TechTargetジャパン

レポート
Android、ネットに接続するOSでWindows超え初のトップに──StatCounter調べ
 アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterは2017年4月3日(現地時間)、インターネットに接続するOSに関する調査で、Googleの「Android」が初めてMicrosoftの「Windows」を抜き、トップに立ったと発表した。 StatCounterが発表した世界でのOSシェア推移、世...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入ガイド――主要製品の特長と重要オプションを解説
 サーバやSAN、ストレージなどの統合基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットは、セットアップが簡単に行えることや、後から簡単にスケールアウトできることにある。また、搭載された高機能ストレージにより、さまざまなビジネスニーズに柔軟に対応...(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例
 Webマーケティングを取り巻く環境が多様化する中、その施策にどう取り組めばよいか分からないという企業は少なくない。そこで指針の1つとなるのが今回紹介する「Web広告費の最適化」「コンバージョンの最大化」「アトリビューション分析」「ユーザー軸の分析」の4領域だ...(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策
 大型ストレージを保有する企業にとって、正規メーカーの保守期間終了、いわゆるEOSL(End of Service Life)が大きな負担になっている。新規システムへ移行するまでのつなぎや、コスト削減のためのシステム延命という意味でも、どうしても延命保守サービスが必要になる...(2017/8/7 提供:株式会社エスエーティ)

製品資料
情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視サービスの実力は?
 情報漏えい事故をもたらすリスクは、外部からの侵入ばかりではない。従業員が故意あるいはミスでデータを流出させてしまうケースが依然として後を絶たない。社内においてはセキュリティの方針を従業員に徹底するとともに、IT資産管理をしっかりと行い、USBメモリなどの...(2017/8/23 提供:株式会社インターコム)

製品資料
情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール
 企業にとって情報漏えい対策は必須のテーマだ。従業員が業務中に私用でWebサイトへアクセスしたことから深刻なデータ流出につながるケースは多い。業務に関係のないWebアクセスについては、従業員側の意識改革が必要なのはもちろん、会社側にも徹底的なチェックが求めら...(2017/8/23 提供:株式会社インターコム)

比較資料
iTeachersカンファレンス 2017で紹介された主要アプリケーション一覧表
 教育機関がタブレットを活用する上で役立つのがアプリケーションだ。iOSやAndroidといった主要なタブレット向けOSには英単語学習や数学のドリル、コミュニケーションツールなど、教育活動に役立つアプリケーションが豊富にそろっている。 いち早く教育活動にITを活用し...(2017/6/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ネット集客実践ガイド:コストをかけずに効果を出せる5つのメソッド
 ネット市場が拡大を続けるなか、ネット集客の重要性は年々大きくなっている。実際、Webサイトを見て意思決定をする消費者は非常に多く、経済産業省が行った調査でも、回答者の過半数が「商品サービス選択時に信頼できる情報源」として企業公式サイトを挙げている。 し...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
Web事業を成長させる、データドリブンな「高速PDCA」の実現方法
 これまでのWebサイト運用では、長期間にわたって効果を測定し、大掛かりなリニューアルで課題を解決する手法が取られてきたが、近年は短期間で検証と改善を繰り返す「高速PDCA」が主流になりつつある。 高速PDCAをうまく回すには、データドリブンであることが成功の鍵...(2017/3/27 提供:株式会社UNCOVER TRUTH)

製品資料
リスティング広告に頼らない、中小企業もすぐできるネット集客
 知識やリソース、環境がないことで、ネット集客を効率的に実践できずにいる企業は、中小企業を中心に多く見られる。また、その実践においても、デザインの美しさやSEOのテクニックにこだわりすぎて失敗するケースも少なくない。 しかし、実際のネット集客では、必要十...(2017/5/24 提供:株式会社ベーシック)

レポート
デジタルマーケティングがうまくいかない理由は? ビジネスとICTの課題を解説
 多くの分野でICT活用が進む中、意外にも遅れている分野がマーケティングだ。多くの企業で、顧客情報を各部門でバラバラに保有する個別最適に陥っており、リアルタイムに顧客の状況を把握する仕組みも整備できていないなど、ビジネス・ICTの両面で課題が見られる。 その...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか
 セキュリティ対策として基本となるIDS/IPS。だたし課題として、ネットワークの監視範囲が広く、過剰検出やログ解析などの工数が多いこともあって、運用負荷が高くなりがちではある。そのため現状は未導入となっている企業は驚くほど多い。 しかしIDS/IPSが導入されて...(2017/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎から速習する「SSL導入実践ガイド」――常時SSL時代に乗り遅れないために
 Webサイトの運営者でもそれが何かを説明できないことが多い「SSL」(Secure Socket Layer)。Web運営には欠かせないため、実際に導入を提案する際には、SSLが具体的にどのように役立つのかを分かりやすく説明できるノウハウも必要となる。 説明上手になるためには、ま...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
問い合わせ対応で新規顧客創出、「チャット」だと潜在層に接触できるのはなぜ?
 顧客獲得の面でも重要な企業活動である「問い合わせ対応」。従来のような電話やメールによる対応は、製品の比較検討段階にいるような顕在層のユーザーを取り込めても、購買プロセスの初期段階にいる潜在層のユーザーに効果的にアプローチできないという問題があった。 ...(2017/3/13 提供:株式会社ラクス)

