2014年12月01日 15時00分 UPDATE
特集/連載

購入時にはサポートや保証面に注意古いサーバをお金に換える売却先3選

平均5年といわれるIT製品のライフサイクル。元を取るには、不要になった中古製品の売却も有効な選択肢となる。一方、中古製品の購入時にはサポート面や保障面での注意が必要だ。

[Meredith Courtemanche,TechTarget]
tt_tt_LifeCycle_01.jpg

 IT機器のリフレッシュにはコストと時間がかかるのが一般的だ。一方、ITライフサイクルで骨が折れるステップを簡単にするだけでなく、多少の利益を生み出すかもしれない方法もある。

 データセンターのハードウェアの存在意義はアプリケーションを稼働させることにある。ハードウェアのコモディティ化に加え、仮想化やクラウドの導入が進む今、製品ライフサイクル内でIT担当者ができることも増えている。

 ITライフサイクルの平均期間は約5年だ。だが同じハードウェアで5年以上運用されているアプリケーションもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。