TechTargetジャパン

技術文書
シンプロビジョニングを用いたストレージ戦略成功の秘策
 「シンプロビジョニング」とは、アプリケーションやサーバに割り当てられている実際の物理ストレージよりも大きく見える仮想ディスクドライブを作成することで、より多くの物理ストレージを使えるようにする手法だ。 このホワイトペーパーでは、シンプロビジョニングの...(2008/12/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説
 アプリケーションが仮想ディスクに書き込むと、ストレージアレイはより多くの物理ストレージを自動的に割り当てる。このプロセスは、アプリケーションとサーバにとって透過的である。これにより事前の予測割り当てではなく、実際のストレージ要求が物理ストレージの使用...(2008/9/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
クラウド活用の次のステップ「サービス自動化」を成功させる方法とは?
 クラウド活用において、まずインフラの最適化効果が実感されることは間違いない。しかしユーザー部門からの新たな要求や問い合わせに、手作業を含む煩雑な作業で対応していたとしたらどうだろうか。迅速なサービスは実現したものの、その状態を維持するためにさらに多く...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ストレージの無駄遣いを大幅に削減できる「シンプロビジョニング」を徹底解説
 シンプロビジョニング(EMCでは仮想プロビジョニングと呼んでいる)を利用すると、データ容量使用率の向上、ストレージ管理の合理化、アプリケーションダウンタイムの短縮が可能となり、ストレージに掛かるコストを削減できる。なぜか? 「EMC CLARiX CX4シリーズ」で...(2008/11/10 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
システムパフォーマンスが34%向上、ストレージソリューション選びのポイントとは?
 ストレージシステムにおいては、ロードバランス、アプリケーション最適化、ディスクメンテナンスなどをアレイ側で自動で管理することが望ましい。迅速なプロビジョニングによりビジネス要件に対応するため、トラブル解決にかかる時間も少なくなり、投資回収期間を短縮す...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
Forresterが徹底評価:最近話題の「統合インフラ製品」のROIはどの程度か?
 今回、検証の対象となったユーザー企業は、ホテル、レストラン、小売店などを展開するエンターテイメント企業である。TEI(Total Economic Impact)というIT導入に必要な費用と経費削減額、および業務効率化の影響度(便益)を評価する指標を用いて、各事業がスタンドア...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
大規模なHadoop環境、プロビジョニングを容易にする秘策とは?
 ビッグデータ活用基盤にHadoop導入を検討している企業は多い。しかし、その構築や運用には専門知識が必要になる。Hadoop環境を最適化させるには、データ処理の混雑状況に応じてトラフィックの負荷分散比率を変更可能かどうかにかかっている。データ量の増加にもシームレ...(2015/6/10 提供:シスコシステムズ合同会社)

比較資料
主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解
 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。 そのような状況化...(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
オンデマンドでシステムリソースを提供する「クラウドセルフサービス」の導入ポイント
 クラウドのセルフサービス化は運用における自動化技術をベースにしている。この技術はこれまで数週間かかっていたストレージのプロビジョニングプロセスやデータ保護プロセスを数分で完了できるようにするものだ。セルフサービス化はこうした自動化機能を技術の専門家で...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
クラウドサービスに求められる「ストレージが果たす大きな役割」
 グローバルやローカルを問わず、多様なサービスを提供し、日ごろから多くの顧客接点を持つ企業にとって、自らが新たにクラウドサービスを構築し、提供することは、今や珍しいことではない。特に一般的なパブリッククラウドサービスに対して、一部の機能や投資対効果の面...(2015/5/12 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
10分以内に仮想マシンを導入、OpenStackを活用した複数クラウド運用法
 仮想化技術を使ってサーバ統合を進めていた企業が、その適用範囲を広げてプライベートクラウド構築を始めた際、パブリッククラウドサービスは一部の技術部門がシステム検証などに使うものとして捉えられていた。しかし現在では、AWS、Microsoft Azureなどのパブリックク...(2015/2/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
SDSを検討する際、知っておきたい10の真実
 仮想化技術の登場はデータセンターに転機を促し、多くのメリットを提供した。しかし、ストレージの課題に対してはほとんど役に立たず、仮想化がストレージの問題をより大きくしているのではないかと指摘する人もいるくらいだ。現在のストレージシステムは、スケールアウ...(2015/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

