TechTargetジャパン

Webキャスト
CVRを3.5%以上向上させた「顧客体験を可視化する」アクセス解析ツールとは?
 商品購入や資料請求といったWebサイト上の成果を示すコンバージョン率(Conversion Rate 以下、CVR)は、B2Cサイトで平均3〜4%、B2Bサイトでも平均10%程度といわれている。多くの企業がアクセス解析ツールを導入し、定量的なデータを保有している一方で、Webサイト来...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎から速習する「SSL導入実践ガイド」――常時SSL時代に乗り遅れないために
 Webサイトの運営者でもそれが何かを説明できないことが多い「SSL」(Secure Socket Layer)。Web運営には欠かせないため、実際に導入を提案する際には、SSLが具体的にどのように役立つのかを分かりやすく説明できるノウハウも必要となる。 説明上手になるためには、ま...(2016/7/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

その他
【ケーススタディで学ぶ】製造業のためのWebマーケティング入門
 製造業ではいま新しいマーケットが形成され、新たなターゲットとなりうる顧客層が生まれつつあります。そうしたなかで、あなたの会社の営業・マーケティング体制は、まだ「引き合い依存」のままになってはいないでしょうか? 製造業における「Webマーケティングの重要...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ITサービスの運用監視、賢く専門監視サービスを使う価値
 ITサービスの課題として、ユーザー視点でのサービス中断(サイレント障害)が検知できない、ユーザー体験度を把握できない、サービス品質を定量で量れない、といった問題がある。しかし、その対策においては、監視コストや保守工数の制約がある。 そこで、専門のIT監視...(2016/6/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
マルチベンダー環境の保守コストを抑える秘訣――EOSL延長で継続利用するために
 複数ベンダーによるITシステムでは、機器ごとに保守サービスを受けるため、一部の機器の保守契約終了が全体的な保守コストを押し上げてしまうこともある。契約終了後に保守継続を断られたり、高額な保守費用を請求されたりして、保守契約なしのスポット修理で運用を続け...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
Webマーケティング「どうすればいいのか分からない」その原因と次にやるべきこと
 Webマーケティングを行うに当たっては、検索エンジンやSNS対策に始まり、ランディングページや入力フォームの改善、見込み客と既存顧客のデータベース化、メールマガジン作成など、さまざまな施策が欠かせない。目的となる売り上げを着実に増やすには、こうした施策をバ...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

製品資料
ゼロから始めて、1人でできる、効果が出るコンテンツマーケティングの実践方法
 Webマーケティングに継続して取り組めない、効果も明確にならない、その理由は幾つかある。まず「何をしたいのか」という戦略策定が甘いままのプロジェクトスタートだ。広告出稿、SEO、既存Webページ流入などの定番施策が一巡すると、次の手が思い浮かばず頓挫してしま...(2016/3/25 提供:株式会社ベーシック)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析をわずか「11秒」で完了
 飲食店情報サービスのぐるなびでは、月間8億9000万PVというWebサイトのアクセスログから読み取れるユーザーの閲覧状況や、基幹系データなどと組み合わせた分析結果をコンテンツ担当者や営業推進担当者へタイムリーに提供し、事業の競争力向上を図っている。 それを支え...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
Webサイトの問題点を見過ごしていないか? 自動ツールとプロの手による診断の違い
 自動診断ツールによるWebサイトやアプリケーションの脆弱性診断は、サイト構成や画面遷移の条件によって全ての脆弱性を検出できないケースもあり、セキュリティ上の問題点が残ってしまう。つまり、ツールだけのチェックではセキュリティリスクを無くすことができない。(2016/3/29 提供:株式会社ラック)

