TechTargetジャパン

技術文書
シンプロビジョニングを用いたストレージ戦略成功の秘策
 「シンプロビジョニング」とは、アプリケーションやサーバに割り当てられている実際の物理ストレージよりも大きく見える仮想ディスクドライブを作成することで、より多くの物理ストレージを使えるようにする手法だ。 このホワイトペーパーでは、シンプロビジョニングの...(2008/12/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説
 アプリケーションが仮想ディスクに書き込むと、ストレージアレイはより多くの物理ストレージを自動的に割り当てる。このプロセスは、アプリケーションとサーバにとって透過的である。これにより事前の予測割り当てではなく、実際のストレージ要求が物理ストレージの使用...(2008/9/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
クラウド活用の次のステップ「サービス自動化」を成功させる方法とは?
 クラウド活用において、まずインフラの最適化効果が実感されることは間違いない。しかしユーザー部門からの新たな要求や問い合わせに、手作業を含む煩雑な作業で対応していたとしたらどうだろうか。迅速なサービスは実現したものの、その状態を維持するためにさらに多く...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ストレージの無駄遣いを大幅に削減できる「シンプロビジョニング」を徹底解説
 シンプロビジョニング(EMCでは仮想プロビジョニングと呼んでいる)を利用すると、データ容量使用率の向上、ストレージ管理の合理化、アプリケーションダウンタイムの短縮が可能となり、ストレージに掛かるコストを削減できる。なぜか? 「EMC CLARiX CX4シリーズ」で...(2008/11/10 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
システムパフォーマンスが34%向上、ストレージソリューション選びのポイントとは?
 ストレージシステムにおいては、ロードバランス、アプリケーション最適化、ディスクメンテナンスなどをアレイ側で自動で管理することが望ましい。迅速なプロビジョニングによりビジネス要件に対応するため、トラブル解決にかかる時間も少なくなり、投資回収期間を短縮す...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
ストレージの能力を見極め、サービス品質を保証する「6つの要件」
 次世代型IT環境とは、アプリケーションのパフォーマンスを最大化させ、安定的にサービスを提供できる環境のことを指す。その上で運用管理が適切に自動化され、障害予測が迅速に実行されることが望ましい。重要となるのが、ストレージの能力である。アプリケーションやワ...(2016/3/9 提供:SolidFire)

技術文書
オンデマンドでシステムリソースを提供する「クラウドセルフサービス」の導入ポイント
 クラウドのセルフサービス化は運用における自動化技術をベースにしている。この技術はこれまで数週間かかっていたストレージのプロビジョニングプロセスやデータ保護プロセスを数分で完了できるようにするものだ。セルフサービス化はこうした自動化機能を技術の専門家で...(2015/4/1 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
Forresterが徹底評価:最近話題の「統合インフラ製品」のROIはどの程度か?
 今回、検証の対象となったユーザー企業は、ホテル、レストラン、小売店などを展開するエンターテイメント企業である。TEI(Total Economic Impact)というIT導入に必要な費用と経費削減額、および業務効率化の影響度(便益)を評価する指標を用いて、各事業がスタンドア...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
大規模なHadoop環境、プロビジョニングを容易にする秘策とは?
 ビッグデータ活用基盤にHadoop導入を検討している企業は多い。しかし、その構築や運用には専門知識が必要になる。Hadoop環境を最適化させるには、データ処理の混雑状況に応じてトラフィックの負荷分散比率を変更可能かどうかにかかっている。データ量の増加にもシームレ...(2015/6/10 提供:シスコシステムズ合同会社)

比較資料
主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解
 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。 そのような状況化...(2013/1/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
1年で約5万台を展開、IBMが得たMac大規模導入のベストプラクティスとは?
 IBMでは、以前から何千人もの社員がBYOD(私用端末の業務利用)のポリシーを定め、個人所有のMacを使用してきた。しかし、IT部門はMacプラットフォームを正式にサポートしていなかったため、Macを使用する社員はあらゆる問題を自己解決していた。 そこで同社は、社内の...(2016/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
短時間で導入・作動、ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証
 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハ...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
レガシーWANからSD-WANへ、移行で得られる「5つのメリット」
 リサーチ企業のIHSによると、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の市場規模は2014年の7億8100万ドルから2019年には130億ドルまで拡大する見込みだという。このように急速に発展を遂げるSDNだが、近年、その適用先はデータセンターからWANへと移行し始めている。 ...(2016/6/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」
 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できる...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
クラウドを進化させるネットワーク構築「5つのポイント」
 ハイブリッドクラウドを運用する多くの企業にとって、次なる目標はネットワークの仮想化だ。この動きは、本社だけでなく全拠点でクラウドシステムの利用が進み、モバイルやSNS、ビッグデータ分析などの用途が広がることで、ネットワーク運用にさまざまな課題が増えてき...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
専用ストレージネットワークを検討すべき理由――業務への影響はどれほどか?
 モバイルデバイスのメッセージング、大量データを利用した分析作業、リッチコンテンツの配信・編集といった新しい仕組みの導入、データ暗号化など、逼迫(ひっぱく)気味のシステムネットワークに、新たなワークロードが日々追加されている。こうした状況から、IT部門で...(2016/8/8 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月6日号:モバイルアプリのあきれた実態
 Computer Weekly日本語版 4月6日号は、以下の記事で構成されています。■最も利用されている攻撃手法はソーシャルエンジニアリング■「Eコマースに出遅れた」靴メーカーが挑む店舗とオンラインの融合■Amazon EC2やAzureでは解決しない「プロビジョニングできない処理...(2016/4/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
SaaSは1秒1秒が勝負の時代、検討すべきは「ストレージプロセス自動化」
 SaaSは多くの企業が活用し、モバイル経由の利用シーンも当たり前になっている。実際に利用しているユーザーのロードタイムに対しての意識は、33%がモバイルもデスクトップと同じかそれ以上に速いことを望んでおり、47%が2秒未満でページがロードされることを求め、1秒...(2016/3/17 提供:SolidFire)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
クラウドサービスに求められる「ストレージが果たす大きな役割」
 グローバルやローカルを問わず、多様なサービスを提供し、日ごろから多くの顧客接点を持つ企業にとって、自らが新たにクラウドサービスを構築し、提供することは、今や珍しいことではない。特に一般的なパブリッククラウドサービスに対して、一部の機能や投資対効果の面...(2015/5/12 提供:ネットアップ株式会社)

Loading