウド時代でもやっぱり問題に
ユーザーの製品選択を脅かす“ベンダーロックイン”、唯一の解決策とは?
ベンダーロックインから脱却する手段の1つとして、クラウドが注目を集めている。果たして、クラウドの活用によって、企業のIT部門はベンダーの支配から逃れることはできるのだろうか。(2014/8/19)

計画の適正性判断、情報保護がポイント
失敗しないERPの選び方:プロジェクト管理モジュール編
ERPのプロジェクト管理モジュールの選定で難しいのは、情報入力するスタッフと、プロジェクトを管理するマネジャーで求める機能が異なることだ。どのような観点で製品を選べばいいのか。ポイントを解説する。(2013/1/9)

複数元帳対応の「Oracle E-Business Suite」選定
【事例】トップダウンで始まった楽天銀行のIFRS対応、会計システム刷新を追う
インターネット専業銀行の楽天銀行がIFRS対応のために会計システムを刷新した。導入期間は1年間。製品選定や要件定義、テスト工程を楽天銀行の担当者が説明する。(2012/7/2)

【IFRS】プロジェクト成功の切り札「PMO」活用法【第1回】
実は知られていない「PMO」の基本的な役割
IFRS適用をはじめとして企業では多数のプロジェクトが走っている。だが業務の複雑化やグローバル化によってプロジェクトの難易度が上がっている。その中でプロジェクトをどう成功させるか。「PMO」活用法をお届けする。(2012/4/27)

Google Appsの企業利用を考える【第7回】
導入企業に聞くGoogle Appsのメリットと導入時の注意点
着々と増えているGoogle Apps導入企業。最終回ではユーザー企業に導入の経緯や効果、また導入時に困った点を聞いた。Google Apps導入検討の参考にしていただきたい。(2012/2/9)

Google Appsの企業利用を考える【第6回】
作り込んだ既存ワークフローの移行を支援するGoogle Apps拡張製品
Google Appsには単体機能としてワークフローは実装されていない。しかし、特に国内では作り込んだワークフローをグループウェア上で構築している企業は多いだろう。代表的なワークフロー拡張製品を紹介する。(2012/1/13)

Google Appsの企業利用を考える【第5回】
クラウド移行の不安を解決するGoogle Apps拡張セキュリティ製品
これまでのグループウェア環境からGoogle Appsに移行を考える場合、やはりセキュリティ要件に懸念が残る企業は少なくない。本稿では代表的なセキュリティ拡張製品を紹介する。(2011/12/27)

NEWS:
ビジネスは実績管理よりも将来をどうするかでしょう?
業績を左右するのは実績系ではなく計画系。シナリオ策定のスピードと判断材料の多さを強みとするKinaxis Corp.の考える製造業のあるべき姿とは?(2011/11/21)

Google Appsの企業利用を考える【第2回】
Google Apps for Businessの「使いづらさ」を解決する手段
非常に多機能な「Google Apps for Business」だが、当然ながら他社製グループウェアに比べて劣る部分が存在する。そうした使いづらさを解決し、全社利用を促進する手段を紹介する。(2011/9/9)

Google Appsの企業利用を考える【第1回】
Google Apps for Businessのコストと機能、そして気になるセキュリティ
既に300万社以上が利用しているというGoogle Apps。Google Apps for Businessの概要とコスト、代表的な機能を解説するとともに、Googleのデータセンターのセキュリティについても解説する。(2011/7/28)

ERPとの連携で効率性が向上
読めば分かる! ERPのプロジェクト管理
企業のプロジェクトにかかわるさまざまな要素を管理するERPのプロジェクト管理機能。ERPの会計機能や人事機能と連携することで、より効率的にプロジェクトを進められる。その基本機能を紹介する。(2011/4/19)

NEWS
大規模プロジェクトの日程可視化・調整を支援、日立東日本ソリューションズ
複数プロジェクトの関係性を可視化し、日程の自動調整が可能なプロジェクト管理支援システムを提供開始した。(2011/2/7)

