2016年05月18日 15時00分 公開
特集/連載

30分までのダウンタイムが許せるなら「リカバリーインプレース」はいい選択肢か?リストアを待たずに仮想マシンのデータを使える

新たなデータ保護手法の1つに「リカバリーインプレース」(インスタントリカバリ)という高速リカバリ技術がある。この手法は有用だが、多少の事前計画が必要になる点に留意したい。

[George Crump,TechTarget]
イメージ

 「リカバリーインプレース」とは、ストレージシステムの障害から復旧する方法を根本的に変える新たなデータ保護手法だ。バックアップソフトウェアの機能であるリカバリーインプレースを使用すると、アプリケーションはバックアップストレージデバイスから直接データにアクセスできる。そのため、問題のあるストレージデバイスを置き換えて、ネットワーク全体のデータを復旧するのに必要な時間を短縮することができる。

リカバリーインプレースとは

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...