2015年05月29日 12時00分 公開
特集/連載

PCゲーム「Doom」が勝手にインストール? 急がれる“無線プリンタ”のセキュリティ対策無視できない危険な実態

多くの従業員が日常業務で使用するプリンタ。セキュリティ対策が不十分だったり、全く対策が施されていないと有害な事象を引き起こす温床となる恐れがある。

[Vince Font,TechTarget]
photo 1人のハッカーが簡単に企業のプリンタに侵入できる現実《クリックで拡大》

 企業が利用できるセキュリティ対策は増えている。にもかかわらず、企業はかつてないほどたやすく悲惨な情報漏えいの被害者となっている。モバイルデバイスと無線接続の普及によって、大企業の評判と業務を脅かすセキュリティリスクは急激に増加している。ネットワークの脆弱性を補強する手段を講じている企業もあるが、そのような対策を施していない企業は多い。そして、ネットワークセキュリティを強化している企業でさえ、気付かぬうちに見過ごしているものがある。それは、現代の企業セキュリティにおいて最大のセキュリティホールの1つともいわれているプリンタだ。

セキュリティ対策が不十分なプリンタが企業にもたらす影響

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...