TechTargetジャパン

技術文書
スマート・グリッドをよりスマートにする組み込みJava
 このホワイト・ペーパーでは、真にスマートなスマート・グリッドの構築に関する課題と、その構築にオラクル社の組み込みJavaプラットフォームを使用することのメリットについて説明する。 電力供給不足に対する政府と企業の対応に関連して、オラクル社の組み込みJavaプ...(2013/2/12 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
グリッドバッチソリューションのご紹介
 大量データを分散処理し、バッチ処理の高速化を支援する製品の1つが日立の「グリッドバッチソリューション」だ。 日立のグリッドバッチソリューションでは、基幹システムに代表される可用性・信頼性の高いシステムに適していると紹介されているが何故だろうか? 本資...(2011/7/19 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 〜検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略〜
 企業システムを担当している人であれば、「パフォーマンスがでない」という問題に直面したことは多いだろう。ー般的にJavaEEアプリケーションサーバの場合、アプリケーションサーバの台数を増やすこと(スケールアウト)で処理性能を向上することができる。しかし、単純...(2013/8/22 提供:レッドハット株式会社)

レポート
“クラウド”で変わる、これからの運用管理
 企業のITの在り方として今日の「クラウドコンピューティング」が登場するまでに、「ユーティリティーコンピューティング」や「グリッドコンピューティング」などが提案されてきた。これらは変化対応力やコストの最適化、投資効率の最大化などを課題として取り組まれてき...(2017/4/20 提供:KDDI株式会社)

レポート
スマートグリッドを実現する無線の進化 サービス連携や組み込み容易に
 宅内にあるさまざまなエレクトロニクス機器をネットワーク接続し、電力の消費量を監視・制御する、宅内の電力管理システム「HEMS(Home Energy Management System)」は、最終的な形がまだ見えていない。HEMSを構築する要素の1つである無線通信の分野でも、各種アプリケ...(2013/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoTプラットフォームの変遷から、IoTの今を知る〜エッジコンピュティングの概念から最新のTSN対応機器まで〜
IIoTを実現するため一貫してプラットフォームを強化してきたナショナルインスツルメンツが、これまでどのような取り組みをしてきたのか?そして、これから何を進めるのか。本資料の前半では、直近のIIoTを取り巻く動向を振り返ることで、計測技術を通したこれからのIIoTの...(2017/7/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
いつものExcelレポートをより分かりやすく、ビジュアル化のテクニック
 データ分析やレポート作成で難しいのが、データ分析の目的とそれに適切な分析手法とビジュアル化手法をどのように選択すれば良いのかだ。レポートやダッシュボードを作成する際にも何を伝えたいのか、伝えたいことが明確になるビジュアル化手法に工夫をしているかで、レ...(2017/6/30 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月21日号:Microsoft帝国からの脱出
 Computer Weekly日本語版 6月21日号は、以下の記事で構成されています。■3D XPointが根底から変えるハードウェアアーキテクチャ■フラッシュストレージの最適解「共有DAS」で本当に性能は向上するのか?■トリバゴがDropbox Businessを選んだ理由、導入に成功した方法...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータを基に瞬時に意思決定――リアルタイム分析に必要な機能とは
 ビジネスに関するデータの生成量は急増しており、保管してから把握・分析したのではタイムリーな意思決定が困難になりつつある。マーケットや自社の業務などにおけるイベントを発生と同時にモニタリングし、意思決定に十分なインテリジェンスを瞬時に導き出す能力が必要...(2017/6/15 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ロールス・ロイスに学ぶデジタル変革――新技術から成功を生み出す発想
 デジタル変革は、何十年も続いてきたビジネスの形態さえ根本から変えてしまう。しかし、その過程において、新技術の収益化という側面はそれほど強くはない。それよりも、新技術を活用して、これまでと違った方法で人材やプロセスをまとめ上げることの方が重要といわれて...(2017/6/13 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IoT活用で問題になる「4つのハードル」、乗り越えるためにすべきことは?
 試算によれば、ネットワークへ接続されるデバイスの数は2020年までに260億近くになるという。スマート家電やウェアラブルデバイス、センサーネットワークなど、個人向けサービスだけでなく、工場の生産性向上や運送の効率化などあらゆる領域でIoTの活用が広がっているIo...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTセキュリティ対策の“本質”を考える
 「IoT(Internet of Things)」を語る上で欠かせないテーマの1つである「セキュリティ」。あらゆるモノがネットワークに接続され、膨大なデータがやりとりされるため、情報漏えいやウイルス感染などの脅威動向、そしてその対策といった話題は、IoT関連製品/サービス提...(2017/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
IoTエバンジェリストが最新情報を1冊にまとめた決定版資料!これを見ればIoTの今がわかる!
本資料は、多くのIoTシステムに関してアドバイスをしてきたNIのコンサルタントが、現場で得てきたノウハウを基に、IoTの代表的な活用法である「予知保全」の動向やセンサ計測や計測後の課題、異業種との協力体制の必要性など、多角的な視点でIoT実現に必要なポイントを一...(2017/2/20 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
超高速開発ツールの実力は? ノンコーディングで構築できる4種のアプリ
 モバイルやクラウドとの連携、OSの多様化などにより、アプリケーション開発現場では「変化に対応できる柔軟性」と「生産性の向上」という2つの重要課題に直面している。しかし、この頭の痛い問題も、設計・実行エンジン型の超高速開発ツールが解決してくれるかもしれな...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

