TechTargetジャパン

技術文書
シンプロビジョニングを用いたストレージ戦略成功の秘策
 「シンプロビジョニング」とは、アプリケーションやサーバに割り当てられている実際の物理ストレージよりも大きく見える仮想ディスクドライブを作成することで、より多くの物理ストレージを使えるようにする手法だ。 このホワイトペーパーでは、シンプロビジョニングの...(2008/12/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説
 アプリケーションが仮想ディスクに書き込むと、ストレージアレイはより多くの物理ストレージを自動的に割り当てる。このプロセスは、アプリケーションとサーバにとって透過的である。これにより事前の予測割り当てではなく、実際のストレージ要求が物理ストレージの使用...(2008/9/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
ストレージの無駄遣いを大幅に削減できる「シンプロビジョニング」を徹底解説
 シンプロビジョニング(EMCでは仮想プロビジョニングと呼んでいる)を利用すると、データ容量使用率の向上、ストレージ管理の合理化、アプリケーションダウンタイムの短縮が可能となり、ストレージに掛かるコストを削減できる。なぜか? 「EMC CLARiX CX4シリーズ」で...(2008/11/10 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

比較資料
主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解
 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。 そのような状況化...(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
大手調査会社が徹底検証 最新ストレージOSによるクラウドインフラのコスト削減効果
 米大手調査会社のForrester Consultingが、最新ストレージOS「clustered Data ONTAP」を使用したNetAppクラウドインフラソリューションを導入した場合の総合的経済効果、徹底調査。このホワイトペーパーではその調査結果を公表する。 調査結果は主に、NetAppソリューシ...(2014/2/13 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のためのストレージ選定・運用術
 中堅・中小企業もまた、ストレージについて大企業と同様の課題を抱えている。ただし、大企業と同じ予算や運用体制を確保することができないため、大企業以上にその悩みは深刻である。プロビジョニングや仮想化、バックアップにコンプライアンス対応といった課題に対応で...(2012/6/13 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
ネットワーク管理者に贈る、失敗しないネットワーク仮想化へのガイドライン
 企業システムのクラウドへの移行が本格化してきた。サーバやストレージに関する仮想化技術の急速な進化がその背景にある。一方、ネットワークの仮想化はというと、いまだ多くのクラウド環境でVLAN技術が利用されているのが現状だ。複数のデータセンターが連携するなど...(2013/8/26 提供:日本アバイア株式会社)

レポート
従来のストレージの定義を変えるSoftware-Defined Storage
 Software Defined Datacenter(SDDC)は、基盤のハードウェアからデータセンターの全てのコンポーネントを抽象化することで、ハードウェアを意識せず、ITリソースをカスタマイズ可能なオンデマンドサービスとして提供することが可能だ。だが、現実は、ストレージがその...(2014/5/26 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
HPCをユーザーが自由自在に使いこなすために必要なもの
 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、製品設計や科学研究、ビジネス分析を迅速化するツールとして組織に欠かせなくなってきた。しかし、その管理と運用の複雑さは大きな課題だ。HPCを利用して結果を導き出す時間を短縮し、ユーザーの生産性を上げるためには...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Citrix on Hyper-V:使える!3つの規模のVDIリファレンスアーキテクチャ
 デスクトップ仮想化の『リファレンスアーキテクチャ』は非常に人気が高いです。お客様がソリューションをご自身で実証するのは長い時間と多くのコストが掛かります。 本書はHyper-V Server R2とデルのハードウェアでCitrix XenDesktop 4.0を運用するVDI環境のリファレ...(2010/12/17 提供:デル株式会社)

技術文書
インフラストラクチャ管理自動化のメリットを倍増させるベストな選択とは
 高性能化が進み、仮想化やクラウドへの対応も要求されるようになったサーバ環境の構築。そのため、構築時にサーバ間を接続するネットワークが複雑化し、運用管理の負担が逆に増えてしまうケースも見られる。運用の管理負荷とコストを削減するには、インフラストラクチャ...(2014/4/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
仮想環境に適した運用管理ツールの導入で可能になる6つのタスクとは?
 従来の静的な物理環境向けの監視ツールでは、動的な仮想環境の大量の監視データやアラートに埋もれてパフォーマンス低下の要因を特定できないケースが多い。そのため、安定性確保のために仮想マシンが過剰にプロビジョニングされ、リソースの非効率な使用とサーバ統合率...(2014/5/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
【DevOpesガイドブック】DevOpsにまつわる、ありがちな「10の誤解」
 「DevOps(Development and Operations: 開発と運用)」が、トレンドキーワードであることは間違いない。だが、他の新しいアプローチ同様、誰もが口にするけれど、全員が理解しているわけではないのが現状だ。本資料は米WileyによるDevOpsをビジネス中心のアプローチで...(2014/7/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド
 利用中のITシステムについて、1社のベンダーに過度に依存する危険をおかしていないだろうか? 経済情勢が不安定さを増し、合併や買収でベンダー集約が広がる中、ユーザー企業からはベンダーによる束縛を懸念する声がかつてなく多く聞かれるようになった。1社のベンダー...(2014/1/15 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
5分でわかる! ベストパフォーマンスSAN環境
 中〜大規模、および仮想化システムの構築に欠かせない存在となっているSAN。自動階層化による高速I/O処理やシンプロビジョニングによる記憶領域の効率利用など、ストレージ領域の進化により実に有用な機能が実現されている。 多くの企業のインフラを支えるWindowsのフ...(2012/1/17 提供:相栄電器株式会社)

