パフォーマンス向上のために
機械学習をネットワーク分析に活用するとどうなる?
企業におけるネットワークのパフォーマンスへの期待とプレッシャーが高まっている。今こそIT担当者は機械学習を用いたネットワーク分析ツールに注目すべきだ。(2018/9/7)

Arubaなどが製品を開発
ワイヤレスネットワークを分析して問題を特定 始まっているAIによる自動診断
高度なネットワーク分析ツールはパフォーマンスを評価し、ビジネスへの洞察を提供する。だが、分析によってネットワークの全体的視点が得られるのはもう少し先のことだ。(2018/6/20)

デジタルトランスフォーメーションの広がりに対応
ITインフラへの投資は増加傾向、購入者は急成長するクラウドプロバイダー?
IDCの調査によると、ITインフラ製品への投資額は増加傾向にあり、パブリッククラウドへの支出額は2018年に最高額を更新したという。クラウドへの投資動向とネットワーク管理の技術トレンドについて解説する。(2018/6/14)

開発現場の多様なプログラミング言語を調和
Prometheus、Elastic Stack、Apache Maven、マイクロサービスで高まる管理ツールの必要性
IT部門は、インフラ管理を標準化し、開発者が最新のプログラミング言語とアプリケーション設計を試せるように、ツールキットを補充しなければならない。(2018/6/7)

従来のネットワーク管理との違いは
ネットワーク管理に機械学習を利用するメリットとは
機械学習をネットワークの分析と監視のツールに関連付けると、ネットワーク管理に必要な労力を減らせる可能性がある。機械学習と他形式の自動分析との違いは何だろうか。(2018/6/6)

CPUパッチ適用以外の5つの対策を整理
Spectre/Meltdown問題で脚光 「CPU脆弱性」の影響と対策
影響範囲の広さから世界中のセキュリティ担当者に衝撃を与えた「Spectre」「Meltdown」。これらによって認識が広がった「CPU脆弱性」とは、どのような脆弱性なのか。対策はあるのか。あらためて整理した。(2018/5/7)

攻撃はある日突然、しかし攻撃者は既に社内LANの中
社内LANに長期潜伏するマルウェア、不審な動きを見つけ出すための考え方
セキュリティ対策を講じていても、侵入に気付けないケースは多い。ビジネスメール詐欺やランサムウェアなど社内LANに潜伏して突然攻撃を仕掛ける脅威に対応する方法とは?(2018/4/26)

まずは自社ネットワーク状況を把握すること
最適なネットワーク監視ツールの選び方
ネットワーク管理者の職務上重要になるのは、ネットワークのパフォーマンス、トラフィック使用量、障害、可用性を監視することだ。その上で、問題に素早く対処しなければならない。(2018/3/7)

企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第3回】
国内でも高額被害 「ビジネスメール詐欺」(BEC)を食い止めるための対策とは?
国内でも日本航空(JAL)が約3億8000万円の被害を受けた「ビジネスメール詐欺」(BEC)。実害を防ぐために、企業はどのような対策を取ればよいのか。技術面、組織面の両面から探る。(2018/2/13)

ストレージベンダーの群雄割拠が加速
データストレージ2018年のトレンド:話題を独占する5つのテクノロジーとは
データストレージは着実な進化を遂げている。本稿では2017年を振り返りつつ、2018年に話題となるであろう5つの技術について解説する。(2018/1/8)

抜本的な防止策はあるのか
沈黙のGoogleと過熱するメディア、2017年8月世界的ネットワーク障害の全貌をまとめた
2017年8月25日、Googleによるネットワーク誤設定に起因し、OCNを含む複数のAS(自律システム)で大規模な通信障害が発生した。障害当時、何が起こったかを時系列で整理し、一連の騒動を考察する。(2017/9/29)

攻撃者にとって格好の侵入口に
IoTのセキュリティリスクを甘く見てはいけない“これだけの理由”
「IoT」は、スマートフォンやスマートホームなど、普段の生活に役立つモノばかりでなく、企業内にも広く普及する。企業がIoTシステムやIoT機器の導入に取り組むには、セキュリティリスクへの注意が必要だ。(2017/8/24)

