2016年12月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Webブラウザ方式には弱点もAWSのDaaSが対応、Webブラウザで自分のアプリやデスクトップにアクセス可能に

仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」の新機能「Web Access」を利用すれば、ユーザーは任意のPCからWebブラウザを通じてクラウド上のデスクトップとアプリケーションにアクセスできる。

[Ramin Edmond,TechTarget]
Amazon WorkSpaces Web Accessの画面(出典:Amazon)《クリックで拡大》

 Amazon Web Services社(以下、Amazon)の仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」によってユーザーは、従来の専用クライアントアプリケーションに加えて、Webブラウザ経由でもアプリケーションとデスクトップにアクセスできるようになった。だが競合企業のDaaSと比べると見劣りする機能もある。

 新機能の「Amazon WorkSpaces Web Access」を利用すれば、PC上のWebブラウザがクラウドベースの仮想アプリケーション/仮想デスクトップのクライアントになる。これにより、従業員が社内のリソースにアクセスする手段の選択肢が増える。だがAmazon WorkSpacesの競合サービスである「VMware Horizon Air」と「Citrix Cloud」は、既にWebブラウザ経由のアクセス機能を提供しており、モバイル端末とWebブラウザのサポートに関してもAmazonは両サービスに後れを取っている。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...