2019年11月14日 05時00分 公開
特集/連載

5Gの“大本命”は製造業 「スマート製造」「産業IoT」にどう役立つ?「5G」による製造業改革【前編】

「5G」の利用が期待される分野の一つが製造業だ。AI技術や工場に設置するセンサーと組み合わせることで、生産工程を大きく向上させられる可能性がある。

[Jaimy Szymanski,TechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


画像

 「5G」(第5世代移動体通信システム)は大容量の高速なデータ通信を可能にし、無線ネットワークの安定性とセキュリティの向上に役立つ。こうした5Gの特徴は、製造業の「スマート化」や産業用途のIoT(モノのインターネット)の普及を後押しする可能性がある。

 製造現場で計画外のダウンタイム(システムや機器が停止している時間)や装置の障害、生産工程におけるエラーなどが発生すれば、その影響は決して小さなものではない。物理的あるいは経済的な損失、顧客の不満、サプライチェーンの混乱といった形で負の影響が広がるだろう。製造業がこうしたリスクを避けるためには、5Gを活用する計画を立てることは必然だと言える。

 5Gによって、デジタル技術の活用を通じて製造プロセスを変革する「インダストリー4.0」(第4次産業革命)の進展を加速させながら、AI(人工知能)技術をはじめとする最先端の技術を発展させることが可能だ。具体的には、以下のような技術が対象になる。

  • ロボット
  • コンピュータビジョン(コンピュータが画像や映像を基に情報を認識すること)
  • モーションコントロール(機器や装置の動作を制御すること)

 調査会社Capgemini Servicesの報告書「5G in industrial operations」(生産工程における5G)によると、製造業の約75%の企業が、5Gをデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの「要」と位置付けている。

 製造業に5Gを取り入れることは、生産工程の変革につながる。情報伝達のスピードを高速にできる上、データの発生する現場でデータ処理をするエッジコンピューティングの活用が可能になるからだ。

5G導入で見込める製造業の改革

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...