2018年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

第6世代ファイバーチャネルへの切り替えが必要な3つの理由気になる更改のタイミングは?

次世代のファイバーチャネルネットワークを導入することで、データ転送のパフォーマンス向上が期待できる。関連する新しいテクノロジーの能力をうまく引き出せるようになるためだ。

[Robert Sheldon,ITmedia]
画像

 第6世代ファイバーチャネル(FC)ネットワークに切り替えるタイミングを図っている企業は少なくないだろう。第6世代FCが必要になる背景を以下に3つ挙げる。

  • テクノロジーの進化を背景に、データ転送のパフォーマンス向上が必要になる
  • 負荷が大きいワークロードが増加する
  • 第6世代FCでもたらされる、あらゆるメリットに対するニーズが生まれる

 第6世代FCネットワークのスループット(データ転送量)は、第5世代FCネットワークの2倍に相当する32Gbpsになる。スループットが上がれば、アプリケーションの応答速度を向上させ、I/Oのボトルネックを解消することができる。第6世代では4つのデータレーンを1つに束ねる機能も加わる。この機能により単一で128Gbpsのスループットも実現する。

ボトルネックを解消する

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...