2019年01月10日 05時00分 公開
特集/連載

リモートサーバ管理ツールを比較 本当に役立つ製品は?Microsoft製以外にも広がる選択肢

リモートサーバの監視と保守に最適なツールは、IT環境や予算によって異なる。本稿ではMicrosoftの提供サービスからサードパーティー製ソフトウェアまで、便利なリモートサーバ管理ツールを紹介する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | リモートアクセス | サーバ


photo

 導入後すぐに利用できるパッケージから、高度な構成が可能なソフトウェアまで、多くのリモートサーバ管理ツールがある。ツールの選択は、ツールを管理する環境だけでなく、コストや組織の複雑さにも左右される。

 Windows Serverシステムを管理するリモートサーバ管理ツール(RSAT)は、「Windows 10 Professional」「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Education」エディションを実行しているリモートデスクトップから使用できる。RSATは、Microsoftのダウンロードセンターから無料で入手可能だ。

 ブラウザベースのリモートサーバ管理ツールを提供する「Windows Admin Center」を使用し、「Windows Server 2016」またはWindows 10ホストにインストールされているゲートウェイ経由で、「Windows Server 2016」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」「Windows Server 2008 R2」、Windows 10およびその他のシステムを管理することもできる。

 ゲートウェイは、定評のあるPowerShellのリモート処理機能とWindows Management Instrumentationのリモート管理ツールセットを使用し、Microsoft EdgeやGoogle Chromeを使用してどこからでもサーバを安全に接続し管理できる。Windows管理センターはMicrosoftから無料で入手できる。

 Microsoftのツールなど、無料ツールで利用可能なほとんどの機能は、安全な通信を重視しており、Windows OSに既にインストールされている管理機能に依存している。例えばRSATには、Active Directoryドメインサービスツール、グループポリシー管理ツール、ドメインネームシステム/ダイナミックホストコントロールプロトコルサーバ機能、ファイルサービスツール、共有およびストレージ管理コンソールスナップインツールが含まれている。

 本稿ではその他、SolarWinds、NinjaRMM、MNX Solutionsの製品・サービスを取り上げる。

追加のリモートサーバ管理ツール

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...