30分までのダウンタイムが許せるなら「リカバリーインプレース」はいい選択肢か?リストアを待たずに仮想マシンのデータを使える

新たなデータ保護手法の1つに「リカバリーインプレース」(インスタントリカバリ)という高速リカバリ技術がある。この手法は有用だが、多少の事前計画が必要になる点に留意したい。

2016年05月18日 15時00分 公開
[George CrumpTechTarget]
イメージ

 「リカバリーインプレース」とは、ストレージシステムの障害から復旧する方法を根本的に変える新たなデータ保護手法だ。バックアップソフトウェアの機能であるリカバリーインプレースを使用すると、アプリケーションはバックアップストレージデバイスから直接データにアクセスできる。そのため、問題のあるストレージデバイスを置き換えて、ネットワーク全体のデータを復旧するのに必要な時間を短縮することができる。

リカバリーインプレースとは

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...