TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
プロジェクトを成功させるモデリングの極意(完全版)
 「コード中心からモデル中心の開発へ」などといった文言があるように、モデリングはソフトウェア設計を行うために必要不可欠な技術として注目され、さまざまな開発現場で実践されています。 ですが、手法やそのツールを知っていても、モデリングがうまくできず、分かり...(2017/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

事例
先端研究事例に学ぶ「組込・制御システム開発」成功の秘訣!国内外の研究機関・企業の先進事例を紹介
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。  高い性能と信頼性が要求されるアプリケーション...(2017/8/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
「メタデータ」の使い分けで文書管理を効率化――知っておきたい2つの種類
 企業が取り扱う文書データは、法改正やISO認証対応、デバイスの多様化などを受けて種類も量も増加し続けている。それに伴って文書情報の作成や管理の負担が高まっているにもかかわらず、ファイルサーバやオンラインストレージに保存するだけという旧来的な手法を変えて...(2017/7/21 提供:リックソフト株式会社)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
テスト部門を「単なるコストセンター」から、組織に不可欠な戦略的資産としての転換を図るには?
 戦略的なテストシステムを構築することが、市場競争力を高めることにつながるのか?本資料では、その回答として、テスト部門をコストセンターから戦略的資産という重要な位置付けに高め、テスト部門の設備投資などを総所有コスト(TCO)で判断することが重要性について...(2017/3/29 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

プレミアムコンテンツ
IIoTがもたらす未来、国内製造業のガラパゴス化を解消するには?
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」の人気連載「IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する」の第1〜4回までを収録した特別ブックレット。筆者であるリンクス 代表取締役 村上慶氏が、日本のみならず世界的に盛り上がりを見せるIIoT...(2017/3/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoT化に対応する「次世代産業用コントローラ」がスマート工場の「足回り」に
  IoTやインダストリー4.0の推進により、全世界的にスマートファクトリー化の動きが加速している。しかし、多くの工場や生産設備では、そもそもネットワーク接続されていないケースも多く、情報システムへの接続までに 複数段の階層があり、データ連携が複雑な状況も生...(2016/12/14 提供:株式会社 日立産業制御ソリューションズ)

プレミアムコンテンツ
組み込みエンジニア「転職に前向き」が7割超える、新天地には「やりがい」「人間関係」求める声
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」は2016年11月、組み込みエンジニアのキャリアに関するアンケート調査を実施した。 転職については約6割がその経験を持ち、複数回の転職経験を持つもエンジニアも3割を超える。また転職への意向について多数を占...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
自動車大手7社の成功事例−ECUテスト時間を1/20に短縮した事例も
 現代の自動車産業では、利用者の利便性が高まる一方、機構部品と電子部品が複雑に絡み合いシステムの複雑化は爆発的に拡大している。 多くの企業では、開発が進むにつれてテスト要件も複雑化し、さらなる安全性への要求、市場投入までの時間短縮に加えコスト削減を求め...(2016/9/7 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/7/29 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
IoT実現へ、今、注目される「テスト戦略」とは?最新動向に学ぶ、市場投入期間の短縮やコスト削減のヒント!
 本格的なIoTの運用で、近い将来、インターネット接続デバイスの数は500億台に上るとも言われている。多くの企業は膨れ上がるデバイスに対し、それぞれ要求されるテストを実施していかなければならない。同時に、デバイスの低価格化が進み、検証ツールが多様化し、ますま...(2016/6/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
コストを削減しつつ「組込・制御システム開発」を成功させる秘訣とは?国内外の先端研究事例に学ぶ
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。高い性能と信頼性が要求されるアプリケーションにお...(2016/6/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

