2020年03月26日 05時00分 公開
特集/連載

2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよIT予算計画で重視するもの【前編】

IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。

[Clive Longbottom,TechTarget]

 2020年にIT部門が投資先として重視すべき分野は何だろうか。IT部門は、事業部門が目指す短期目標と長期目標を十分に理解した上で、2020年のIT予算計画を策定しなければならない。事業部門は今後の1〜5年に何を重視するのだろうか。事業部門が柔軟に、なおかつコスト効率も良くニーズを満たせるようにするのがIT部門の役割だ。

未来のIT環境の要件と、既存IT環境の問題を特定

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。

news054.jpg

「ウェルビーイング」がなぜCX(顧客体験)とEX(従業員体験)に重要なのか? Qualtrics調査から考察する
Qualtricsの調査によると、コロナ禍で従業員エンゲージメントが世界でも日本でも向上。従...

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...