2019年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?汎用サーバに実装

ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。

[Dan Conde,TechTarget]
画像

 ルーティングや負荷分散といったネットワーク機能は、専用のネットワークデバイスで提供するのが一般的だった。これに対して「NFV」(ネットワーク機能仮想化)が目指すのは、汎用(はんよう)サーバに構築した仮想環境に、ネットワーク機能を実装することだ。

NFVの3つの利点

 NFVに高い関心を示すのは通信会社などの事業者だが、一般的な企業もNFVの恩恵を受けることができる。NFVの主要な3つの利点は、以下の通りだ。

  • 専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能
  • 1台のデバイスに複数のネットワーク機能を搭載
  • 柔軟なプロビジョニング(配備)

 それぞれの利点を詳しく説明しよう。

1.専用のネットワークデバイスではなく汎用サーバを利用可能

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...