TechTargetジャパン

製品資料
悪質ランサムウェアに「人質」をとられないための対策――攻撃阻止法を解説
 コンピュータシステムの使用またはアクセスを阻害する「ランサムウェア」の被害が急増している。画面のロックやファイルの暗号化を勝手に行うマルウェアで、侵入後はシステムのロックを解除したり、ファイルを復号したりすることを条件に金銭を要求してくる。 その中で...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
9つのチェックでAndroidアプリの脆弱性をブロック、セキュアコーディング実践法
 Androidアプリ開発において、脆弱性の発見が年々増えているにもかかわらず、まだそれに対する意識や対策が追い付かないケースが見受けられる。アプリ開発のプロセスでは、設計、コーディング、テストと進んでいくが、コーディングの段階で実装内容に問題がないか確認す...(2016/3/22 提供:ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書導入のための「5つのキホン」
 Wi-Fi環境の整備やスマートデバイスの普及により、社内外のネットワークからWebサイトにアクセスするユーザーが増えている。Webサイトのセキュリティ対策として、SSLサーバ証明書の導入で、サイト運営団体の実在性を証明したり、通信を暗号化し盗聴や改ざんを防ぐことは...(2016/4/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
2016年度版DDoSレポート:2015年までの動向と分析から予測した最新トレンド
 クラウド型のDDoS対策サービスをグローバルで提供するCDN専門企業による、2016年度のDDoS攻撃レポートが報告された。調査対象は日本をはじめ、アジア諸国、欧米諸国と全世界に渡り、調査期間は2013年から2015年の継続的なデータが集計されている。また2016年の予測とと...(2016/3/16 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

事例
モバイル活用のために乗り越えるべき4つの課題――3社の事例に学ぶ
 多くの企業がモバイル活用を進めているが、IDC Japanが2015年3月に行った調査では、電子メールとスケジュール管理を除き、3つ以上のモバイルアプリケーションを使っていると答えた企業はわずか17%であった。 こうした現状を変えるためには、モバイル活用のための課題...(2016/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Webサイトの問題点を見過ごしていないか? 自動ツールとプロの手による診断の違い
 自動診断ツールによるWebサイトやアプリケーションの脆弱性診断は、サイト構成や画面遷移の条件によって全ての脆弱性を検出できないケースもあり、セキュリティ上の問題点が残ってしまう。つまり、ツールだけのチェックではセキュリティリスクを無くすことができない。(2016/3/29 提供:株式会社ラック)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
従来システムの硬直化には、「モバイルファースト」のプロセス改善が効く
 従来型のSoRは、ウォーターフォール型で開発してきたため、複雑で巨大なシステムとなっている。そのため、運用が始まってしまうと、大きすぎていじれなくなる硬直化が問題となる。この改善策として、SoE(System of Engagement)の手法を取り入れ、プロセスマネジメント...(2016/1/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ITサービスの運用監視、賢く専門監視サービスを使う価値
 ITサービスの課題として、ユーザー視点でのサービス中断(サイレント障害)が検知できない、ユーザー体験度を把握できない、サービス品質を定量で量れない、といった問題がある。しかし、その対策においては、監視コストや保守工数の制約がある。 そこで、専門のIT監視...(2016/1/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
実は簡単、Webサイト常時SSL化のために必ず知っておくべきこと
 Webサイトの全ページをHTTPS化する「常時SSL」が、大きなトレンドとなっている。従来、個人情報を入力するフォームやログインページなどをSSL化するWebサイトは多かったが、巧妙化するサイバー攻撃への対策や、モバイル化の進展に伴い急増している公衆Wi-Fiなどからの通...(2016/1/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
開発/検証環境にクラウドを活用する際の3つのポイント――実力も徹底検証
 企業のITインフラとして、パブリッククラウドは欠かせない。しかし、システム構築プロジェクトの「開発/検証環境」としてクラウドサービスを利用する場合、コストや技術的な制約から本番環境と同様の開発環境を用意することが難しいことも多い。 例えば、Oracle Datab...(2015/12/22 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
業務の気付きやアイデアを、データで裏付けられた説得力のあるビジネス施策に育てるには
 統計学や高度な数学の知識を活用したデータアナリティクスは、中長期の投資計画を組み立てる上で有効な手段といえる。しかしそうした専門家によるデータ活用を進める一方で、多くの経営者やマネジャーは組織全体のデータ活用の底上げも喫緊の課題として考えている。さま...(2015/12/14 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
保険外交員の方の個人端末利用を許可するセキュリティ手引き
 個人端末として使用できる端末のOSは、iPhone/iPad、Android、在宅PCのWindowsなどがある。利用者の個人端末にDoCANブラウザをインストールすると、ユーザーのスクリーンショットを禁止し、またウイルス検疫機能を内蔵しているため、ウイルスやスパイウェアによる情報...(2015/12/11 提供:株式会社コネクトワン)

