2015年08月14日 12時00分 公開
特集/連載

進化するメールアプリ、Googleとマイクロソフトが目指す受信ボックスゼロの未来特選プレミアムコンテンツガイド

毎日届く、何百通ものメール。そのメールを全て処理するのは容易ではない。だが、メールアプリケーションも日々進化している。大量のメールを効率良くさばくツールを紹介する。

[TechTargetジャパン]
進化するメールアプリ、Googleとマイクロソフトが目指す受信ボックスゼロの未来

 受信箱を空にする“インボックスゼロ”という考え方をご存じだろうか。これを実践するための電子メールアプリは山ほどある。だが、毎日届く、何百通ものメールを全て処理するのは決して容易ではない。今までも、「Mailbox」「EvoMail」「Mail Ninja」をはじめ、さまざまな選択肢が存在してきたが、期待通りの効果を発揮したものはほとんどない。

 米Googleと米Microsoftも、メール処理の効率化に関しては苦戦を続けてきた企業だ。この2社が、インボックスゼロを実現するために、大量のメールを効率よくさばくツールを新たに発表した。このツールを使うことで日々のメール処理が楽になるかもしれない。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料で、2つのツールの詳細について紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。