失敗しないRFPの書き方【後編】
リプレース案件のRFP作成で注意すべき「3つの移行」
RFP作成は新規導入だけではなく、リプレース案件でも重要なテーマになる。オンプレミス型からSaaS型へのグループウェア移行を例に、RFP作成の注意点を解説する。(2011/1/14)

プライベートクラウドソリューション最前線【第4回】
“SIerとしてのクラウド”、NTTデータの「BizXaaS」
NTTデータのクラウドサービスBizXaaSは、顧客のITライフサイクル全般に対応、メインフレームからのマイグレーション、メーカーに依存しない製品選びといったSIerならではの特長を備える。(2010/11/29)

【IFRS】月刊IFRSフォーラム【12】
10月:NECのIFRSプロジェクトについて聞いてみた
大手企業を中心にIFRS適用のプロジェクトが始まっています。業務への影響度の強さや範囲の広さに戸惑う声が聞こえる中、大手企業はどのようにIFRS適用プロジェクトを展開しているのでしょうか。今回はNECの事例を紹介します。(2010/11/22)

プロジェクト管理ツール紹介:デンソークリエイト編
現場メンバーの改善活動を支援する工数・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX」
現場の業務改善において、重要な情報源となる日々の工数実績。しかし、現場のメンバーに毎日正確に入力させるのは難しいことでもある。今回は、実績入力の負荷を軽減する機能を追求したツールを紹介する。(2010/10/7)

プロジェクト管理ツール紹介:ビーイング編
プロジェクト完了時期の短縮化を支援するプロジェクト管理ツール「BeingManagement2」
メンバーが複数タスクに携わることが多い中、作業負荷が高くなるとタスクの管理が難しくなり、すべてのプロジェクトに影響して大幅な遅れが生じることがある。(2010/9/10)

NEWS
デンソークリエイト、Excelからの移行も簡単に行えるプロジェクト管理ツールを発表
デンソークリエイトが工数管理・プロジェクト管理ツールの新版を発表。Microsoft Excelで作成したプロジェクト計画書からのデータ移行など、プロジェクトの計画機能が強化された。(2010/9/9)

プロジェクト管理ツール導入事例:SI Object Browser PM
非“現場”からのツール適用を進めた丸紅情報システムズ
「企業の業績を左右することもある大規模なプロジェクトの進ちょく状況を把握し、今後の対応策を検討したい」という経営陣の要望を受け、丸紅情報システムズのプロジェクト管理部ではツール導入の検討を開始した。(2010/8/30)

プロジェクト管理ツール紹介:横河ディジタルコンピュータ編
組み込み開発のプロセス最適化も支援する計画・進ちょく管理ツール「microEPS」
短納期・多品種、同時並行開発が主流である組み込みソフトウェア開発。そのプロジェクトを効率的に管理する上で求められる管理ツールの要件とは一体何だろうか?(2010/8/11)

プロジェクト管理ツール紹介:日立東日本ソリューションズ編
製造/建設業の工程管理をベースにしたシステム開発向けプロジェクト管理システム「SynViz/SD」
大規模なシステム開発においては、複数の企業や組織間にまたがるプロジェクトの管理が重要となる。その場合、WBSや企業間での日程調整などの情報共有がうまくいかないと、その納期やシステム品質に与える影響は大きい。(2010/8/6)

プロジェクト管理ツール導入事例:Microsoft Project
ニコンイメージングシステムズが取り組んだQCD改善策とは?
「高品質で魅力ある製品を市場に早く提供したい」。ニコンイメージングシステムズは全社的なQCD改善の一環として、プロジェクト管理ツールの導入を検討し、その選定を進めた。(2010/7/26)

