2014年01月08日 08時00分 公開
特集/連載

IT予算の振り分けが示す「時代遅れの技術、これからの技術」ITプロ4100人に調査

米TechTargetは、企業のIT投資動向を読み解くために、4100人のITプロに調査を実施した。回答者の65%は、2014年に予算が増えるとの見通しを示している。具体的にはどのようなIT支出が増えるかを分析した。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 どの技術が時代遅れになりつつあるか、そして2014年にITの取り組みをどの分野で強化すべきかを把握することは、会社の収益を左右する決め手になる可能性がある。

 しかし、めまぐるしく変化し続けるITの世界を渡っていくことは、一筋縄ではいかず、ビジネス上の不確定要素にもなる。米TechTargetは、企業におけるITの優先事項を理解するとともに、2014年に起ころうとしている変化を読み取るため、4100人超のITプロフェッショナルに対する調査を行った。この調査で分かったことを報告しよう。

2014年のIT目標

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...