技術文書
実は簡単、Webサイト常時SSL化のために必ず知っておくべきこと
 Webサイトの全ページをHTTPS化する「常時SSL」が、大きなトレンドとなっている。従来、個人情報を入力するフォームやログインページなどをSSL化するWebサイトは多かったが、巧妙化するサイバー攻撃への対策や、モバイル化の進展に伴い急増している公衆Wi-Fiなどからの通...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Google検索結果の上位を狙うためにどうやって安全性と信頼性を高めるのか?
 検索エンジンGoogleが世界中から支持されているのは、「最高のユーザーエクスペリエンスを提供しよう」という同社の姿勢の表れといえる。最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、今日においては「安全なエクスペリエンス」が避けて通れない。つまり、全ての...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
終わりのないセキュリティ対策をアウトソースすべき「5つの理由」
 1分間に発生するマルウェアが307件を超えるといわれる中、6割以上の組織ではそうしたサイバー攻撃の発見までに数週間かかっているという調査結果もある。セキュリティ対策の重要性が増す一方で、自社でセキュリティ機器を購入・運用した場合には、機器の初期設定や障害...(2016/3/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
セキュリティ対策の盲点 業務の流れに潜む課題を洗い出す
 2016年より本格運用が始まったマイナンバー制度では、特定個人情報の取り扱い手順や安全管理策の整備、運用が求められる。一方、重要情報を標的にしたサイバー攻撃は進化しており、既存のセキュリティ対策では限界もある。 例えば、個人番号取得の際の「メモ」の管理手...(2016/3/11 提供:デル・ソフトウェア株式会社)

製品資料
スマホアプリのユーザー体験が企業イメージに直結、アプリ品質向上の秘訣
 スマホアプリに対して61%のユーザーは4秒以内に起動することを求めている。バッテリー消費の激しいアプリに対しては36%の人が使用を中止してしまう。53%は応答なし、またはクラッシュが起きたらそのアプリを削除してしまう。このように低品質なスマホアプリは一瞬で...(2016/1/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想マシン間の複雑なトラフィックに紛れ込んだサイバー脅威の正しい見つけ出し方
 サイバー攻撃をシステムの入口で防ぐと同時に、巧妙に侵入された場合でも被害を最小限にする内部セキュリティ対策を講じることは、高度化する脅威からシステムを守る上で重要なポイントだ。しかし複雑化かつ多様化する仮想環境においては、ハイパーバイザー内のトラフィ...(2016/1/18 提供:ノックス株式会社)

製品資料
「SIEMは単なるログ収集ツールではない」 次世代SIEMの実力とは?
 ログ収集から一歩進んだSIEM(Security Information and Event Management)は、特定のイベントの発生をアラートで通知し、イベントの相関レポートを作成する、監視とレポート作成支援のツールである。最近ではセキュリティイベントに加え、ネットワークトラフィックの...(2015/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
「セキュリティ強化」と「利便性」、両立させる対策のススメ
 企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない中、対応が後手に回るケースが多い。意思決定プロセスの不備、専門家の不在、情報収集能力不足などが原因だ。これら全てに対して、社内リソースだけで賄おうとしても実現が難しいことも多い。そこで、外部サービスを活用するとい...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
30時間を3時間に短縮、光華女子学園が見直したバックアップ体制の秘訣とは?
 幼稚園から大学・大学院までを擁する京都の総合教育機関の光華女子学園。教育現場では、学生自ら主体的に考える力を身につけるアクティブラーニングなど、最新の教育手法を取り入れ学園改革を進めている。 その一方で、オンデマンドで学習できるeラーニングの推進や...(2015/10/30 提供:Arcserve Japan合同会社)

製品資料
「SIEMは単なるログ収集ツールではない」 次世代SIEMの実力とは?
 ログ収集から一歩進んだSIEM(Security Information and Event Management)は、特定のイベントの発生をアラートで通知し、イベントの相関レポートを作成する、監視とレポート作成支援のツールである。最近ではセキュリティイベントに加え、ネットワークトラフィックの...(2015/7/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
セキュリティ対策に終わりなし、標的型攻撃の検知に必要な4つの機能とは?
 企業のウイルス対策ではさまざまな対策が採られてきたが、決定打はまだない。最新のマルウェアではネットワークの防御をすり抜けるため、暗号化された通信チャネル、カーネルレベルのルートキット、巧妙な回路回避など、攻撃者は高度な技術を使用している。また、ゼロデ...(2015/7/21 提供:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

