2020年02月05日 05時00分 公開
特集/連載

“AI推し”のベンダーには要注意 「ネットワーク自動化」の失敗しない選び方候補になるベンダーは?

ネットワーク機器の導入や運用管理を効率化する「ネットワーク自動化」製品はなぜ必要なのか。どのような利点があるのか。製品検討時に着目すべきポイントは。こうした疑問を解き明かす。

[Lee Doyle,TechTarget]

 企業ネットワークの複雑さが増し、ネットワーク機器の導入や運用管理の作業はますます難しくなっている。「ネットワーク自動化」製品は、ネットワーク機器をソフトウェアで管理することで手作業を減らし、運用管理の複雑さを軽減する。

 ネットワーク自動化製品の機能はさまざまだ。ネットワークの運用管理に関する幅広いタスクのうち、そのいずれかを自動化する。例えばネットワーク機器のプロビジョニング(使用できる状態に配備すること)や管理用スクリプトの作成、速度低下/機能停止の原因特定といった機能がある。

ネットワークの複雑化で求められる自動化

 企業ネットワークは数多くのハードウェアやソフトウェアで構成される。例えばケーブルやスイッチ、無線LANアクセスポイント、無線LANコントローラー、ルーター、アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)、SD-WAN(ソフトウェア定義WAN)コントローラー、セキュリティ装置などがある。こうしたハードウェアやソフトウェアの大半はさまざまなベンダーが提供しており、複数のベンダーの製品が同一のネットワーク内に導入されていることが一般的だ。

 データセンターやキャンパス(複数の建物を含む構内)、ブランチ(キャンパスから離れた建物や建物の一部)など場所が変わればネットワークのアーキテクチャも異なり、利用する製品やベンダーも変わってくる。さらにこうした環境にソフトウェアで定義したネットワークが加われば、否が応でもその複雑さは増す。

 ネットワークやセキュリティの設定・管理は、そのほとんどがいまだに手作業だ。複雑化したネットワークにおいては、ネットワーク経由で利用するアプリケーションの性能劣化やネットワークの速度低下の原因を突き止めるのは、干し草の山の中から1本の針を見つけるほどに時間がかかる作業となるだろう。その上、トポロジー(接続形態)などのネットワーク情報は複数のデータベースに配置されるのが一般的であるため、ネットワーク全体の構成が実際にどのようになっているかを正確に理解するのは容易なことではない。

ネットワーク自動化製品がもたらすメリット

 ネットワーク自動化製品がもたらすメリットは少なくない。ネットワーク自動化製品を使えば、これまで多くの人手を要してきた繰り返し作業の負担を軽減するか、なくせる。例えばプロビジョニング、構成の変更、ポリシーの実装などが自動化の対象になる作業だ。ネットワーク自動化製品には下記のような利点もある。

  • ネットワークの性能を低下させる可能性のある人為的なミスを減らす
  • ネットワーク機器を購入して電源を入れるだけで利用できる「ゼロタッチプロビジョニング」によって遠隔で一元管理することで、プロビジョニングを迅速化する
  • ネットワークやセキュリティの問題の根本原因を検出し、改善点を明確にする
  • ネットワークを危険にさらしかねない構成やポリシーの人為的なエラーをなくし、セキュリティリスクを低減する

 こうした利点があるネットワーク自動化製品を導入することでネットワークの可用性は向上し、デプロイが容易になり、運用が簡素化する。

ネットワーク自動化製品の失敗しない選び方

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...