クラウドストレージベンダーWasabi Technologiesが6800万ドルを調達できた理由新興企業の勢いが止まらない

新興企業のWasabi Technologiesは、わずかな期間で6800万ドルを調達し、ブランド認知度を高め、パブリッククラウドベンダーのビッグスリーに挑戦している。

2018年11月27日 05時00分 公開
[Carol SliwaTechTarget]
画像 ビッグスリーに挑戦するクラウド新興企業

 「Microsoft、Google、Amazonの脇役に甘んじるつもりはない」とWasabi Technologies(以下、Wasabi)のCEOで創業者のデビッド・フレンド氏は強気の姿勢だ。

 このクラウドストレージベンダーは以前BlueArchiveという会社で、2016年に約850万ドルの資金を調達し、2017年にWasabiとして新たに起業した。

 フレンド氏はゲノム解析やメディア、エンターテインメントなどの「専門知識を持つシニアセールススタッフがWasabiには必要だ」と語る。この新興企業は増大する問い合わせに対処するため、社内セールスの担当者を採用する予定だ。現在従業員は約45人で、年末までには60人から65人に増員する見込みだという。

勢いを増すWasabiブランド

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...