製品資料
ハイパーコンバージド導入のベストプラン――バックアップまで最適化するには?
 仮想化環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、SANスイッチが1つの筺体にコンパクトにまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。導入を支援するサービスも登場し、さまざまなベンダーの製品の中から自社に合ったものを最適な形で導入できるようになった。 その...(2017/2/28 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める?
 企業のWebサイトは単なる情報発信の「場所」ではなく、マーケティングの重要な「チャネル」であることは言うまでもない。だが実際に有効活用できている企業は、どれほどあるだろうか。分析ツールやWebサイトを活用していても、部門や商材、サイトごとに縦割りで施策を展...(2017/2/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/2/14 提供:日本電気株式会社)

比較資料
Nutanix vs. EVO-RAIL――ハイパーコンバージド主要2製品比較
 仮想化の利用拡大とともに注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その代表的な2製品を対象に「導入実績」「ユーザー要件に合わせた構成の自由度」「スケールアウト力」「パフォーマンス維持力」など機能の比較調査を行った。 HCIで特に重要となるのが、高い...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

事例
製造ラインを「丸ごと自動化」した富士通周辺機、工場の「生産性2倍」を実現
製造業各社にとって、コストを抑えながら生産の柔軟性やスピードを高めることは最重要の経営課題だ。そのカギを握る重要技術の一つが「自動化」である。ただ、これまで自動化に取り組んできた企業の多くは、工程をまたいだ生産性向上や仕様変更への柔軟な対応という点で大...(2017/1/26 提供:富士通株式会社)

事例
エネルギー企業のAWS環境に「セキュリティ」と「見える化」をどう実装するか
EnerNOC は、ボストンに拠点を置くソフトウェアメーカーで、配電網エネルギーの多くの顧客に加え、世界中の顧客も対象にしたエネルギーインテリジェンスソフトウェアを提供している。EnerNOC は、Amazon ウェブサービス(AWS)上で完全にシステムを構成していることから...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

製品資料
集客と商談の増加を促す「問い合わせを生むWebサイト」とは?
 Webサイトは、B2CとB2Bのどちらのスタイルであっても、新規顧客の獲得に役立つものでなくてはならない。そのためには「集客」「リード獲得」「リード育成」の3つのステップでの施策を効率的に実施することが必要だ。しかし、Webサイト運営をギリギリの予算と人員で行っ...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

製品資料
顧客に読まれる製品・サービス資料の作り方――既存コンテンツも丸ごと活用
 現在の多様化が進んだ市場では、自社の製品やサービスを素早く、効果的に顧客に伝えることがビジネス成功の鍵となる。そのため、電子カタログなどの活用が進んでいるが、十分なノウハウがないことから、自社サイトでPDF資料を配布する程度にとどまる企業も多い。 しか...(2016/10/11 提供:株式会社電算)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
小売・流通専門家に聞く:オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
 海外の小売業では数年前からオムニチャネルを推進する動きが活発となり、あらゆる購買チャネルをシームレスにする「シームレスリテーリング」という言葉も登場した。そして、遅れて日本でも企業での取り組みが本格化し始めている。もちろん、これまでも小売業のECサービ...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
Webサイトの隠された問題点とは? 無言で離脱したユーザーの不満を知る方法
 Webサイトでサービスや製品を販売している企業とそれを利用するユーザーの間には、ユーザー体験に関する認識で大きなズレが起きている。多くの企業が自分たちはユーザーの求めていることを認識し、望む体験をおおむね提供できていると考えているが、ユーザーは企業が思...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo! JAPANも実装する常時SSL化、新時代の「SSLサーバ証明書」の選び方
 これまでSSLによる暗号化は、1つのWebサイトの中でも個人情報を取得するフォームだけに使われてきたが、近年はこの考え方が変化している。個人情報取得の有無にかかわらず、Webサイトの全ページを常時SSL化する企業や組織が増えてきているのだ。 インターネットにおけ...(2016/9/12 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading