2016年09月09日 12時00分 公開
特集/連載

Windowsをクラウドでホストして利用――「DaaS」導入が流行る理由と失敗する理由一度に多くのことをやろうとするとダメ(1/2 ページ)

DaaSは、管理が簡易になるなどのメリットがあるが、どんな状況にも合うわけではない。例えば、DaaSプロジェクトとOSの移行を一挙に進めようとすると、間違いなく失敗する。

[Gabe Knuth,TechTarget]
画像 DaaSプロジェクトの失敗をどう避けるか

 2016年に開催されたいろいろなカンファレンスに参加してきて気付いたのは、DaaS(Desktop as a Service)への関心が高まっているということだ。

 仮想デスクトップがクラウドでホストされるDaaSの導入に踏み切った企業はそれほど多くないが、人々はこのサービスを利用する理由を積極的に探している。もっとも、こうした人々はまだ、DaaSを導入する取り組みのスタート地点にこれから立とうとしているところだ。

 このことを踏まえ、以下では、DaaSプロジェクトが失敗する5つの理由を説明する。ユースケースを見つけようとしている人にとって(あるいは、既に見つけたと思っている人にとって)、プロジェクトを正しい方向で開始するのに役立つだろう。

1. 費用の節約をDaaSの目的とする

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...