TechTargetジャパン

事例
ソフトバンクの3万人が使うVDIに欠かせない「ストレージの条件」
 大規模ストレージ基盤のサービスレベルの向上を実現する上で、オールフラッシュストレージが重要な選択肢として浮上するのは当然のことだ。数年前から国内最大級の仮想デスクトップ環境(VDI)を提供しているソフトバンクでも、ボトルネック解消策として、オールフラッ...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
Pepperに銀行で「まとも」に働いてもらう方法
 ソフトバンクモバイルが2014年に発表したロボットのPepperは、個人向けと合わせて企業での業務活用を試みている。Pepperを雇うためのコストは月額5万5000円のレンタル契約で済む。しかし、Pepperに「うちの会社で働いてもらう」ためには、それぞれの企業でPepperにやっ...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

製品資料
低コストで高度な標的型攻撃対策、クラウド型サンドボックスでどこまでできる?
 巧みな方法でユーザー自身にウイルスを実行させ、企業からさまざまな情報を盗み出そうとする「標的型攻撃」。同僚や取引先、顧客、公的機関などからのメールを偽装する手口が巧妙になっており、被害に気付かずにいるケースも少なくない。 企業側もエンドポイントのセキ...(2016/9/6 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

技術文書
スマホ向けサイトに求められるセキュリティ 拡がる無線LANのリスクと対策
 無線LAN は、一般家庭やオフィス環境のみならず、最近では駅、空港や飲食店などの公衆環境でも広く利用されている。また、スマートフォンやタブレット、ゲーム機器など手軽に無線LANを利用できるクライアント端末も普及して今後ますます利用場面が拡がっていくことが予...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
モバイル広告に通信キャリアのデータを活用、来店率が大幅に向上する理由とは?
 Web上の検索・閲覧履歴からユーザーの興味関心や属性を類推し、ターゲットを絞った広告配信を行う手法が広く利用されるようになった。しかし、Web上の行動は日常生活のごく一部にすぎず、そのターゲティング精度は決して高いとはいえない。 そこで、通信キャリアから得...(2016/8/29 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

講演資料
多様化・巧妙化するセキュリティ脅威に翻弄される担当者にお贈りする――「特権ID」入門
 標的型攻撃や内部不正による情報漏えい。企業のセキュリティ担当者は多様化・巧妙化するセキュリティ脅威を前に、何から対策をすればいいのか――。ここで注目したいのが、社内システムに幅広いアクセス権限を持つ「特権ID」だ。その特権IDを使えば、社内のさまざまなデ...(2016/8/4 提供:エンカレッジ・テクノロジ株式会社)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
どれくらい安くなる? セットでお得な「au でんき」の魅力を分析
 電気料金の新プランを検証するシリーズ――。2016年4月から始まった電力の小売全面自由化の中で注目されているのが、大手通信キャリアの参入だ。その中で、KDDIは電力事業「au でんき」をスタートさせている。 電力の小売全面自由化により多くの事業者が参入する中、au...(2016/7/19 提供:KDDI株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
いまさら聞けない「サービスロボット」基礎
 これまで、ロボット市場の中心的存在といえば「産業用ロボット」であった。しかし、ソフトバンクロボティクスが手掛ける人型ロボット「Pepper」に代表される「サービスロボット」の登場により、“人間のパートナー”としてのロボットの新たな可能性が示されようとしてい...(2016/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

技術文書
IBMが研究開発を進める超低消費電力“脳型デバイス”
 「ウェアラブルの進化を支える最先端技術」と題するセミナーに登壇した日本アイ・ビー・エム(日本IBM) 東京基礎研究所 サイエンス&テクノロジー部長の折井靖光氏。 同氏は、「ウェアラブル機器の鍵となるのは、どれだけ低消費電力のデバイスを作れるかだ」と述べ...(2016/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ソフトバンク3万人規模のVDI運用、ストレージI/O性能の解決はどうやったのか
 2010年ごろから社員の働き方の多様化に取り組んできたソフトバンクでは、その解決策として仮想デスクトップ環境(VDI)を導入した。しかし、事業拡大に伴うアプリケーション導入やセキュリティ対策などによりストレージの負荷は急速に上昇、ボトルネック解消が大きな課...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
日本の再生可能エネルギー導入状況 2015まとめ 関東・甲信越編 Part1
 関東の北部を形成する茨城・栃木・群馬の3県では軒並み太陽光発電の導入量が拡大している。いずれも東京電力の管内にあって、膨大な電力の需要を見込めるからだ。用途が見つからない広い土地にメガソーラーを建設することは、発電事業者と土地所有者の双方にメリットが...(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
ITエンジニア評価「GAIT」でスキルを数値化すると何が分かるのか
 クラウドを活用するに当たっては、それ自体の技術はもちろんのこと、仮想化やネットワーク、データベースやOS、アプリケーション、ストレージ、セキュリティなど関係する知識やスキルが必要になるケースは多い。構築経緯やユーザー企業のシステム要件を理解した上で広範...(2016/2/19 提供:日本サード・パーティ株式会社)