講演資料
IBMのクラウド戦略――その中核を担うIBMソフトウェア
 企業が市場での競争力を得るには、これまでにないスピードでビジネス参入や顧客ニーズへの対応が求められている。オープンテクノロジーによるポータビリティーの強化、クラウドアプリケーションの開発、実行環境の提供、ソフトウェアサービス展開、インフラ増強や買収に...(2014/5/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
5つの基準で評価する仮想環境対応ストレージ選定
 仮想化インフラはこれまでに配備されたどのインフラテクノロジーよりも急速に成長してきた。それに伴い、ストレージに対する要求はビジネスの予測可能な水準をすぐに超え、これまでには考えられなかったパフォーマンス、容量、制御、適応性、耐障害性が求められている。(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想環境に適した運用管理ツールの導入で可能になる6つのタスクとは?
 従来の静的な物理環境向けの監視ツールでは、動的な仮想環境の大量の監視データやアラートに埋もれてパフォーマンス低下の要因を特定できないケースが多い。そのため、安定性確保のために仮想マシンが過剰にプロビジョニングされ、リソースの非効率な使用とサーバ統合率...(2014/2/27 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
クラウド移行成功の秘訣 ワークロード別クラウド適用の効果と注意点
 クラウドコンピューティングのコスト削減効果が注目されているが、実際にどれほど資本コストと運用コストを削減できるのだろうか。具体的な数字を示している資料はそれほど多くはない。米IBMは「クラウドが効率性向上とコスト削減の可能性を秘めていることついて、疑問...(2013/6/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ネットワーク製品導入戦略ガイド
 ネットワーク部門は今、考えられる限りあらゆる局面で変化と課題に直面している。ソフトウェア中心のITに対するユーザーの関心、そしてクラウドコンピューティングやアウトソーシング、仮想化に対する企業の関心がかつてなく高まる一方で、ネットワークサービス事業者は...(2014/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
企業の実態調査にみる仮想化プロジェクト成功の秘訣
 コスト削減、迅速なプロビジョニングによる運用の効率化といった課題を解決するための手法として、サーバ仮想化が主流のテクノロジーとなる中、業種、規模を問わず、多くの企業が仮想サーバ環境の導入を進めている。しかし、そこでは従来の運用管理手法の見直しや新たな...(2013/6/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
4つの視点で考える、仮想インフラにおける「運用管理」の問題点
 企業が仮想化に多大な投資をする目的は、仮想化がもたらすさまざまなメリットの中でも、特にITコストの削減、最適化の向上、ビジネスリスクの低減、および俊敏性の強化などを実現することだ。 しかし、仮想化が進むにつれて運用管理はさらに複雑になる。仮想化が拡大す...(2014/9/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
DB高速化のためにオールフラッシュストレージを選ぶべき7つの理由
 データベースの設計でHDDのことを考えなくてよくなったら、IT部門の仕事はどれほど楽になるだろうか。ストレージI/O性能の解決策としてフラッシュメモリ(SSD)はHDDを置き換えつつあるが、高価なためにまだ広く普及するには至っていない。そのコスト課題を解決する方法...(2014/8/11 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

レポート
仮想環境導入時の落とし穴は熟練パートナーとの提携で回避する
 コスト削減と効率化向上を実現する目的から、ここ数年仮想化は企業にとって重要度の高いITプロジェクトだった。だが、仮想化の実装、サポート、管理の難解さ、中でも導入環境の規模が大きくなったり、影響を受けるデータセンターの領域が増えたりした場合は、業務知識と...(2014/6/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
 仮想化の採用が広がるにつれて、ERP/CRMやEメール、データべースシステムなど基幹業務のアプリケーションを仮想環境で利用することが増えてきた。基幹業務を支える基盤は、高い可用性と回復性、信頼性を備え、自動化やストレージ管理機能による効率的な運用管理により...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

講演資料
難解なクラウド選択と構築を簡単に 初めてのクラウド導入
 多くの企業は、他社との競争に勝ち、収益アップを図るために、「コスト削減」「スピード向上」に強い関心を寄せている。特にITの世界では、この目的において、標準化や仮想化への取り組みが非常に有効とされ、普及が進んできた。そして近年、クラウドコンピューティング...(2014/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Loading