TechTargetジャパン

技術文書
シンプロビジョニングを用いたストレージ戦略成功の秘策
 「シンプロビジョニング」とは、アプリケーションやサーバに割り当てられている実際の物理ストレージよりも大きく見える仮想ディスクドライブを作成することで、より多くの物理ストレージを使えるようにする手法だ。 このホワイトペーパーでは、シンプロビジョニングの...(2008/12/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説
 アプリケーションが仮想ディスクに書き込むと、ストレージアレイはより多くの物理ストレージを自動的に割り当てる。このプロセスは、アプリケーションとサーバにとって透過的である。これにより事前の予測割り当てではなく、実際のストレージ要求が物理ストレージの使用...(2008/9/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
クラウド活用の次のステップ「サービス自動化」を成功させる方法とは?
 クラウド活用において、まずインフラの最適化効果が実感されることは間違いない。しかしユーザー部門からの新たな要求や問い合わせに、手作業を含む煩雑な作業で対応していたとしたらどうだろうか。迅速なサービスは実現したものの、その状態を維持するためにさらに多く...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ストレージの無駄遣いを大幅に削減できる「シンプロビジョニング」を徹底解説
 シンプロビジョニング(EMCでは仮想プロビジョニングと呼んでいる)を利用すると、データ容量使用率の向上、ストレージ管理の合理化、アプリケーションダウンタイムの短縮が可能となり、ストレージに掛かるコストを削減できる。なぜか? 「EMC CLARiX CX4シリーズ」で...(2008/11/10 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

比較資料
主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解
 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。 そのような状況化...(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
オンデマンドでシステムリソースを提供する「クラウドセルフサービス」の導入ポイント
 クラウドのセルフサービス化は運用における自動化技術をベースにしている。この技術はこれまで数週間かかっていたストレージのプロビジョニングプロセスやデータ保護プロセスを数分で完了できるようにするものだ。セルフサービス化はこうした自動化機能を技術の専門家で...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
大手調査会社が徹底検証 最新ストレージOSによるクラウドインフラのコスト削減効果
 米大手調査会社のForrester Consultingが、最新ストレージOS「clustered Data ONTAP」を使用したNetAppクラウドインフラソリューションを導入した場合の総合的経済効果、徹底調査。このホワイトペーパーではその調査結果を公表する。 調査結果は主に、NetAppソリューシ...(2014/2/13 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のためのストレージ選定・運用術
 中堅・中小企業もまた、ストレージについて大企業と同様の課題を抱えている。ただし、大企業と同じ予算や運用体制を確保することができないため、大企業以上にその悩みは深刻である。プロビジョニングや仮想化、バックアップにコンプライアンス対応といった課題に対応で...(2012/6/13 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
クラウドシステムの最適化に欠かせない「サービス分析」というアプローチの真実
 クラウドはユーザー部門が必要とするシステムキャパシティを迅速に提供できるというメリットがある。一方、このメリットはシステム最適化作業のための時間的猶予を大幅に縮めてしまう。サイロ化された過去のシステムのように時間をかけてリソースをやりくりできるまでユ...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウドへの進化を視野に入れた管理プラットフォーム選択のポイント
 サイロ化した従来のシステムを仮想化によってプライベートクラウドとして進化させることは、いま多くの企業が実践している取り組みだ。サーバ、ストレージ、ネットワークなどのリソースを効率的に活用でき、単一の管理プラットフォームでの包括的なシステム運用管理が可...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
KVMベースの仮想デスクトップ構築、既存のVDI製品とどこが違う?
 デスクトップ仮想化は、IT管理者にデスクトップの一元管理、保守、ポリシーの適用を効率的かつ統合的に行う方法を提供する。これにより、効果的なコンプライアンスの実現とTCO削減が可能になる。また利用者にとっても、どこからでもデスクトップにアクセスできることで...(2015/1/22 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
進化したWindows Server 2012 R2の機能を生かすサーバ選びの鉄則
 Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了する。最新バージョンのWindows Server 2012 R2は、2003から大きく進化しており、仮想化や管理機能、クラウドへの最適化など多くの機能が強化されている。ハードウェアも新OSの機能を活用できる製品を選びたい。 本資料...(2015/1/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Microsoft Azureと連携するストレージソリューション構築ガイド
 「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」は、ITインフラストラクチャをMicrosoft Azureに拡張し、ハイブリッドクラウド環境を構築するためのソリューションだ。Microsoft Azureとネットアップストレージの連携により、Microsoft Azureの柔軟性、拡張性とストレ...(2014/11/28 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ネットワーク管理者に贈る、失敗しないネットワーク仮想化へのガイドライン
 企業システムのクラウドへの移行が本格化してきた。サーバやストレージに関する仮想化技術の急速な進化がその背景にある。一方、ネットワークの仮想化はというと、いまだ多くのクラウド環境でVLAN技術が利用されているのが現状だ。複数のデータセンターが連携するなど...(2013/8/26 提供:日本アバイア株式会社)