事例
大手通信サービス会社がコンテンツ配信基盤を刷新、その背景と効果を探る
 クラウドへの移行が進むにつれ、仮想技術の利用による効率的なITインフラの構築は、企業の事業運営において不可欠なものとなりつつある。一方、サーバ仮想化は進んだものの、ネットワークの仮想化はこれからだという企業は多い。 本ホワイトペーパーは、大手通信サービ...(2015/12/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
クラウドだけじゃない、高性能ITサービスを利用するなら別の選択肢
 クラウドが普及するにつれて、その利用は簡易なサービスや軽量なツールから、複雑なシステム連携や大量のITリソースを扱うものまで、さまざまに広がっている。製造や建築・建設、エンジニアリング、クリエイティブなどの業務においても、グラフィックス性能や演算能力に...(2015/12/28 提供:オリックス・レンテック株式会社)

製品資料
開発/検証環境にクラウドを活用する際の3つのポイント――実力も徹底検証
 企業のITインフラとして、パブリッククラウドは欠かせない。しかし、システム構築プロジェクトの「開発/検証環境」としてクラウドサービスを利用する場合、コストや技術的な制約から本番環境と同様の開発環境を用意することが難しいことも多い。 例えば、Oracle Datab...(2015/12/22 提供:日本オラクル株式会社)

事例
システム部門に頼らず業務部門が直接データ活用、さまざまな業種での実例紹介
 基幹システム内のデータを活用する上で問題となるのは、業務部門が欲しいデータを引き出すために、必要以上の時間がかかってしまうことだ。さらに別の切り口を加えようとすると、また一層の時間を要してしまう。こうした状況を作り出している原因は、基幹システム内のデ...(2015/10/16 提供:富士電機株式会社)

技術文書
Pepperを動かすロボットアプリを学ぶ
 人気記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は連載「Pepperで始めるロボットプログラミング」の第1回を掲載。 Pepperが面白いのは、サードパーティーのアプリケーションをインストールできるという、まるでスマー...(2015/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
スマホ時代の必須対策「常時SSL」に潜む隠れたコストと運用負荷。解決の切り札「SSL CDN」とは?
 Webサイトの常時SSL化については、GoogleがサイトランキングにおいてSSLサイトを優遇すると宣言しているように、マーケティングの観点からも導入が急がれる。常時SSL化は、非SSL通信(80ポート通信)を廃止し、SSL(443ポート通信)のみにするというものだ。米国ではSNS...(2015/7/14 提供:株式会社Jストリーム)

事例
日本の再生可能エネルギー導入状況まとめ 中国地方編
 再生可能エネルギーの固定価格買取制度が3年目を迎えて、全国各地で導入プロジェクトが広がっている。 地域の特性に合わせて太陽光・風力・小水力・地熱・バイオマスの中から最適なエネルギーを開発する動きが活発になってきた。 本コンテンツでは「中国地方編」とし...(2015/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう困らない、ファイルサーバのよくある課題を解決するオブジェクトストレージ利用法
 オブジェクトストレージは、個々のディスクにRAIDグループやLUNを作成し、その環境にファイルシステムを構築する従来のストレージと違い、ファイルというオブジェクトを直接書き込むという方法をとる。多くのクラウド事業者がこのオブジェクトストレージを利用してサー...(2015/6/1 提供:サイバー・ソリューション株式会社)

事例
バックアップ構成一本化への道、ソフトバンク・テクノロジーが掲げた「5条件」
 ITシステムのバックアップが部分最適化されていると、各システムのデータ保護環境が多様化し、運用業務の属人化が進んでいく。データの保存媒体や操作手順が多岐にわたり、作業が複雑化していくと、1人の担当者が不在になるだけで組織として対処ができないという状態に...(2015/5/29 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
事例:業務を止めず、約600万ファイル、3.5テラバイトのデータ移行に成功
 ソフトバンクグループ傘下のITサービスベンダー、ソフトバンク・テクノロジーは、会社の急成長に伴い社内で扱うデータも増え続けていた。そこで、オンプレミスのファイルサーバとストレージを、クラウド統合型のファイルサーバへリプレースすることが決定した。 約600...(2015/5/21 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
大手通販会社が選んだ「成果を出し続ける」メール配信システム
 ECサイトを運営する企業にとって、顧客へのメール配信は重要なマーケティング戦略の1つだ。多くのメール配信サービスから、より効果の高いサービスを選ぶポイントはどこにあるのか。成果を出すためのメルマガ配信を選ぶ3つのポイントを紹介する。・きめ細かいセグメント...(2015/1/30 提供:株式会社エイジア)

製品資料
思い通りのWebアンケートを作りたい――カギとなるのはシステム選び
 「今月中にプレゼントキャンペーンを実施したい」「ユーザーアンケートをスマートフォンで行いたい」など、Webアンケートを今すぐ実施したいが、HTMLの知識がない、というマーケティング担当者に朗報だ。 本資料では、HTMLの知識がなくても、簡単にアンケートが作成で...(2015/1/30 提供:株式会社エイジア)

技術文書
従来の手法ではなぜ見えない? 最新の標的型メール攻撃の傾向と対策法
 ファイアウォールやIPS、プロキシなどセキュリティ対策を導入しているにも関わらず、「見えない」標的型攻撃が増えている。従来のマルウェア検知の手法は、ファイルやパケットに書かれたマルウェアのプログラムコードがシグネチャとマッチするかをチェックするシグネチ...(2015/1/29 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

Loading