2010年03月12日 09時00分 公開
ニュース

富士通、開発アプリをSaaS化できるフレームワーク「INTARFRM」を発売NEWS

富士通はJavaEE、.NET Framework上で動作するアプリケーションフレームワークを発表した。Java、Visual C#、Visual Basicなどの言語に対応するほか、RIAもサポート。

[TechTargetジャパン]

 富士通は3月11日、Java、Visual C#、Visual Basicなどの言語に対応したアプリケーションフレームワーク「INTARFRM(インターファーム)」を4月1日に発売すると発表した。

 INTARFRMは、設計支援機能、開発支援機能、実行機能、保守支援機能などを有するソフトウェア・ドキュメントで構成された製品。Java EE、.NET Framework上で動作し、ITシステム構築・保守の開発量の削減や標準化を支援する。同社独自の要件定義手法やリポジトリを利用した設計支援機能、マルチテナント用部品を提供することで開発アプリケーションのSaaS(Software as a Service)化が容易な点などが特徴。

画像 INTARFRMの概要クリックで拡大表示

 開発時には、設計情報からソースコードやテスト仕様書を自動生成でき、ソフトウェアの品質向上・テストの効率化を支援。また、要件変更時や設計変更時、保守・改修時には、ソフトウェアの影響個所を判別し、品質の向上・影響調査の効率化に貢献する。

 運用形態は、オンプレミスのソフトウェア提供とSaaS化したサービス提供の2種類から選択できる。SOA(Service Oriented Architecture)の適用により、他システムおよび同社や他ベンダーのクラウド環境上で動作することも可能だという。

 ソフトウェアの価格はINTARFRM Design Facility(Base)が10万円、INTARFRM Development Facility(Web Application)が10万円、INTARFRM Runtime(Web Application)が30万円など。

 同社では今後、Java、Visual C#、Visual Basic以外の言語を使用した設計支援機能・開発支援機能および実行機能、RIA(Ajax、Javaアプレット)の利用機能、要件定義からの設計支援機能、保守支援機能を順次提供する予定だとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...