2016年12月09日 12時00分 公開
特集/連載

AWSのDaaSが対応、Webブラウザで自分のアプリやデスクトップにアクセス可能にWebブラウザ方式には弱点も

仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」の新機能「Web Access」を利用すれば、ユーザーは任意のPCからWebブラウザを通じてクラウド上のデスクトップとアプリケーションにアクセスできる。

[Ramin Edmond,TechTarget]
Amazon WorkSpaces Web Accessの画面(出典:Amazon)《クリックで拡大》

 Amazon Web Services社(以下、Amazon)の仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」によってユーザーは、従来の専用クライアントアプリケーションに加えて、Webブラウザ経由でもアプリケーションとデスクトップにアクセスできるようになった。だが競合企業のDaaSと比べると見劣りする機能もある。

 新機能の「Amazon WorkSpaces Web Access」を利用すれば、PC上のWebブラウザがクラウドベースの仮想アプリケーション/仮想デスクトップのクライアントになる。これにより、従業員が社内のリソースにアクセスする手段の選択肢が増える。だがAmazon WorkSpacesの競合サービスである「VMware Horizon Air」と「Citrix Cloud」は、既にWebブラウザ経由のアクセス機能を提供しており、モバイル端末とWebブラウザのサポートに関してもAmazonは両サービスに後れを取っている。

 Amazon WorkSpaces Web Accessは、「Windows」「Mac」および「Linux」搭載PCで利用できるが、モバイル端末には対応していない。またサポートするWebブラウザは「Google Chrome」と「Mozilla Firefox」だけだ。

 ある公益企業でITディレクターを務めるマット・コシュト氏は「これらのWebブラウザを使えない多くのユーザー、あるいは使用を許可されていないユーザーにとって、この制約は大きな障害になるだろう」と指摘する。

 一方、VMwareとCitrix SystemsのDaaSは、Chrome、Firefox、「Safari」「Microsoft Edge」「Internet Explorer」をサポートしており、Windows、「macOS」「iOS」および「Android」「Chrome」で動作する。

Webブラウザ方式の弱点

 Amazon WorkSpaces Web Accessは、ユーザーがAWS上の仮想デスクトップ/仮想アプリケーションにアクセスするためのURLをユーザーに提供する。IT部門がユーザーのアカウントを設定した後、ユーザーはAmazon WorkSpacesポータルにアクセスし、ユーザー名とパスワードを入力する。ユーザーは何もインストールせず、PCには何も保存しない。AWSが仮想デスクトップ/仮想アプリケーションをホスティングするので、IT部門にとっては管理と保守の負担が軽減する。

 だがWebブラウザ経由の仮想デスクトップはパフォーマンスの低下を招く恐れがある。VDI(仮想デスクトップインフラ)を使用する場合とは異なり、端末のCPUパワーを利用しないからだ。

 「従来のVDIはクライアント側のコンピューティングパワーを利用するが、Web環境ではそれができない」と話すのは調査会社IDCのアナリスト、ロバート・ヤング氏だ。「このためパフォーマンスが低下することが多い。HTML5では標準的なVDI環境のような高速性能は得られない」(同氏)

 Amazon WorkSpacesは、帯域幅の面でも不利である。

DaaSがさらに柔軟に

 Amazon WorkSpaces Web AccessのようなWebブラウザ経由のクライアントを利用すれば、ユーザーはマネージド(管理型)クライアントPCを使わなくても仮想コンテンツにアクセスできる。例えば自宅にある家族のPCからでも図書館に置かれた端末からでもログインすることが可能だ。

 「これはアンマネージド(非管理型)デバイスを利用するユーザーにとって朗報だ。プラグインも必要なければ、デバイスへのダウンロードも必要ない」とヤング氏は話す。

 最近のエンドユーザーは、「Office 365」などのアプリケーションや、「Slack」「Box」などのツールにWebブラウザ経由でアクセスするのに慣れている。

 「ほとんどのユーザーは自分のデバイスを使いたいと思っている。Webブラウザからアプリケーションにアクセスできるのが普通になってきた。今では皆がこの方式に慣れている」(ヤング氏)

 ZK Researchの創業者で主席アナリストのズース・ケラバラ氏によると、在宅勤務社員などのリモートワーカーや、コンサルタントなどの嘱託従業員やパートタイム従業員にとってはAmazon WorkSpacesのメリットは大きい」と話す。

 「誰にでもメリットがあるわけではないが、こうした就業形態のユーザーには大きな価値がある」(同氏)

 またAWSは2016年11月末に、「Windows 10」デスクトップを含めた新しいライセンスバンドルのセットをリリースした。これはクラウドでホスティングしたWindows 10デスクトップをIT部門が「Amazon Workspaces Management Console」を通じて起動できるというもの。「Windows 10 Workspaces」はまだWeb Accessには対応していないが、全てのクライアントアプリケーションに対応している。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...