2019年02月21日 05時00分 公開
特集/連載

両者に求められる性能の違いとはいまさら聞けない、セカンダリーストレージとプライマリーストレージのすみ分け

ワークロードを階層化して、堅牢なデータ保護を確立するなら、プライマリーストレージとセカンダリーストレージを用意するのがベストだろう。だが、この2つにはどのような役割を割り振ればよいだろうか。

[Nick Cavalancia,TechTarget]

 多くの企業が重視するのは、重要なワークロードのデータをバックアップすることだけだ。復旧計画の一環としてストレージを複数層に分けることは必ずしも考えていない。重視するのは、不可欠なデータ、アプリケーション、システムをバックアップし、それを稼働させることだけだ。例えば、最終四半期に会計部門が作成したファイルは考慮されない。

 だが、会計部門のファイルを含め、あらゆる業務を復旧しなければならないこともある。その場合に備えて、ストレージをセカンダリーとプライマリーの少なくとも2つの層に分割すべきなのは明らかだ。

 プライマリーストレージやセカンダリーストレージを検索してみると、1台のPCで使用されるストレージメディアとしてのメインメモリやディスクを中心とした定義が見つかるだろう。だが、本稿で取り上げるのはそうしたストレージではない。バックアップに関連して使用されるプライマリーストレージとセカンダリーストレージという用語は、バックアップ計画に含めるべき2種類のストレージを指す。簡潔に言えば、プライマリーストレージは重要なシステムやそのデータを収容し、セカンダリーストレージは大きな障害の後に環境全体を復旧するために必要な「その他」全てのデータを収容する。

 ワークロード(データ、アプリケーション、システム)の中でも重要なものは、数分で稼働させなければならない。これらはプライマリーストレージに保存すべきだ。そして、先ほど例に挙げた会計ファイルや、数年間にわたって蓄積されてきたその他のデータはセカンダリーストレージに保存する。企業のデータを全て保存するコストを全体的に減らしながら、バックアップと復旧のパフォーマンスを向上させるというのが、2つのストレージを用意する理由の核心にある。

セカンダリーストレージとプライマリーストレージにおけるクラウドの役割

 セカンダリーストレージとプライマリーストレージの違いを分析するため、大手クラウドプロバイダーが提供するストレージ層と、それぞれの違いについて見てみよう。

 「Microsoft Azure」と「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)はどちらも通常「ホット」「ウォーム」「コールド」という3層のストレージを用意して、バックアップ、保持、取得、復旧のニーズを満たしている。一般に、ホット層には重要なワークロード、ウォーム層には重要ではないが復旧が必要になるデータを保存する。そしてコールド層に保存するのは、基本的にアーカイブされていて、復旧が求められる可能性があるとしてもわずかしかないデータだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...