2018年03月15日 05時00分 公開
特集/連載

デジタルトランスフォーメーションの取り組みにモバイルが不可欠な理由一歩を踏み出すためにやるべきこと

「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が議論の中心となる中、モバイルをその取り組みの最前線に配しておくことが重要である理由と、最初の一歩を踏み出すためにすべきことを解説する。

[Craig Mathias,TechTarget]

 「デジタルトランスフォーメーション」(DX)という言葉が勢いを増しているが、その動向の中心はモバイルであることを忘れないことが重要だ。

 DXとは、顧客とサービスプロバイダー間の関係だけではなく、会社の従業員とコミュニケーションをとる必要がある全ての人々との関係をも変える最新技術の利用のことだ。その目的は、業務効率の向上、顧客との関係強化および同じようなゴールの強化だ。実社会での顧客とのやりとりが不可欠な業務、例えば配管業、理髪店であっても、サービスを宣伝し、顧客が予約やデジタル決済を行うことができるWebサイトとの競争力を保つことが絶対に必要となる。今日のDXの流れは、組織全体にわたるビジネスプロセスの基本的な見直しだけではなく、さらには社会的交流にも焦点を当てている傾向がある。

モバイルがDX推進の流れを押し進める方法

 今日の企業は、社内の従業員だけではなく顧客との関係をも保つために、DXに注力する必要がある。モバイルデバイスを使用して検索、買い物、支払いなどを行う顧客と従業員が急増しているにもかかわらず、現在のDX推進の流れはWebプレゼンスとデジタルマーケティングに焦点を当てているため、モバイルについては、見落とされがちである。しかし、モノのインターネット(IoT)により、ウェアラブル端末やモバイルアプリを必要とするデバイスなどのコネクテッドデバイスの数が増大する状況で、モバイルをその推進の流れの最前線に配することは極めて重要だ。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...