2019年11月14日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」による製造業改革【前編】5Gの“大本命”は製造業 「スマート製造」「産業IoT」にどう役立つ?

「5G」の利用が期待される分野の一つが製造業だ。AI技術や工場に設置するセンサーと組み合わせることで、生産工程を大きく向上させられる可能性がある。

[Jaimy Szymanski,TechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


画像

 「5G」(第5世代移動体通信システム)は大容量の高速なデータ通信を可能にし、無線ネットワークの安定性とセキュリティの向上に役立つ。こうした5Gの特徴は、製造業の「スマート化」や産業用途のIoT(モノのインターネット)の普及を後押しする可能性がある。

 製造現場で計画外のダウンタイム(システムや機器が停止している時間)や装置の障害、生産工程におけるエラーなどが発生すれば、その影響は決して小さなものではない。物理的あるいは経済的な損失、顧客の不満、サプライチェーンの混乱といった形で負の影響が広がるだろう。製造業がこうしたリスクを避けるためには、5Gを活用する計画を立てることは必然だと言える。

 5Gによって、デジタル技術の活用を通じて製造プロセスを変革する「インダストリー4.0」(第4次産業革命)の進展を加速させながら、AI(人工知能)技術をはじめとする最先端の技術を発展させることが可能だ。具体的には、以下のような技術が対象になる。

  • ロボット
  • コンピュータビジョン(コンピュータが画像や映像を基に情報を認識すること)
  • モーションコントロール(機器や装置の動作を制御すること)

 調査会社Capgemini Servicesの報告書「5G in industrial operations」(生産工程における5G)によると、製造業の約75%の企業が、5Gをデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの「要」と位置付けている。

 製造業に5Gを取り入れることは、生産工程の変革につながる。情報伝達のスピードを高速にできる上、データの発生する現場でデータ処理をするエッジコンピューティングの活用が可能になるからだ。

5G導入で見込める製造業の改革

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。