TechTargetジャパン

技術文書
シンプロビジョニングを用いたストレージ戦略成功の秘策
 「シンプロビジョニング」とは、アプリケーションやサーバに割り当てられている実際の物理ストレージよりも大きく見える仮想ディスクドライブを作成することで、より多くの物理ストレージを使えるようにする手法だ。 このホワイトペーパーでは、シンプロビジョニングの...(2008/12/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
シンプロビジョニングの概念と移行手順を一から解説
 アプリケーションが仮想ディスクに書き込むと、ストレージアレイはより多くの物理ストレージを自動的に割り当てる。このプロセスは、アプリケーションとサーバにとって透過的である。これにより事前の予測割り当てではなく、実際のストレージ要求が物理ストレージの使用...(2008/9/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
クラウド活用の次のステップ「サービス自動化」を成功させる方法とは?
 クラウド活用において、まずインフラの最適化効果が実感されることは間違いない。しかしユーザー部門からの新たな要求や問い合わせに、手作業を含む煩雑な作業で対応していたとしたらどうだろうか。迅速なサービスは実現したものの、その状態を維持するためにさらに多く...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ストレージの無駄遣いを大幅に削減できる「シンプロビジョニング」を徹底解説
 シンプロビジョニング(EMCでは仮想プロビジョニングと呼んでいる)を利用すると、データ容量使用率の向上、ストレージ管理の合理化、アプリケーションダウンタイムの短縮が可能となり、ストレージに掛かるコストを削減できる。なぜか? 「EMC CLARiX CX4シリーズ」で...(2008/11/10 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
5つの質問に“Yes”と答えられるか? ハイブリッドクラウド管理の未来を占う
 クラウドを活用したハイブリッドIT環境が多くのメリットをもたらす一方、管理側には新たな課題が山積みとなっている。データの保存場所は多様化し、常に注意を払っていないと手の届かない場所で認知のできないものになるかもしれず、アプリケーションやデータの増加で問...(2020/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
AWSへのプロビジョニング作業を3割削減――クラウド基盤の運用を自動化するには
 プライベートクラウドやパブリッククラウドの導入が急速に進む一方で、クラウド特有の運用業務が現場の新たな負担となりつつある。そこで、クラウド基盤運用の自動化を目指す動きがさまざまな業界で始まっている。 例えば、ある教育関連会社では「Amazon Web Services...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2017/1/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
DNA塩基対の解析を高速化、ヒトゲノム研究の最前線を支える次世代インフラとは
 近年、医療分野において、疾病の診断や治療に役立つ発見が次々と生まれている背景には、ITテクノロジーの著しい進化がある。中でも期待される分野であるヒトゲノム解析では、膨大なデータに費用効率よく対処できる方法が確立されつつあり、その研究を後押ししている。 ...(2017/5/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
クラウド運用の属人化と作業ミスを防止――運用自動化はどう進めるべきか?
 運用管理にさまざまなツールや特有のノウハウが必要なプライベートクラウド。その運用業務は手作業中心になりがちで、属人化の進行や作業ミスの発生が問題となるケースも見られる。こうなってしまうと、ビジネス環境の変化にも迅速に対応できなくなる。 例えば、利用者...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

Webキャスト
VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用
 アイデアを迅速にビジネスとして立ち上げる「アイデアエコノミー時代」を迎えつつある今、ストレージの新潮流として注目されるのがハイパーコンバージドインフラだ。単にサーバ、ストレージ、ネットワークの各ハードウェアを1つの筐体に集約しただけでなく、高度な自動...(2017/3/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵
 次世代データセンターに求められているものとしては、サイロ化の解消、アプリケーションやワークロードのインフラ統合、全体自動管理などが挙げられる。これらがイノベーションを支え、競争力をもたらす鍵になると期待されている。 しかし単一の基盤を共有する環境では...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求め...(2017/6/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由
 新たなイノベーションや機会の創出によってビジネスの変革が目まぐるしく進む状況下で、企業が競争上の優位性を保ちつつビジネス目標を達成するためには、クラウドを活用しつつ、システムのスピードや効率、柔軟性を高めていく必要がある。 クラウド戦略の具体的なアプ...(2017/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
1日がかりの作業が30分に 南洋理工大学が構築したハイブリッドクラウドの実力
 若くて研究に力を入れているシンガポールの南洋理工大学(NTU)は人気急上昇中の大学だ。世界各地から学生が集まる同大学には、学部生と大学院生合わせて3800人が在籍している。NTUの研究者や学生は大規模コンピューティングプロジェクト用に、高性能のコンピューティン...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

講演資料
ITインフラのコストを最適化、データセンターに最適なハイブリッドITの条件
 データセンターは、従来型の汎用的インフラストラクチャから、プライベートクラウドやグローバルなパブリッククラウド、IoTなど、新しい利用モデルに移行していて、IT利用の適切な組み合せを再定義することが求められている。そこで注目されているのが、オンプレミスと...(2017/5/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
クラウドで使ってみたい「サーバレス」機能、AWSとAzureを比較
 主要なクラウドベンダーがこぞって提供しているサーバレスコンピューティング。サーバレスとは、システムが自動的にサービスをプロビジョニングし、各種のイベントに反応してジョブを実行できる仕組みだ。サーバレスでは、サーバリソースの使用を最小限に抑えることで利...(2017/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

レポート
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
 近年、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の導入が進む背景には、サービスとサポート、拡張性、仮想マシン(VM)のプロビジョニングに対する高い要求がある。特に、単一の障害がインフラ全体に及ぼす影響を考えたとき、冗長性と可用性に優れ、管理も手軽...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/10/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
システムパフォーマンスが34%向上、ストレージソリューション選びのポイントとは?
 ストレージシステムにおいては、ロードバランス、アプリケーション最適化、ディスクメンテナンスなどをアレイ側で自動で管理することが望ましい。迅速なプロビジョニングによりビジネス要件に対応するため、トラブル解決にかかる時間も少なくなり、投資回収期間を短縮す...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果
 米航空宇宙局(NASA)は、ハードウェアベースで運用していたデータセンターに柔軟性とコストの面で課題を抱えていた。そこで、従来環境で利用していた約65のアプリケーションをクラウドベースの環境に移行することを決断した。 しかし、移行スケジュールに余裕がなかっ...(2017/4/24 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ストレージの能力を見極め、サービス品質を保証する「6つの要件」
 次世代型IT環境とは、アプリケーションのパフォーマンスを最大化させ、安定的にサービスを提供できる環境のことを指す。その上で運用管理が適切に自動化され、障害予測が迅速に実行されることが望ましい。重要となるのが、ストレージの能力である。アプリケーションやワ...(2016/3/9 提供:SolidFire)

Loading