ランサムウェアに身代金を支払ってしまった病院、対策に“正解”はあるのか?特選プレミアムコンテンツガイド

医療機関が身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害を受けた場合、システムの停止は患者の生命に直結する。病院は「ランサムウェアには身代金を支払わない」という理想論が通用しない局面を想定して、対策する必要がある。

2017年05月19日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ランサムウェアに身代金を支払ってしまった病院、対策に“正解”はあるのか?

 ある調査によると、身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害を多く受けているのは医療サービスと金融サービスだという。医療機関がランサムウェアの被害を受けた場合、システムの停止は患者の生命に直結する。「ランサムウェアには身代金を支払わない」が理想の対応だが、患者の命がかかるとそれも通用しないかもしれない。

 しかし、サイバー犯罪者にとってのランサムウェアは一大ビジネスになりつつある。社会的な被害拡大を食い止めるためにもランサムウェアには身代金を支払わないようにしたいものだ。

 ランサムウェア攻撃に屈しないためにはどのような対策が必要なのか。本稿では具体的な解決策とともに、苦渋の決断でランサムウェアに身代金を支払った医療機関の事例を紹介し、ランサムウェア対策の理想と現実を探る。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...