2012年12月04日 13時05分 UPDATE
連載ミドル

「サーバ仮想化」導入完全ガイド

物理サーバを統合することでさまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化。その基本機能を解説した上で、製品に関する最新動向を紹介。さらに主要な製品や導入/運用時の注意点などをまとめた。

[TechTargetジャパン]

製品の導入効果を知る

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第1回】

【導入効果】台数削減だけではないサーバ仮想化のメリット

サーバ仮想化には物理サーバ台数の削減以外にも多くのメリットがある。本稿では、物理サーバを購入する予算や運用管理を担う人材が限られる中小企業が、サーバ仮想化をすべきメリットを解説する。


中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤【第3回】

【導入効果】気付かなかった、サーバ仮想化の意外な導入効果

仮想化は、サーバ保有台数がそれほど多くない中堅・中小企業においても、活用あるいは導入検討が着実に進んでいる。だがサーバ仮想化の用途はさまざまであり、それに合わせて導入すべき時期も異なってくる。


国内市場動向から読み解く仮想化

【導入効果】コスト削減以外の仮想化導入メリットを見いだすには?

サーバ、ストレージだけでなくデスクトップ領域まで仮想化の取り組みは広がっている。しかしそこで留意しなくてはならないのが仮想化そのもののクオリティだ。それがコスト削減以外の仮想化導入メリットだといえる。


技術解説

基礎から学べるサーバ仮想化技術

選択肢が広がった仮想化技術。自社に最適なのはどれだろうか? ここでは、仮想化技術の基礎から各製品の概要まで、仮想化に関するコンテンツを集めてみた。

4つの仮想化アーキテクチャと今後の展望

正式リリース版で見るHyper-Vのアーキテクチャ

Oracleの仮想化戦略を担うOracle VM、そのアーキテクチャとは?

VMware環境で仮想マシンのスナップショットを活用する


製品/市場のトレンド

仮想化管理ベンダーの業界再編が予測される

仮想化管理、2012年のキーワードはマルチハイパーバイザー対応

専門家によると、2012年は複数のハイパーバイザーを管理できるツールへのニーズが本格化するという。これは、自社以外の仮想化管理製品を開発するつもりのないVMwareにとって逆風となりそうだ。


Citrix iForum 2011イベントリポート

安いストレージは失敗のもと。ベンダーが語るデスクトップ仮想化のリアルな動向

Citrix iForum 2011のパネルディスカッション「デスクトップ仮想化の期待と現実」をリポートする。デスクトップ仮想化の主要ベンダーが、ユーザー企業のリアルな動向、導入“失敗”事例などを赤裸々に語った。


失敗しない製品の選び方

選定基準はスペックだけではない

失敗しないハイパーバイザーの選び方

効果的なサーバ仮想化を実現するためには、目的に合ったハイパーバイザーを選ぶことが重要だ。ハイパーバイザー選択の基準を幾つか紹介する。


サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第1回】

サーバ仮想化導入の前に検討すべきこと 〜複雑化するライセンスを理解する

サーバ仮想化導入の前に明確化しておくべき観点を整理するとともに、仮想化ソフトウェアの概要を紹介する。


製品導入/運用のコスト感

DR/BCP対策に仮想化を

仮想化で得られる節電効果、「電気料金は4分の1以下に」

ヴイエムウェアが東日本大震災を受け、仮想化でできる企業のDR/BCP対策について提案している。


読者調査リポート

サーバ仮想化に関する読者調査結果リポート

今後導入したいハイパーバイザー、Hyper-Vが伸びXenServerは横ばい

既にサーバ仮想化を導入している企業は6割にも上る。今後のハイパーバイザーの導入意向では、Hyper-Vが大きく伸びている。


機能/コストを徹底比較

どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】

比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い

VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。


サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第3回】

【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜技術検証用途における試算

VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を技術検証用途で導入したケースを想定しコストを試算した。


サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第4回】

【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜本番環境における試算

VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を本番環境で導入したケースを想定しコストを試算した。


各製品の詳細紹介

前バージョンVMware vSphere 4との違いに着目

【製品紹介】ライセンスのカウント方法も分かる! VMware vSphere 5の全貌

VMware vSphere 5は、前バージョンのVMware vSphere 4とどこが違うのか。VMware vSphere 4から追加・拡張された機能、削除された機能、ライセンスの変更点に着目してVMware vSphere 5の全貌を詳解する。


ハイパーバイザー製品紹介:Hyper-V 3.0

【製品紹介】ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能

エバンジェリストが「スペック比較表ではVMwareに劣らない」と豪語するほど進化したWindows Server 2012のHyper-V。大小さまざまな新機能を一挙紹介する。


Oracle VMが活路を開く可能性はあるのか

新バージョンOracle VM 3.0に向けられるユーザーの猜疑の目

Oracle VM 3.0は、VMware vSphere 5の4倍に相当する128基の仮想CPUと、1Tバイトのメモリをサポートするなど大幅な機能拡張を図った。だが、同製品へのユーザーの猜疑心は強い。今後シェアを広げる可能性あるのか。


製品一覧

主要なサーバ仮想化製品を一覧紹介

サーバ仮想化製品一覧

1台の物理サーバに複数の仮想サーバを集約するサーバ仮想化。ここでは、サーバ仮想化を実現するための製品を紹介する。


導入事例

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に

【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化

クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。


Egenera BladeFrame導入事例

【事例】「仮想化システムを3週間で完成せよ」――スピード構築成功のウラ側

不正アクセスによるサービス停止を経験したゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、3週間で新システムを構築した。スピード構築こそがリスク軽減につながるというその発想はどのようなものなのか。


災害に負けない情報システム基盤を

【事例】アクティブ・アクティブの災害対策サイトを構築した安川電機の事例

産業用ロボットなどの分野で世界有数のシェアを誇る安川電機。同社では、福岡と埼玉の国内主要拠点をそれぞれ本番運用サイトとしたディザスタリカバリシステムを採用、大規模災害に備えている。


ホワイトペーパーレビュー

ホワイトペーパーレビュー

サーバ仮想化の基礎を知る3つのホワイトペーパー

サーバ仮想化の仕組みやメリットを基礎から解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。仮想環境の設計、構築、管理、運用を効率化する方法について紹介する。


ホワイトペーパーレビュー

主要ハイパーバイザーの性能とコストを徹底比較した3つのホワイトペーパー

サーバ仮想化のハイパーバイザーを比較したホワイトペーパーを3つピックアップした。各ハイパーバイザーの統合率やコストが検証されている。製品選びの参考にしてほしい。


Loading