古いサーバをお金に換える売却先3選購入時にはサポートや保証面に注意

平均5年といわれるIT製品のライフサイクル。元を取るには、不要になった中古製品の売却も有効な選択肢となる。一方、中古製品の購入時にはサポート面や保障面での注意が必要だ。

2014年12月01日 15時00分 公開
[Meredith Courtemanche,TechTarget]

 IT機器のリフレッシュにはコストと時間がかかるのが一般的だ。一方、ITライフサイクルで骨が折れるステップを簡単にするだけでなく、多少の利益を生み出すかもしれない方法もある。

 データセンターのハードウェアの存在意義はアプリケーションを稼働させることにある。ハードウェアのコモディティ化に加え、仮想化やクラウドの導入が進む今、製品ライフサイクル内でIT担当者ができることも増えている。

 ITライフサイクルの平均期間は約5年だ。だが同じハードウェアで5年以上運用されているアプリケーションもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。