その他
英語のミーティングをする前に「戦い」は終わらせておこう
 「たった一人の軍隊」となって海外出張先に乗り込んだあなた。あとは当日、相手企業との会議という名の「戦闘」に挑むだけ――。もしもこう考えているなら、それは大きな間違いです。英語に愛されない私たちは、会議当日を「戦闘完了時」と考えなくてはなりません。 で...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月4日号:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威
 Computer Weekly日本語版 11月4日号は、以下の記事で構成されています。■iPad Proの真のライバルはSurface Pro 3にあらず 以前からその存在がうわさされ、ようやく発表されたiPad Pro。Surface Pro 3と競合すると目されているが、本当に競合する製品はSurface Pro 3...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソース解析ツールって本当に使えるの?
 流体解析ツールといえば有名ベンダーが提供する高価なものというイメージを持つ読者は多いだろう。しかし、オープンソースベースで開発されてきた解析ソフトの性能はかなり向上し、国内外の企業の研究部門などを中心にユーザーも増えているという。 オープンソースの流...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
3D製品定義データの取り込みと再利用を可能にする「JTフォーマット」とは?
 3D製品情報の可視化を軽量なデータフォーマットで提供できるJTフォーマットが国際標準化機構(ISO)に承認された。 このJTフォーマットとは一体どういうもので、どういう仕様なのか。本連載ではJTフォーマットの仕様や開発の狙い、定義や構造などを取り上げる。(1) JT...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
バージョンアップ対応からの解放――ブラウザに依存しない“長寿命”Web基盤とは
 企業Webアプリケーションの運用・保守は、ブラウザのバージョンアップや脆弱性問題への対応などさまざまな課題を抱えている。Windows XPのサポート終了は記憶に新しいが、これに伴い、IE6およびIE7をサポートしないOSを使う必要に迫られ、IE6で動作させていたWebアプリ...(2014/8/20 提供:SCSK株式会社)

レポート
ドクターに贈る医療IT用語解説 Vol.1
 現在、医療分野ではさまざまなITシステムが導入され、実に多くのIT関連用語が存在する。「ドクターに贈る医療IT用語解説」連載では医療の現場で使われているそうしたIT用語について、医療のIT化を推進している有識者が解説している。 その中から、医師の本業である診察...(2014/6/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
クラウド時代の企業内コミュニケーションツール選びのチェックポイント
 メールを中心とした社内の情報共有ツールを選定する際に、どんな機能を選定条件とするだろうか。いくつか書き出してみよう。・強力な検索ができること・外部サービスと組み合わせやすい構造であること・時や場所を問わずメールボックスにアクセスできるプラットフォーム...(2014/6/26 提供:Zimbra Japan 合同会社)

製品資料
『開発と運用』双方の視点から提唱Webアプリケーション開発フレームワーク
爆発的な拡大を見せているクラウド&モバイル。データをいつでもどこでもどのデバイスでも持ち運ぶという概念がWebアプリケーション開発のあり方に対して大きな影響を与えている。本資料ではこうしたIT環境を踏まえ「Webアプリケーション開発者の視点」と「Webアプリケー...(2014/2/25 提供:グレープシティ株式会社)

技術文書
アプリケーションの無秩序な増大を防げ──ビジネス要件に俊敏に対応するIT部門の条件
 ここ何年もの間、企業が導入・開発するアプリケーション数は増加傾向にある。導入や開発にはビジネス上の正当な理由があるのが普通だが、古くなったり、サポート対象外になったりしたアプリケーションや重複するアプリケーションを削除するための規則を定めていない組織...(2014/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
オープン規格と製品の差別化
オープンソースの使用は、ベンダ依存を回避し、高いカスタマイズ性を実現する上で最善の方法であると考えられている。しかし、こうしたメリットを受けるには、実は「オープンソース」よりも「オープン規格」が適している。オープン規格により、コードの再利用の促進、相互...(2013/11/14 提供:QNX ソフトウエア システムズ株式会社)

製品資料
いますぐ開発できる!?組み込みデバイス向けJavaツールとは
 数万のエンジニアによって10年以上開発投資されたJava製品、Java言語、API、仮想マシンは、多種の垂直ソリューションで広くテストされ、展開されている。たとえば、ヘルスケア、産業機器、M2M、ワイヤレスモジュール、スマートメーターなど、幅広い分野で活用されている...(2013/8/6 提供:日本オラクル株式会社)

Loading