プロジェクト管理ツール紹介:ポピュラーソフト編
オフショア開発にも対応するプロジェクト管理ツール「Popular ProjectManager」
開発コストを抑えることを目的としてオフショア開発に取り組むと、さまざまな問題に直面してトラブルに見舞われることもある。そうしたトラブルを回避するためにプロジェクト管理ツールは役に立つのだろうか。(2010/6/25)

プロジェクト管理ツール紹介:アイナス編
現場からのボトムアップによるプロジェクト管理を支援する「PM-BOX」
プロジェクト管理の知識体系である「PMBOK」を採用する管理ツールは多い。しかし、日本のソフトウェア開発環境では、その適用は難しいという声もある。こうしたギャップを解消するために必要なこととは何だろうか。(2010/6/17)

NEWS
日立東日本ソリューションズ、ソフトウェア開発向けプロジェクト管理システムを発表
製造業・建設業向けのプロジェクト管理システムをベースに、日立グループの開発ノウハウを集約して、ソフトウェア開発向けの新製品を提供する。(2010/6/14)

ホワイトペーパーレビュー
プロジェクト管理の課題解決に役立つ3つのホワイトペーパー
分散型開発案件が増加するなど、プロジェクトを取り巻く環境は常に変化し続ける。こうした変化に対応するために必要なこととは何だろうか? 本稿では、プロジェクトの課題解決に関するホワイトペーパーを紹介する。(2010/6/7)

ExcelとMicrosoft Projectで徹底検証
Excelとの比較データが示す「プロジェクト管理ツール」の導入効果
Excelをプロジェクト管理に活用する現場は数多い。しかし、それが本当に最適な管理手法なのだろうか? Excelとプロジェクト管理専用ツールの2つを実際に同一条件で使用した場合の機能比較を実施してみた。(2010/5/25)

第19回ソフトウェア開発環境展イベントリポート
SODECに見る「プロジェクト管理ツールの最新動向」
2010年5月12日から14日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第19回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」が開催された。本稿では、プロジェクト管理ゾーンに出展された関連製品を紹介する。(2010/5/24)

プロジェクト管理ツール紹介:構造計画研究所編
ソフトウェア開発の高精度な見積もり・計画策定を支援する「KnowledgePLAN」
精度の高い実績データがなく、勘と経験に基づいてソフトウェア開発プロジェクトの見積もりを策定する企業は多い。しかし、過去の経験だけでは対応できない案件も増え、精度の低い見積もりとなることもある。(2010/5/19)

TechTargetジャパン読者座談会 【後編】
プロジェクトを成功に導くコミュニケーション術とは?
プロジェクトマネジャーによる座談会では「リソース不足」「メンバー間のコミュニケーション不足」をテーマとしてその改善策を語ってもらった。後編ではその内容を紹介する。(2010/4/21)

プロジェクト管理ツール紹介:デイルート編
コスト管理の手間が省けるプロジェクト原価管理ツール「A-Sign」
コスト削減が叫ばれる中、プロジェクトにおけるコスト管理にもより厳格さが求められる。しかし、実際にプロジェクトで行われているコスト管理はプロジェクトマネジャーのスキルに左右されることが多い。(2010/4/12)

TechTargetジャパン読者座談会 【前編】
プロジェクトマネジャーに必要なスキルとは何か?
TechTargetジャパンは2010年3月、プロジェクトの管理業務に携わる会員を対象とした座談会を実施。プロジェクトにおける生産性向上のために必要なことを語ってもらった。(2010/4/6)

仕事の意義は報酬だけではない
昇給ゼロ時代にITスタッフのモチベーションを維持向上させるには
昇給を保証することなく優秀なITスタッフを引き付け、維持するためにモチベーションを喚起する方法を紹介する。(2010/4/5)

プロジェクト管理ツール紹介:日本アットタスク編
全員参加型のタスク管理を支援する「@task」
プロジェクトには「設計書の作成」から「会議室の予約」「上司への進ちょく報告」などさまざまなタスクが存在する。しかし、これらの作業の確認ミスや報告漏れが与えるプロジェクトへの影響は意外と大きい。(2010/3/29)

