導入して分かる、レイヤー4-7オーケストレーションの思わぬありがたみSDNをレイヤー4-7に【後編】

Software Defined Data Centerのプロビジョニングとライフサイクル管理自動化のため、レイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールの必要性が高まっている。だが、メリットはそれだけに止まらない。

2015年05月27日 16時30分 公開
[Jessica ScarpatiTechTarget]
Vmwareのネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」の全体像《クリックで拡大》

 前編「大手ベンダーも注目、ネットワークオーケストレーションとは何か」に引き続き、レイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールについて考えてみたい。

 英Forrester Researchのプリンシパルアナリスト、アンドリュー・カインドネス氏は、データセンター周囲のレイヤー4-7オーケストレーションに注目が集まる一方で、最も恩恵を受ける可能性があるのはワイドエリアネットワーク(WAN)であると指摘する。

レイヤー4-7オーケストレーションへの期待はさらに膨らむ

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...