2019年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?汎用サーバに実装

ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。

[Dan Conde,TechTarget]
画像

 ルーティングや負荷分散といったネットワーク機能は、専用のネットワークデバイスで提供するのが一般的だった。これに対して「NFV」(ネットワーク機能仮想化)が目指すのは、汎用(はんよう)サーバに構築した仮想環境に、ネットワーク機能を実装することだ。

NFVの3つの利点

 NFVに高い関心を示すのは通信会社などの事業者だが、一般的な企業もNFVの恩恵を受けることができる。NFVの主要な3つの利点は、以下の通りだ。

  • 専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能
  • 1台のデバイスに複数のネットワーク機能を搭載
  • 柔軟なプロビジョニング(配備)

 それぞれの利点を詳しく説明しよう。

1.専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...