2015年08月14日 12時00分 公開
特集/連載

進化するメールアプリ、Googleとマイクロソフトが目指す受信ボックスゼロの未来特選プレミアムコンテンツガイド

毎日届く、何百通ものメール。そのメールを全て処理するのは容易ではない。だが、メールアプリケーションも日々進化している。大量のメールを効率良くさばくツールを紹介する。

[TechTargetジャパン]
進化するメールアプリ、Googleとマイクロソフトが目指す受信ボックスゼロの未来

 受信箱を空にする“インボックスゼロ”という考え方をご存じだろうか。これを実践するための電子メールアプリは山ほどある。だが、毎日届く、何百通ものメールを全て処理するのは決して容易ではない。今までも、「Mailbox」「EvoMail」「Mail Ninja」をはじめ、さまざまな選択肢が存在してきたが、期待通りの効果を発揮したものはほとんどない。

 米Googleと米Microsoftも、メール処理の効率化に関しては苦戦を続けてきた企業だ。この2社が、インボックスゼロを実現するために、大量のメールを効率よくさばくツールを新たに発表した。このツールを使うことで日々のメール処理が楽になるかもしれない。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料で、2つのツールの詳細について紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...