レポート
IoT時代のデータ収集と活用、どうすればいい? SASの戦略担当に聞く7つの質問
 モノのインターネット (IoT)は大きな話題となっており、一部の業種では急速に業務環境に組み込まれつつある。また、変革をもたらすビジネス・アプリケーションのための各種テクノロジーも手軽に利用できるようになっている。とはいえ、この機会に関する認識および行動...(2017/2/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
IoT実現のキモとなる「センサ計測」とは?【高確度のセンサ計測を実現するためのテクニカルガイド】
IoTの実現が進む中で、あらゆる装置や機器に取り付けられるセンサ。センサにより収集されたデータを有効活用するためには、高確度のデータ取得が必須でなり、高度な計測技術が求められます。正確なデータがなければ、たとえ優秀なデータサイエンティストであっても、デー...(2017/1/10 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

技術文書
産業IoTの構成要素に欠かせない”電源設計”
今回は、ACライン電圧からの絶縁が必須で、入力電圧範囲が非常に広い電気メータやスマート・グリッド、産業用アプリケーションを対象にした定電圧電源について説明する。(2016/4/28 提供:オン・セミコンダクター)

製品資料
機械学習で分析モデル選択を自動実行 予測分析を極限まで簡素化する仕組みとは?
 企業や組織がより多くの顧客セグメントや事業セグメントにアナリティクスを適用するようになると、多くの場合は、予測モデルに求められる詳細レベルが高まっていく。その結果、より高度なモデルをより多く開発しなければならないが、ほとんどの分析担当者やデータサイエ...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
センサ計測の基本をしっかり押さえて、IoTに貢献を。【センサ計測の基本─エンジニアのツールボックス】
 本資料では、IoTに欠かせないセンサ計測について、NIのSC Expressや9219をはじめとするハードウェアや、LabVIEWソフトウェアを使った計測・解析方法を紹介しています。【温度計測】熱電対の正しい理解や計測時の考慮すべき項目、RTDやサーミスタの計測について解説して...(2016/12/12 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

講演資料
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか?
 インターネット接続デバイスの小型化により、さまざまなモノの情報を遠隔で収集・制御・操作を行うIoT(モノのインターネット)が盛んだ。データを集約して終わりではなく、さらにビッグデータ分析やAIなどが組み合わさって、より進化を見せている。 この流れは一過性...(2016/12/6 提供:ソフトバンク株式会社)

レポート
大手企業が次々にpcAnywhereから乗り換え先として選択するリモートコントロールツールとは
 社内ユーザー向けヘルプデスクや遠隔地にある無人サーバメンテナンスを中心に、リモートコントロールツールとして利用されている「pcAnywhere」は、2016年4月にサポートが終了した。現在pcAnywhereを利用している場合には、注意が必要だ。 pcAnywhereを使い続けるリス...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

講演資料
ストリームコンピューティングが示す新しいデータ分析の世界
 今日、情報ソースの多様化により、断続的に流入するデータの量は増加の一途をたどっている。従来のデータ分析は、大量のデータをストレージに全て保存して分析するのが主流だった。静的な過去のデータを分析し、過去の事実を発見するのが目的だ。これに対し、流入するデ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
電気自動車(EV)充電ステーションを安全で高効率にするフォトカプラ
 路上を走行するEV台数が急増しており、エネルギーを補給して路上に迅速に戻るために、より多くの充電施設が必要とされています。EV充電ステーションは、充電施設において、電気エネルギーをEVに供給しネットワーク接続を提供する重要な要素です。 急速充電システムのニ...(2016/10/24 提供:アバゴ・テクノロジー株式会社 (Broadcom Limited))

市場調査
ボーダフォンによる「IoT 普及状況調査レポート 2016」公開
 本資料「2016年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポートは、ボーダフォンが委託した英国のCircleResearch社が、グローバル規模で実施したものである。 IoT普及・利用に関して、9つの主要業界のビジネスリーダー1,100名へのインタビュー調査結果をまとめた。また、Io...(2016/10/18 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IoT実現の肝となる「センサ計測」:テクニカルガイド最新版〜高確度なセンサ計測を実現するために〜
 IoT(モノのインターネット)の実現が進む中、あらゆる装置や機器にセンサが取り付けられ、センサにより収集されたデータを有効活用することが求められる。そのためには、高確度なデータの取得が必須となり、高度な計測技術が要求されることになる。正確なセンサーデー...(2016/9/28 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

Loading