2020年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”コンポーザブルインフラ用語集

「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。

[James Alan Miller,TechTarget]

 「コンバージドインフラ」(CI)と「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)に関する話題はこれまでに数多く耳にしてきた人でも、「コンポーザブルインフラ」についてはまだあまり多くを聞いていない可能性がある。ただしコンポーザブルインフラという用語が一般的になるまでに長い時間はかからないだろう。コンポーザブルインフラについて基本的な知識を持っておく必要がある。

 データセンターの移り変わりにおいて、次のインフラのアーキテクチャとしてコンポーザブルインフラを検討している企業は少なくない。コンポーザブルインフラはプログラムによってデータセンター内にあるCPUやメモリなどのコンピューティングリソースやストレージリソース、ネットワークリソースを論理的にプールする。プールしたリソースは中央の「コントローラー」(詳細は後述)を介してサービスとして提供可能だ。管理者は特定の用途のために、必要に応じてインフラを動的に構成できる。

 コンポーザブルインフラが自社のデータセンターに適しているかどうかを調査する際、重要になる7つの用語を以下で紹介する。

1.リソースのプール

 データセンター内にあるサーバ群のコンピューティング、ストレージ、ネットワークリソースを集め、プールする。これらのリソースは各アプリケーションが共有する。

2.プログラムによるリソース制御

 アプリケーションに対するリソースの割り当てをプログラムによって制御できるのが、コンポーザブルインフラの重要な特徴だ。プログラムによってリソースのプロビジョニング(配備)とその解除を実現する。

3.コンポーザー

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

「巣ごもり消費」「応援消費」「エシカル消費」 withコロナ時代の消費トレンドまとめ
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。