その他
グローバル製造業が制作・管理すべきテクニカル製品コンテンツとは
 デジタルの時代、ユーザーがモバイルでセルフサービスサポートを利用して、製品情報やマニュアルを検索することは当たり前となった。ユーザーが利用しやすい情報提供、つまりマニュアルの「ユーザー体験」は、その後のリピート購買にも大きく影響することをご存知だろう...(2015/7/13 提供:SDLジャパン株式会社)

レポート
内部不正やサイバー攻撃から情報を守る、「パケットキャプチャー型アクセスログ生成」とは
 IPAセキュリティセンターによると、『情報セキュリティ10大脅威 2015』のトップ3のうち2つがファイルサーバに関するものであった。内部不正による情報漏えいでは、サーバ管理者など特権者によるリスクが顕在化。また標的型攻撃による諜報活動の手口が高度化し、完全に侵...(2015/6/1 提供:株式会社ギガ)

製品資料
顧客情報とWebアクセスログを基に購入者を予測分析。コストを抑え短期間で見込み客を発掘するポイント
 本書は、これからデータ活用を始めようとしている方や、既に活用し始めてさまざまな問題に直面している方々を対象に書かれたebookです。ビッグデータを活用するために重要なことや、具体的な分析例による活用シーンを通して、ビッグデータをビジネスに活用するためには...(2015/6/24 提供:株式会社AIT)

事例
【事例】30時間が3時間に、増え続けるバックアップデータの処理時間をいかに短くできるか
 業務で動画データなどを使うことが増えると、サーバのデータ量はあっという間にテラバイトに達する。「毎年1テラバイトずつ増加する」といった事態も珍しくないのだ。そして、IT管理者にとってバックアップ作業は、他の重要業務もある中でそれほど時間や労力をかけられ...(2015/5/13 提供:Arcserve Japan合同会社)

レポート
IT部門のための「デジタルマーケティング」事始め
 近年、デジタルマーケティングへの取り組みは、Webでビジネスを営む企業のみならず、あらゆる企業のマーケターにとって主要な関心事になりつつある。Amazon,comからUberまで、続々と台頭するデジタル新興企業に対抗するためにも、マーケティング部門と顧客窓口、そしてI...(2015/4/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ロボットにもモデルベースデザインのチカラを - MATLAB/Simulinkによるロボット開発
MATLABのR2015aでは「Robotics System Toolbox」が追加され、モデルベースデザインの環境がロボット開発にも適用できるようになった。Robotics System Toolbox により、ROSとMATLAB/Simulink が通信を行えるようにするためのI/Oインタフェースが提供され、MALTAB/Simulink...(2015/4/27 提供:MathWorks Japan)

レポート
なぜ従来のCRMでは「顧客に期待以上の特別な経験」を提供できないのか?
 従来のCRMシステムは、顧客に情報を伝達する手段やチャネル、その情報を管理するための組織やプロセス、技術について部門間で連携を取っていないために、一貫性のない体験を顧客に提供していた。「店舗で商品を見る」「Webサイトで情報を閲覧する」「コンタクトセンター...(2015/4/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
顧客の心理から考えるロイヤルカスタマー(顕在顧客編)
 日本は個人情報保護が世界で最も厳しい国であるため、リードを獲得するコストは高いです。 さまざまな技術によって獲得単価が安くなってきましたが、顧客母数は増えても受注が伸び悩む企業も多いです。 また、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を最大化するため...(2015/4/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析を11秒にした統合型DWH
 ビッグデータ時代の到来で、DWHにはこれまで以上に高パフォーマンスと簡易性、低コストが求められている。本資料では、DWHシステム構築に統合型製品を選んだ6社の事例を紹介している。 飲食店情報を提供するぐるなびは、月間8億9000万PVのWebアクセスログ解析などに統...(2015/2/2 提供:日本電気株式会社)

Loading