仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?汎用サーバに実装

ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。

2019年04月19日 05時00分 公開
[Dan CondeTechTarget]
画像

 ルーティングや負荷分散といったネットワーク機能は、専用のネットワークデバイスで提供するのが一般的だった。これに対して「NFV」(ネットワーク機能仮想化)が目指すのは、汎用(はんよう)サーバに構築した仮想環境に、ネットワーク機能を実装することだ。

NFVの3つの利点

 NFVに高い関心を示すのは通信会社などの事業者だが、一般的な企業もNFVの恩恵を受けることができる。NFVの主要な3つの利点は、以下の通りだ。

  • 専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能
  • 1台のデバイスに複数のネットワーク機能を搭載
  • 柔軟なプロビジョニング(配備)

 それぞれの利点を詳しく説明しよう。

1.専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...