2020年03月26日 05時00分 公開
特集/連載

2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよIT予算計画で重視するもの【前編】

IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。

[Clive Longbottom,TechTarget]

 2020年にIT部門が投資先として重視すべき分野は何だろうか。IT部門は、事業部門が目指す短期目標と長期目標を十分に理解した上で、2020年のIT予算計画を策定しなければならない。事業部門は今後の1〜5年に何を重視するのだろうか。事業部門が柔軟に、なおかつコスト効率も良くニーズを満たせるようにするのがIT部門の役割だ。

未来のIT環境の要件と、既存IT環境の問題を特定

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...