2010年03月12日 09時00分 公開
ニュース

富士通、開発アプリをSaaS化できるフレームワーク「INTARFRM」を発売NEWS

富士通はJavaEE、.NET Framework上で動作するアプリケーションフレームワークを発表した。Java、Visual C#、Visual Basicなどの言語に対応するほか、RIAもサポート。

[TechTargetジャパン]

 富士通は3月11日、Java、Visual C#、Visual Basicなどの言語に対応したアプリケーションフレームワーク「INTARFRM(インターファーム)」を4月1日に発売すると発表した。

 INTARFRMは、設計支援機能、開発支援機能、実行機能、保守支援機能などを有するソフトウェア・ドキュメントで構成された製品。Java EE、.NET Framework上で動作し、ITシステム構築・保守の開発量の削減や標準化を支援する。同社独自の要件定義手法やリポジトリを利用した設計支援機能、マルチテナント用部品を提供することで開発アプリケーションのSaaS(Software as a Service)化が容易な点などが特徴。

画像 INTARFRMの概要クリックで拡大表示

 開発時には、設計情報からソースコードやテスト仕様書を自動生成でき、ソフトウェアの品質向上・テストの効率化を支援。また、要件変更時や設計変更時、保守・改修時には、ソフトウェアの影響個所を判別し、品質の向上・影響調査の効率化に貢献する。

 運用形態は、オンプレミスのソフトウェア提供とSaaS化したサービス提供の2種類から選択できる。SOA(Service Oriented Architecture)の適用により、他システムおよび同社や他ベンダーのクラウド環境上で動作することも可能だという。

 ソフトウェアの価格はINTARFRM Design Facility(Base)が10万円、INTARFRM Development Facility(Web Application)が10万円、INTARFRM Runtime(Web Application)が30万円など。

 同社では今後、Java、Visual C#、Visual Basic以外の言語を使用した設計支援機能・開発支援機能および実行機能、RIA(Ajax、Javaアプレット)の利用機能、要件定義からの設計支援機能、保守支援機能を順次提供する予定だとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...