超高速ネットワークの挫折と復活【第2回】
25G/40GBASE-Tの普及を阻む「大きすぎる消費電力」
期待は大きいのに普及が遅れている“10Gbps級”ネットワークの問題克服への挑戦を記したこの物語。ようやく問題解決の道筋が見えてくる……はずだったが。(2017/8/23)

ネットワークに数年も潜伏するマルウェアも検出
情報セキュリティ侵害検知システム(BDS)の選び方、要らない機能を見極めるコツとは
サイバー攻撃を自動検出するシステムは、機械学習や人工知能(AI)が発達を続ける今日にあっては不可欠なものだ。自社のネットワーク環境に応じた、情報セキュリティ侵害検知システム(BDS)を選ぶ方法を学ぼう。(2017/7/18)

超高速ネットワークの挫折と復活【第1回】
10Gbps通信の普及を阻んだ「高過ぎるエラー率」問題
ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし“10Gbps級”ネットワークの普及は遅れている。これは、その原因と克服への挑戦を記した物語だ。(2017/7/6)

AIが使えるのはスマートスピーカーだけじゃない
“枯れた技術”をもよみがえらせる機械学習とAI、隣の職場の活用は?
人工知能(AI)と機械学習を、「実用的なエンタープライズアプリケーションを伴わないバズワード」として切り捨てるのは簡単だ。しかし、技術は着実に進化している。(2017/6/9)

Android 4.3以前に影響
iPhoneのマルウェア「Pegasus」がAndroidにも感染、チャットや通話を盗聴か
iOSを狙った高度なマルウェア「Pegasus」の変種がAndroidデバイスで見つかった。Android版は新たな機能によって感染力を高めている。(2017/4/19)

医療機関がサイバー犯罪者に狙われる
2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント
2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。(2017/3/6)

特選プレミアムコンテンツガイド
「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法
ITシステムが進化するにつれて、ネットワークは複雑さを増してきた。ネットワーク管理者は常に新しいトラブルシューティングの知恵を習得しなければならない。(2016/12/16)

NFLでの実績が採用の決め手に
学校の無線LANはなぜつながらない? 分析ソフトで解決できるケースも
IT部門は、無線LAN分析ソフトウェアから、ネットワークパフォーマンスの可視性が得られる。競技場、学校、病院などの組織では、無線LAN分析ソフトウェアを活用している。(2016/10/17)

機械学習で複雑怪奇なネットワークに立ち向かえ
「ネットワーク監視分析アプライアンス」はネットワーク管理の救世主となるか
規模が巨大になりアクセスユーザーが膨大になると、そのネットワーク管理は人知を超えた次元に突入する。グローバル企業や行政機関では既に現実となったこの問題を解決するニッチな製品を検証する。(2016/8/17)

諸悪の根源は必ずいる
社内LANからクラウド──複雑怪奇なネットワークに潜むトラブルを「退治」する
スマートフォンをかざせば見えないモンスターが現れてゲットできるのは“なんとかGO”の世界。ネットワークのトラブル解決もそんな感じで解決できればいいのだが。(2016/7/25)

学歴と資格まで評価対象
「できるネットワーク管理者」になるための条件
ネットワーク管理者の仕事内容や仕事量、責務はどのようになっているのか。ネットワーク管理者は、企業のネットワークインフラを常に問題なく機能させる役割を担う。(2016/6/1)

私物ネットワークの業務利用(BYON)を評価する声も
意外に便利な“野良Wi-Fi”、それでも放置してはいけない理由とは
私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になり、今度は私物ネットワークの業務利用(BYON)が登場している。IT部門が好むと好まざるとにかかわらずである。(2016/5/12)

これを使わないのは損失大
「GitHub」でデータセンター運用を自動化、その活用例は?
「GitHub」はソフトウェア開発者に向けた共同作業のための総合ユーティリティだが、データセンター管理者にとっても、自動化スクリプトの作成やオープンソースコラボレーションに役立つ。(2016/1/22)

これもカミオカンデの研究を支える技術の1つ
国内導入事例、最新ネットワーク技術の“タッグ”で障害を“予兆”から防ぐ
国内だけでなく海外研究機関も大きな信頼を寄せている日本の大規模実験施設は、その重要性故に高いレベルの可用性が必須だ。そのために異常を事前に察知できるネットワーク監視が重要な課題となる。(2015/12/15)

