2015年11月11日 12時00分 公開
特集/連載

意外に知られていない仮想サーバと“相思相愛”なストレージ3種ハイパーコンバージド、ストレージ仮想化など新旧技術が競演(2/2 ページ)

[Brien Posey,TechTarget]
前のページへ 1|2       

オプション3:クラウドストレージ

 クラウドストレージも仮想サーバで適切に機能する。だが、現在の帯域幅に制限があると、オンプレミスで仮想マシンを実行中に、全ての仮想HDDをクラウドストレージに移行するのは不可能になることが多い。それでも、クラウドストレージには存在意義がある。

 少し前まで、クラウドベンダーは全力でプッシュ戦略を遂行して、全てのユーザーのリソースをクラウドに移行しようとしていた。だが、今日では、多くのベンダーが、ローカルのデータセンターで使用するのに適した仮想マシンもあれば、クラウドでの使用に適した仮想マシンもあるという考えを受け入れている。このように、クラウドはローカルのデータセンターの拡張として扱われる場合も多い。Microsoftの「Microsoft Azure」や米Amazonの「Amazon Web Services」などのサービスによって、管理者はクラウドで仮想マシンを実行するだけでなく、クラウドストレージを設定し、さまざまな目的で使用できるようになっている。

 クラウドストレージは多目的に使用できるストレージではないかもしれないが、有用だ。例えば、一時的にワークロードを増加する必要がある場合、企業はクラウド仮想マシンを作成して、ローカルで実行中のワークロードを補完できる。同様に、アーカイブデータをクラウドストレージに移行して、ローカルストレージの容量を解放することもできる。

 結局のところ、全ての使用方法に適した仮想マシンのストレージタイプというものは存在しない。とはいうものの、最近のハイパーバイザーは各種ストレージタイプに対応している。そのため、管理者は必要に応じて最適なサーバ仮想化のストレージタイプを選択することができる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...