事例
クラウドサービス事業「5つの課題」とハイパーコンバージドシステム
 クラウド事業者にとってインフラ環境整備がユーザーの要求スピードについていけず、コスト負担の増大に耐え切れなくなる事態は何としてでも避けなければならない。そのための課題は、5つに大別できる。「サービス開通までのリードタイム」「パフォーマンスの可視化」「...(2015/10/5 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
今後が予見できないデータ環境に対応、「ソフトウェア定義型ストレージ」とは?
 クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、モバイルといったITトレンドは、従来のストレージシステムに大きな変化をもたらす。これらが構成するデータ環境は、タイムリーなデータ分析、それを基に実践的な洞察を行う情報駆動型のフィードバックサイクルを要求し、「非構造型...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
投資回収17カ月、統合インフラ導入が大規模ホテルにもたらす経済効果を検証
 サイロ化したシステム群を効率的に統合するには、まず統合を実現するプラットフォームを構築しなくてはならない。だが、異なるベンダーのサーバ、ストレージ、ネットワーク各製品を組み合わせてプラットフォームを構築するとハードウェアの相性、製品構成と既存アプリケ...(2015/4/21 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
CATV業界におけるシェア拡大の鍵を握る「PONを使ったMSOネットワークの再構築」
 複数のケーブルテレビ局を統括運営するMSO事業者にとって、FTTHなどの光ファイバーによるネットワーク再構築は、コストであると同時に、新たなビジネスチャンスを生み出す大きなカギとなる。なぜなら、従来のホームユーザーに対して、より高速で大容量のサービスを提供...(2015/11/18 提供:日本アルカテル・ルーセント株式会社)

Webキャスト
「SDS」はどう使える? 構築・運用管理の実態を分かりやすく解説
 IoTによるビッグデータ時代を迎え、限られた工数と予算の中で、いかにして変化の激しいビジネス要求に応えるITインフラを整備するか。そのキーワードの1つがSDI(Software Defined Infrastructure)だ。 「高い俊敏性」「ビジネス成果中心」「新たなワークロードとアプ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
SDNとNFVの機能を引き出すイーサネット・ファブリック、“3つの特長”とは?
 ネットワーク制御をソフトウェア・アプリケーションであるコントローラーで行うSDN(Software-Defined Networking)や、専用ハードウェアが担ってきたネットワーク機能を仮想化するNFV(Network Functions Virtualization)といった技術は、データセンターの俊敏性や省...(2015/5/8 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
事業部門の効率性と生産性を促進するために、IT部門こそが核になるべき理由
 かつて多くの事業部門にとって“ITはブラックボックス”であり、導入や運用についてIT部門が一括して引き受けてきた。しかし現在では、事業部門自体が積極的にビジネスに有効なITツールを独自に導入する動きが広がっている。そうしたなか、組織全体でのIT活用を考え、効...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
大幅に強化された実力を確認、Windows Server 2012 R2のファイルサービス機能
 「Windows Server 2012 R2」はファイルサービス機能を大幅に強化している。企業にとって増え続けるデータを効率的に格納し、一元的に管理することは重要な課題だが、同時に悩みの種でもある。なぜなら、データ管理の効率化は重要だが、高機能のストレージソリューション...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

技術文書
8%の企業しか全容を把握していない企業のシャドーIT、解決のヒントは何か?
 従来、企業ネットワークはクライアント/サーバ型の分散コンピューティングに対して設計されており、クラウドサービスに対して、速さ、スケーラビリティ、対障害性のいずれにも対応できてはいない。サーバ仮想化により瞬時にサーバリソースが増強されても、ネットワーク...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
Office 365とActive Directory連携でかかる隠れたコスト、負担を軽減させる選択肢はあるか?
 「Office 365」のActive Directory連携コストの問題は、Active Directory Federation Services(AD FS)を利用したケースにおいて、多くのユーザーから指摘されている。AD FSは企業システム内のActive Directoryとクラウドサービス側のユーザー管理ディレクトリを連携さ...(2015/9/10 提供:サイバネットシステム株式会社)

Loading