ネットワークトラブルシューティング
インフラの強化を考える前にやるべきネットワーク速度低下の改善策
速度低下の原因として、ネットワークに深刻なボトルネックが生じている可能性が考えられる。こうしたボトルネックは、新しい設備予算を検討する前に対処すべきものだ。(2015/10/13)

デル株式会社提供Webキャスト
ネットワーク機器のベンダーロックインを排除、新コンセプト「Open Networking」とは何か?
ネットワーク仮想化など、ネットワークインフラの柔軟性や機敏性を高めたいというニーズは高い。ハードウェアとファームウェアの制約を排除し、機器OSからファームウェアまで利用者が選択できる、ネットワークのオープン化コンセプト「Open Networking」を紹介する。(2015/7/2)

Computer Weekly製品導入ガイド
SDN(Software-Defined Network)に乗り遅れたCisco
ネットワークの未来がソフトウェアによって定義されることはほぼ確実だ。だがCiscoはこの動きに乗り遅れていると市場関係者は指摘する。(2015/4/23)

専任チームの設置が理想だが……
セキュリティ業務に週10時間――消耗するネットワーク担当者の実態は
ネットワーク担当者の大半は、1週間に10時間以上をセキュリティ業務に費やしている――このような実態が調査で浮かび上がった。(2015/4/16)

6種の「次世代ツール」も紹介
「次世代ネットワークセキュリティ製品」は20年前からどう進化したのか
企業のネットワークを取り巻く状況は絶えず変化している。その変化に伴って生じる課題や脅威に対処すべく、ネットワークセキュリティ製品も進化を続ける。その最新像を追った。(2014/11/21)

セキュリティ対策をどうする?
企業における無線LAN、“安全を買う”ために何が必要か
水と安全がタダではないように、無線LANのセキュリティも無料では実現しにくい。モバイル端末やクライアントPCから安全に無線LAN環境を使う上で導入が求められる技術や製品をチェックする。(2014/10/30)

主要なキャパシティープランニングツールも紹介
仮想サーバのキャパシティープランニング、よくある失敗例
サーバ1台に1つのアプリケーションしか稼働していない物理環境と違い、複数のワークロードを実行する仮想環境ではリソースの使用量や性能が安定しにくい。キャパシティープランニングのよくある失敗例をまとめた。(2014/4/14)

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第4回】
サーバ仮想化の活用から次の一歩を踏み出す統合運用管理への道
本連載は、中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回はその全体像、第2回はサーバ、第3回は動向について述べた。最終回の第4回は、「統合運用管理/資産管理ツール」を取り上げる。(2014/3/20)

真に使いこなせるツールで自治体共通の悩みを解決
少数精鋭の室蘭市が実現した運用管理の効率化とコスト削減とは
高機能なシステム監視ツールを提案されても小規模なIT部門では使いこなせない、またIT予算にも制限がある。地方自治体に共通するこのような悩みを室蘭市役所はどう解決したのか。注目の導入事例をお伝えする。(2014/2/27)

ネットワークベンダーは応えられるか
ベンダーが正座して聞くべき、ネットワークエンジニア2014年要望リスト
ネットワークエンジニアが2014年に実現してほしいと願っている技術的な要望を紹介する。これらの要望は、ネットワークベンダーが2014年にクリアすべき課題でもある。(2014/2/18)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
複雑化するネットワークインフラ、山積みの課題をどう解決する?
新しい技術の登場で高性能化、高機能化する企業のネットワーク。一方、構成の複雑化でネットワーク運用についての課題が増えている。どのような解決策があるのか。注目のソリューションを紹介する。(2014/2/13)

ネットワーク監視・セキュリティ対策の在り方を改革
監視ツール導入で複雑化 ネットワーク運用の“大いなる矛盾”を解決する
ネットワーク運用に欠かせない監視ツールの導入を進めていくと、TAPやスイッチのSPANポートの利用で逆にネットワーク構成が複雑化する。多くの企業が抱えるこの矛盾をどう解決するか。注目のソリューションがある。(2014/2/13)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第1回】
ANAグループも採用、統制力とROIを高めるサービスデスクの作り方
仮想化、クラウドによってITリソースの調達が手軽になった今、情報システム部門には社外サービスに負けないサービス提供と確実なガバナンス担保が求められている。その実践のポイントを考える。(2013/6/26)