レポート
従来のストレージの定義を変えるSoftware-Defined Storage
 Software Defined Datacenter(SDDC)は、基盤のハードウェアからデータセンターの全てのコンポーネントを抽象化することで、ハードウェアを意識せず、ITリソースをカスタマイズ可能なオンデマンドサービスとして提供することが可能だ。だが、現実は、ストレージがその...(2014/5/26 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
HPCをユーザーが自由自在に使いこなすために必要なもの
 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は、製品設計や科学研究、ビジネス分析を迅速化するツールとして組織に欠かせなくなってきた。しかし、その管理と運用の複雑さは大きな課題だ。HPCを利用して結果を導き出す時間を短縮し、ユーザーの生産性を上げるためには...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「次世代認証」がエンタープライズのモバイル利用の課題解決の鍵を握る
 エンタープライズにおけるモバイル活用は、大きなメリットがあると同時にIT部門にセキュリティ上の問題をもたらしている。業務システムのアプリケーションへのアクセスにPINやパスワードなどシングルサインオンを使用するのは、利用者にとっては便利だが、認証がバイパ...(2014/11/7 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
ここが知りたい! サービス仮想化を成功させる10のポイント
 ソフトウェア開発チームが、常時、高性能アプリを予算内でスケジュール通りに開発するのは、今日の複雑なアプリケーションをそれぞれの環境でテストを行う限り、至難の技だ。その課題解決のため、最近注目されているのが、サービス仮想化だ。アプリケーション内の指定し...(2014/9/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
データセンターにVaaS(サービスとしてのビジビリティ)を導入する
 過去20年間でデータセンターの構造は大きく変化した。アプリケーションの複雑化とサーバスプロールによってデータセンターが拡張され、物理的な面積だけでなく、データセンターでも最も高いコストを占めるエネルギーの消費も増加した。そのため、高密度のコンピューティ...(2014/9/19 提供:Gigamon LLC.)

技術文書
Citrix on Hyper-V:使える!3つの規模のVDIリファレンスアーキテクチャ
 デスクトップ仮想化の『リファレンスアーキテクチャ』は非常に人気が高いです。お客様がソリューションをご自身で実証するのは長い時間と多くのコストが掛かります。 本書はHyper-V Server R2とデルのハードウェアでCitrix XenDesktop 4.0を運用するVDI環境のリファレ...(2010/12/17 提供:デル株式会社)

技術文書
インフラストラクチャ管理自動化のメリットを倍増させるベストな選択とは
 高性能化が進み、仮想化やクラウドへの対応も要求されるようになったサーバ環境の構築。そのため、構築時にサーバ間を接続するネットワークが複雑化し、運用管理の負担が逆に増えてしまうケースも見られる。運用の管理負荷とコストを削減するには、インフラストラクチャ...(2014/4/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
仮想環境に適した運用管理ツールの導入で可能になる6つのタスクとは?
 従来の静的な物理環境向けの監視ツールでは、動的な仮想環境の大量の監視データやアラートに埋もれてパフォーマンス低下の要因を特定できないケースが多い。そのため、安定性確保のために仮想マシンが過剰にプロビジョニングされ、リソースの非効率な使用とサーバ統合率...(2014/5/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?
 Computer Weekly日本語版 10月22日号は、以下の記事で構成されています。■Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM Windows Server 2003のサポート終了でサーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに...(2014/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
スケールアウト型ストレージによるHyper-Vクラスタ構築手順書
 仮想化環境の変化するニーズに対応するには、可用性、拡張性、管理性にすぐれ、コスト削減を実現するスケールアウト型のストレージプラットフォームが有効だ。本資料は、スケールアウト型のクラスタストレージ「HP StoreVirtual 4000 Storage」を使用して、Windows Serv...(2014/9/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
【DevOpsガイドブック】DevOpsにまつわる、ありがちな「10の誤解」
 「DevOps(Development and Operations: 開発と運用)」が、トレンドキーワードであることは間違いない。だが、他の新しいアプローチ同様、誰もが口にするけれど、全員が理解しているわけではないのが現状だ。本資料は米WileyによるDevOpsをビジネス中心のアプローチで...(2014/7/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading