ヤフー、楽天、Samsungなど、OpenStackを使いこなすユーザー企業たち特選プレミアムコンテンツガイド

オープンソースのクラウド管理プラットフォーム「OpenStack」でプライベートクラウドを構築する企業が増えている。サイバーエージェント、ヤフー、楽天、Samsungといったメジャー企業の事例を紹介する。

2015年09月11日 12時00分 公開
[ITmedia]
ヤフー、楽天、Samsungなど、OpenStackを使いこなすユーザー企業たち

 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、大規模なシステムを抱えるエンタープライズ分野でも利用が進む「OpneStack」。数千、数万台の仮想サーバを含むシステムインフラを支える技術がオープンソースで使えるとあって、プライベートクラウドを検討する企業には有力な選択肢として注目されている。

 本コンテンツでは、日本のWebサービスをリードする企業3社(サイバーエージェント、ヤフー、楽天)の他、メディア大手の米Bloomberg、アジア最大級の情報通信技術プロバイダーの韓国Samsung SDSなど、有名企業のOpenStack導入事例を紹介する。構築・運用におけるさまざまな苦労、利用検討に至るまでのプロセス、導入効果などをリポートする。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。