フリーの侵入検知ツールはSnortだけではない
無償で使える5つのネットワーク侵入検知ツール
無償のネットワーク侵入検知ツールとして主導的な地位を保ってきたSnort。だが限られた予算でネットワークの守りを強化できるツールは他にもある。(2013/4/2)

低価格化と使い勝手の向上が急速に進む
【製品動向】新世代製品が続々登場、ネットワーク管理の現在
ネットワークの確実な運用は、TechTarget読者の間でますます重要な課題となってきている。過去2、3年に登場してきた新世代のネットワーク管理製品は、この課題に応えられる可能性がある。(2013/1/17)

仮想環境を含む大規模ネットワークの統合監視に
「脱」玄人志向&低コストで、大規模のネットワーク監視を実現する「90:10」とは
主要な運用管理ソフトウェア製品の監視ツールは、高機能・高コストな上に画面設計などが玄人志向で使いこなせないことが多い。業界では監視に必須とされる機能を安価に提供してくれるツールが待ち望まれている。(2012/12/10)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
増え続けるシステムをどう運用管理する?
物理、仮想サーバやネットワーク機器、ストレージが増え続ける中で企業はどうすれば効率的な運用管理体制を構築できるのか。多くの企業に共通する運用管理の課題を解決する方法を紹介しよう。(2012/12/10)

有名企業の事例から学ぶ!
本当に選びたいネットワーク監視・IT運用管理ツール
システムの安定運用にはハイエンドの運用管理ツールが必須なのか? ユニクロを運営するファーストリテイリング、ドン・キホーテなど有名企業による運用管理ツールの選定・活用法からITコスト適正化のヒントが分かる。(2012/7/27)

「ManageEngine NetFlow Analyzer」「ManageEngine OpManager」導入事例
高性能低価格そして安定稼働の理由、「FUSION Cloud」の担当者が語る
2012年4月に開始されたクラウドサービス「FUSION Cloud(フュージョン・クラウド)」。高性能低価格のサービスの安定稼働を支えるのは、定評のあるネットワーク監視ツールだった。FUSION Cloud担当者が導入背景と運用状況を語る。(2012/7/27)

データセンター環境の物理/仮想リソース管理のコツ(3)
データセンターのストレージリソースの最適化に役立つ監視ツール
データセンターのパフォーマンス問題で、特に多くの労力やコストを必要とするストレージ。その改善のためには、仮想環境と物理環境の両方でストレージがどのように使われているかを正確に監視することが重要だ。(2012/4/16)

IT運用管理製品「ManageEngine」シリーズ導入事例
ベネフィット・ワンがシステム監視コストを5分の1にできた理由
福利厚生サービスを提供するパソナグループのベネフィット・ワンは、システム監視の内製化に取り組み、コスト削減を実現した。寄与したのは高機能ながらコストパフォーマンスの高いネットワーク監視ツールだった。(2012/2/20)

統合ネットワーク監視ツール「ManageEngine OpManager」導入事例
「ドンキ」の24時間営業を支えるネットワーク監視ツール、その選択の理由は?
システム監視のコストを抑えたい。全国にショップを展開する総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」が選んだのは低コストで展開でき、エージェントレスで運用できるツールだった。(2012/1/24)

NEWS
Hyper-V監視機能を追加したネットワーク統合監視ツール ゾーホージャパン
仮想環境の監視対象を従来のVMware ESX環境に加え、Hyper-V環境にも拡張。スクリプト言語ベースでカスタマイズされた監視の実行結果も取得できるようになった。(2011/12/13)

進化するサイバー攻撃、その対策を探る――IPAの講演から
標的型攻撃の“常とう手段”、送信者詐称メールにどう対処すべきか
業務で関わりのある人や企業からのメールは安心できる――標的型攻撃の攻撃者は、そうした信頼関係を巧みに利用する傾向があると情報処理推進機構(IPA)は指摘する。(2011/11/29)