TechTargetジャパン

製品資料
帯域品目や回線タイプに縛られないVPNサービスのアクセス回線とは?
 AIやIoTなどの新技術の台頭に伴い、企業ネットワークに接続されるデバイスやクラウド上のリソースが多様化しており、ネットワーク環境はますます複雑化している。そこで、多様なデバイスやリソースと、シームレスかつセキュアに接続できるVPNサービスが求められている。(2017/6/14 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
オンデマンド製造によるリスク軽減 〜製品開発の短縮と機会損失の回避に向けて〜
 サプライチェーンの戦略的管理は、製品開発とライフサイクルプランニングに不可欠なだけでなく、リスク軽減に必要な要素でもある。先駆的企業は、サプライチェーンを成長とリスク最小化の能力を高める、機能横断型の取り組みと位置付けている。生産や出荷の遅延に関する...(2017/5/23 提供:プロトラブズ合同会社)

製品資料
「Oracle Cloud」基礎解説:IaaS移行に向けて知っておきたい8つの機能
 多くの企業が「競争力の維持にはインフラの見直しが必要」と気付いており、IaaSへの移行に関心を示している。全世界でのIaaSへの投資額は、2015年の約150億ドルから、2020年には560億ドルまで急増する見込みだ。 このようにIaaSの利用が拡大する一方で、大企業の利用は...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

レポート
DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説
 日本国内でもサービス障害を引き起こし、損害をもたらすDDoS攻撃の勢いが衰えない。対策の必要性は認識しているものの、実際に被害を受けていないことや、被害のイメージがつかめていないためか、対策が後回しになっている企業も少なくない。 DDoS攻撃の対策には、大き...(2017/2/27 提供:日本ラドウェア株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
AWSのサーバ利用料最適化に必要な「3つの勘所」
 仮想サーバサービスである「Amazon EC2」を利用している企業は多い。その運用効率を上げるためのサービスも数多くある。アマゾン自体も「Trusted Advisor」というAmazon EC2の利用履歴などを計算し、コスト最適化・パフォーマンス向上につながる推奨事項を示すサービス...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

技術文書
デバイスの特定機能に課金、IoTビジネスを変えるライセンス管理とは?
 クラウドコンピューティングの浸透により、ソフトウェアの使用期間や利用量に応じて支払う課金体系が一般化してきた。この影響はIoT市場にも及び、近年は、デバイスの機能までソフトウェアで制御するライセンス管理で成果をあげる企業が現れ始めている。 ハードウェア...(2016/9/1 提供:ジェムアルト株式会社)

製品資料
インフラ統合とクラウド活用に必要な「自動化と集中管理」の手法
 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。また、これらのリソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、多くのユーザーが活用し、ビジネスとITの関係...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
iPadでのWindowsアプリ活用、「見づらい」「操作性が悪い」の声にどう応える?
 スマートデバイスの業務利用を考える際、iPadは真っ先に検討したい端末の1つだ。操作性が高く、ビジネスアプリも豊富で、「Microsoft Exchange」などと連携したメール利用も問題ない。しかし、いざ導入してみると、業務での活用が進まなかったというケースが見られる。(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
ソフトウェア開発クラウドで仮想特化型ストレージを実践、その実力を探る
 富士通のソフトウェア開発環境を提供する富士通沼津ソフトウェア開発クラウドセンターは、国内外の開発者にソフトウェア開発環境向けプライベートクラウドを提供している。このサービスの核となっているのが、仮想環境のオンデマンド貸し出しシステムだ。 しかし、サー...(2016/7/6 提供:富士通株式会社)

事例
30時間を3時間に短縮、光華女子学園が見直したバックアップ体制の秘訣とは?
 幼稚園から大学・大学院までを擁する京都の総合教育機関の光華女子学園。教育現場では、学生自ら主体的に考える力を身につけるアクティブラーニングなど、最新の教育手法を取り入れ学園改革を進めている。 その一方で、オンデマンドで学習できるeラーニングの推進や...(2015/10/30 提供:Arcserve Japan合同会社)

レポート
解説:カスタマーサービスを変える、5つの最新動向とは?
 カスタマーサービスの最大の変化は「顧客がいつでも、どこでも、どのデバイスからでも対応を求めてくる」時代に突入したことだろう。フリーダイヤルからの電話対応だけでなく、メールを使って、あるいはWebコンテンツを通じてなど、あらゆる方法でコンタクトを求めてく...(2015/6/19 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
オンデマンドでシステムリソースを提供する「クラウドセルフサービス」の導入ポイント
 クラウドのセルフサービス化は運用における自動化技術をベースにしている。この技術はこれまで数週間かかっていたストレージのプロビジョニングプロセスやデータ保護プロセスを数分で完了できるようにするものだ。セルフサービス化はこうした自動化機能を技術の専門家で...(2015/4/1 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
SAP HANAベースのクラウドで得られる5つのバリュー
 ハードウェアの維持管理から解放され、大幅なTCOの削減を可能にするシステムインフラのクラウド化は企業にとっていますぐ取り組むべき課題の1つだ。ミッションクリティカルな基幹業務アプリケーションのクラウド移行は、コスト削減と業務の効率化に適した選択だろう。 ...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
仮想化/クラウド時代のアプリケーション可視化の必要性を考える
 サーバやストレージの仮想化が一般的になり、オンデマンドで構成を変更し、各拠点のデータセンターからクラウドサービスとしてアプリケーションが提供されるようになった。これまでハードウェアベースであったネットワークもSoftware Defined Network(SDN)の登場によ...(2014/9/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
3ステップで解説するクラウド移行成功の道のり
 クラウドを活用する企業はますます増えており、それには明確な理由がある。クラウドコンピューティングでは、コストパフォーマンスに優れた機能が、時間、場所、デバイスを問わずオンデマンドで確実に提供されるからだ。 ただし、クラウドのさらに広範囲な利点を活用す...(2014/3/27 提供:エクイニクス・ジャパン株式会社)