講演資料
自動運転支援に向けた、IoT基盤を活用したコネクティッドカーの取り組み
 さまざまなモノがネットワークにつながるIoTの到来により、10年後には500億から1兆ものデバイスがネットワークに接続すると予測されている。IoTの価値は、「インダストリーの変革」「アプリケーションとソリューション」「プラットフォーム」「デバイスとネットワーク」...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
日本パレットレンタルが業務用モバイルアプリを開発、その効率化の鍵とは?
 物流パレットのレンタル事業を展開する日本パレットレンタルでは、パレットの所在・在庫管理のさらなる効率化が課題であった。2013年9月には、物流機器管理ソリューション「Llink(エルリンク)」を立ち上げ、RFIDを活用したRTI(Returnable Transport Items:通い容器...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ログ管理製品導入戦略ガイド
 ログ管理は、まだストレージ容量が少なく高額だった時代に始まった。その目的は、幅広いIT機器が生成するログを記録し、中央に保管して検証できるようにすることだった。ストレージ価格が下がって記録できるログの量が増えた今、ログはITシステムの挙動を分析し、マシン...(2015/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由
 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか? Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケ...(2015/10/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2015/10/27 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
【マンガ】スマホで社内Webに接続したい
 今やスマートフォンやタブレット端末を使って社外から社内Webにアクセスする仕組みそのものを構築することは難しくはない。しかし、昨今の情報漏えい事例を参照し、いかなる場合でもセキュリティを確保できる体制を構築することは簡単ではない。しかも企業の情報システ...(2015/9/11 提供:株式会社コネクトワン)

技術文書
適切なNoSQLデータベースの選択が成否を分ける、目的別NoSQL検討ポイント
 オンラインでの消費者の行動が変化し、新たな種類のデータが出現している。また、Webアプリやモバイルアプリ、IoT(モノのインターネット)のシステム構築ニーズの高まりなどにより、開発者はデータ保存と管理の方法の見直しを迫られている。 こうした背景を受け、NoSQ...(2015/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
リクルートマネジメントソリューションズが顧客向け帳票の表現力と安定性を向上するまでの経緯
 帳票には常に2つのニーズが存在する。1つは、グラフやチャートを組み入れるなどのさまざまな表現力に関するニーズ。そしてもう1つは、正確で速く安定した出力能力だ。今やPDFに出力すると同時に紙媒体へ印刷することは常識化しており、印刷においてはセンターや拠点でバ...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

事例
プライベートクラウドで帳票基盤を構築、強固な安全性の請求書発行システムを実現したアサヒグループの工夫
 帳票は顧客向けに発行されることが多く、それだけに帳票システムで不具合が発生すると、すぐさまビジネスに悪影響を及ぼすことになる。場合によっては業務全体がストップしてしまう懸念もあり、細心の注意が必要だ。こうした点を背景に、請求書発行などを伴う従来の帳票...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

技術文書
限界が見えてきたRAIDによるデータ保護、これに替わる「イレージャーコーディング」のメリットとは?
 企業の保有するデータ量が爆発的に増加していることは、多くのユーザーが承知している事実だろう。データのビジネス活用は、IoT活用の進展をはじめ急速に進んでいる。こうした状況で問題となるのは、大規模に蓄積されたシステム内のデータをいかに保護するかということ...(2015/9/14 提供:スキャリティ・ジャパン株式会社)

製品資料
DDoS最新調査報告 誰が、どこから、どれくらいの攻撃を仕掛けているのか?
 2015年第2四半期の最新情報によると、ネットワークレイヤーに対するDDoS攻撃は最大253Gbpsの規模で実行され、全攻撃の20%が5日間にわたって、最も長いものでは64日間連続で行われた。同様にアプリケーションレイヤーへの攻撃では、最長で8日間行われたことが確認されて...(2015/9/4 提供:株式会社Imperva Japan)

製品資料
金融機関でも採用、モバイルアプリ開発で考えるべきセキュリティ対策
 モバイルアプリをエンタープライズ利用するために乗り越えるべき最大の課題は、セキュリティ対策だ。企業のセキュリティ基盤の主要なコンポーネントは、インターネット閲覧を保護することを目的に設計されている。 しかし、アプリストアからダウンロード可能なモバイル...(2015/8/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading