2018年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

第6世代ファイバーチャネルへの切り替えが必要な3つの理由気になる更改のタイミングは?

次世代のファイバーチャネルネットワークを導入することで、データ転送のパフォーマンス向上が期待できる。関連する新しいテクノロジーの能力をうまく引き出せるようになるためだ。

[Robert Sheldon,ITmedia]
画像

 第6世代ファイバーチャネル(FC)ネットワークに切り替えるタイミングを図っている企業は少なくないだろう。第6世代FCが必要になる背景を以下に3つ挙げる。

  • テクノロジーの進化を背景に、データ転送のパフォーマンス向上が必要になる
  • 負荷が大きいワークロードが増加する
  • 第6世代FCでもたらされる、あらゆるメリットに対するニーズが生まれる

 第6世代FCネットワークのスループット(データ転送量)は、第5世代FCネットワークの2倍に相当する32Gbpsになる。スループットが上がれば、アプリケーションの応答速度を向上させ、I/Oのボトルネックを解消することができる。第6世代では4つのデータレーンを1つに束ねる機能も加わる。この機能により単一で128Gbpsのスループットも実現する。

ボトルネックを解消する

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...