2019年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

汎用サーバに実装仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?

ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。

[Dan Conde,TechTarget]
画像

 ルーティングや負荷分散といったネットワーク機能は、専用のネットワークデバイスで提供するのが一般的だった。これに対して「NFV」(ネットワーク機能仮想化)が目指すのは、汎用(はんよう)サーバに構築した仮想環境に、ネットワーク機能を実装することだ。

NFVの3つの利点

 NFVに高い関心を示すのは通信会社などの事業者だが、一般的な企業もNFVの恩恵を受けることができる。NFVの主要な3つの利点は、以下の通りだ。

  • 専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能
  • 1台のデバイスに複数のネットワーク機能を搭載
  • 柔軟なプロビジョニング(配備)

 それぞれの利点を詳しく説明しよう。

1.専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...