事例
セキュアバイデザイン:デスクトップ仮想化のセキュリティへの活用事例
 デスクトップ仮想化は、従業員の利便性と企業のIT統制の要求の両立を可能にする手段です。 デスクトップ仮想化を導入することで、データーセンターから、あらゆる場所、あらゆるデバイスへ、デスクトップやアプリケーション、データの安全で高品位なオンデマンドデリバ...(2013/8/6 提供:株式会社シマンテック×シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
タブレット利用に欠かせない、セキュアなリモートアクセスと認証強化ガイド
 国内企業でもスマートデバイスの導入事例が一気に増えている。ワークスタイルも多様化し “いつでも、どこでも、どのデバイスでも” 会社のネットワークにアクセスして仕事ができる環境がビジネスを成功させる鍵といっても過言ではない。 この時に課題となるのがセキュ...(2013/6/14 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

Webキャスト
月額7万円〜でBCP対策を実現するクラウド型DRソリューション 「お手軽DRサービス」
・専用のDR環境構築には巨費が必要だが、いつ起こるかわからない災害に あまり費用をかけられない。・遠隔地テープ保管やリモートバックアップでは、災害時に確実かつ迅速 に戻せるのか常に不安を抱えている。このような課題をお持ちの危機対策担当者様に、平常時は低コ...(2011/3/29 提供:インフォコム株式会社)

製品資料
先進13社の導入事例に見る帳票システム「プライベートクラウド化」のススメ
 帳票システムには、豊富な表現力や多彩な出力形式、セキュリティ機能はもはあや当たり前の要件となっている。現在では開発コストや保守コスト、スケールアップの追加コストをいかに抑えられるかということが問題だ。その点で注目されているのが、帳票システムの「プライ...(2010/8/30 提供:ブレインセラーズ・ドットコム株式会社)

製品資料
クラウド帳票サービス 〜コスト削減に直結する帳票の「作り方・使い方」〜
 帳票システムでは、システム内外のデータをどう処理されるか、どう操ることができるかがポイントとなる。しかし、高品質で豊かな表現形式の出力ができても、時間がかかりすぎたり、コストが抑えられなかったりすれば意味がない。現在の帳票に求められていることは、「業...(2010/5/10 提供:ブレインセラーズ・ドットコム株式会社)

製品資料
Web帳票の「業界、商習慣対応」と「大量処理のパフォーマンス」は両立するか?
 電子帳票システムでは、システム内外のデータをどう処理されるか、どう操ることができるかがポイントとなる。多くの人が使い慣れている“Excel”や汎用的な“CSV形式のファイル”を用いると、システム連携が容易になり、メールやFAXなどによる帳票データの自動配信がで...(2010/3/1 提供:ブレインセラーズ・ドットコム株式会社)

Webキャスト
中堅・中小企業が今すぐに始められる「Excelをつなぐ見える化手法」とは?
 ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業の基幹系システムへの投資意欲は不況下でも衰えを見せてはいない。また、それ同様に「社内に分散したデータを見える化したい」という欲求も高いようだ。特に中堅・中小企業では、従業員のPCに「Excel」という名の宝の山が...(2009/10/29 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
カラー&オンデマンド・ラベルプリントによる生産物流部門のラベルの課題解決!
 ピッキングミス・誤出庫の多発・ラベル用紙の在庫管理・プレ印刷ラベルのリードタイムが長い・ラベル用紙の交換が手間・・・ これらは生産、物流部門において業務効率上の大きな障壁となっている。 このホワイトペーパーでは、生産物流部門のラベルの課題解決のために...(2009/3/25 提供:キヤノンマーケティングジャパン株式会社)

事例
住商情報システムが実現した、“オンデマンド”のデータセンター設備投資
 住商情報システムが運営するインターネットデータセンター「netXDC」は、顧客のニーズに応えるビジネスプロセス・アウトソーシングをはじめ、ユーザー業務を支えるアプリケーションマネジメントやハードウェア、OSなどに対するシステムマネジメントなど、統合的なITアウ...(2009/1/19 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

技術文書
P2Pは動画配信ビジネスの救世主か? P2Pコア技術の核心に迫る!
 P2P技術を用いたコンテンツ配信プラットフォーム「Einy(アイニー)」には、独自の技術を使った2つの仕組み(コア)がある。1つは、同じコンテンツを多拠点に一斉同時配信する「Einy Broadcast」、もう1つは視聴するユーザーが自分で選んだコンテンツをオンデマンドで配...(2008/5/29 提供:ブラザー工業株式会社)

講演資料
内部統制のための情報セキュリティ対策で最初にすべきこと
 内部統制への対応が叫ばれているが、一体何から始めればよいのか?  今や業種や企業規模を問わず、ほとんどの人間はPCを使って仕事をしている。すなわち、PCの操作履歴を確認できれば業務の適正を確認できるといっても過言ではない。まずは、PC利用者の操作ログを収集...(2008/1/15 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

Loading