プロジェクト管理ツール紹介:テンダ編
プロジェクト管理とグループウェアを統合した「Time Krei」
プロジェクト管理ツールを導入しても実際に使われていない企業では、実績入力が現場の負担になったり、管理者がその実績を管理業務に有効活用できていないことが多い。こうした課題を解決する策とは?(2010/3/23)

プロジェクト管理ツール利用に関するアンケート結果リポート
「Microsoft Office Project」が圧倒的なシェア、その満足度は?
2010年2月、TechTargetジャパン会員を対象に「プロジェクト管理ツールの利用状況に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、利用状況や必要とされている機能などが明らかになった。(2010/3/12)

TechTarget会員限定の座談会を開催!
プロジェクトマネジャーのための現場の改善力
多くの人が携わるプロジェクト。プロジェクトマネジャーは進ちょく管理だけでなく、現場のメンバーがより良い雰囲気で作業してもらう環境を整備する必要があります。プロジェクトマネジャーが現場で気を付けなければいけないこととは一体何でしょうか?(2010/2/19)

プロジェクト管理ツール紹介:サイオステクノロジー編
初めてでも簡単に活用できるPMツール「ProjectKeeper Professional」
プロジェクト管理ツールを導入しても、現場の理解や協力を得られなければ意味を成さない。入力作業が複雑だったり、手間が掛かるものであればなおさらだ。どうすれば現場で活用してもらえるだろうか?(2010/1/29)

プロジェクト管理ツール紹介:システムインテグレータ編
“脱Excel”を実現する、PMBOK準拠システム「SI Object Browser PM」
プロジェクト管理のベストプラクティス「PMBOK」をうまく適用できれば、そのプロジェクトの成功確率は高くなる。しかし、適用する際には多くの課題が存在する。Excelによるプロジェクト管理もその1つだ。(2010/1/18)

プロジェクト管理ツール紹介:ビーブレイクシステムズ編
厳格なコスト管理を可能にするセミオーダー型業務管理システム「MA-EYES」
会計基準の制度変更でより厳格なコスト管理が求められる現在、プロジェクト管理者は開発コストの大半を占める人件費を正確に把握しなければならない。その実現のために必要なものとは一体何だろうか。(2010/1/8)

プロジェクト管理ツール紹介:マイクロソフト編
競合製品は自社のExcel――その弱点もカバーする「Microsoft Office Project 2007」
プロジェクト管理にも使われる万能ツール「Excel」。しかし、Excelを使用するとプロジェクトのリスクが高くなることもある。Excelの弱点とプロジェクト管理専用ツールの導入メリットをマイクロソフトに聞いた。(2009/12/8)

「ビジネス要件」に関する誤解を解く
プロジェクトで要件変更の発生を避けるには
要件定義が重要視されているにもかかわらず、プロジェクトでのクリープ(要件の変更)が発生するのはなぜか。その原因と対策を紹介する。(2009/7/7)

まずは受け入れテストの見直しから
ベンダー依存のシステム開発から脱却する“7つのポイント”
「ベンダー任せのシステム開発からの脱却」は難しい。だが、情報システム部門の組織力を段階的に向上させることで、その実現が可能になる。H社が実施した改善策は、まず「受け入れテスト」の主導権を握ることだった。(2009/6/4)

第18回ソフトウェア開発環境展イベントレポート
SODECに見るプロジェクト管理ツール最新動向
2009年5月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第18回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」が開催された。本稿では、プロジェクト管理(PM)ゾーンに出展されたPM関連製品を紹介する。(2009/5/20)

PMツール導入のメリットを再考する
Excelによるプロジェクト管理では「工事進行基準」に対応できないのか?
IT業界でも2009年4月以降の会計年度から適用される「工事進行基準」。従来のプロジェクト管理とはどう変わるのか? 工事進行基準に対応したプロジェクト管理ツール導入のメリットを考えてみる。(2009/3/11)