2016年11月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

この10年の驚異的な進化「テープストレージ」の揺るぎない支持者が語る クラウド愛好者も注目する利点は?

IT業界でテープは軽視されがちだ。だが、揺るぎない支持者たちは、テープは今も技術的に健在であり、進化し続けていると信じている。

[Paul Crocetti,TechTarget]
Quantamのテープストレージアプライアンス「StorNext AEL」シリーズ

 2016年9月、米国で開催したFujifilm Global IT Executive Summitで、Horison Information Strategies プレジデントのフレッド・ムーア氏は、「テープストレージシステムの大きな課題はその利点をいかにして伝えるかだ」と述べた。

 ムーア氏は、ここ10年間でテープは進化して「状況は大きく変わった」と主張した。「これ(この10年間におけるテープの進化)はいい知らせだ。悪い知らせは人々がそのことをまだ知らないことだ」(ムーア氏)

 Toigo Partners Internationalのマネージングプリンシパルを務め、Data Management Instituteの創立者で会長でもあるジョン・トイゴ氏は、「現代のビジネスにおける意思決定では、戦略的プランよりすぐに効果がでる戦術的解決を好む傾向にあり、そのため、ストレージに変革をもたらすのはクラウドだと判断するケースが多くなってしまう」と述べた。そうした傾向がテープストレージの採用を多くの企業で遠ざけてしまっているとトイゴ氏は考えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。