個人情報不要の「コンテキストターゲティング」はデジタル広告を変えるかポストcookie時代のマーケティング戦略【後編】

サードパーティーcookieの利用が制限されたら、どのようにして広告をパーソナライズすればいいのか。主要な5つの代替策のうち3つを紹介する。

2021年02月01日 05時00分 公開
[Demetra EdwardsTechTarget]

 サードパーティーcookie(訪問先Webサイトとは異なるドメインに関連付けられたcookie)の代替策として利用可能な広告パーソナライズの手法には、どのようなものがあるのか。現時点で主要な選択肢として挙げられるのは、以下の5つだ。

  1. IDプロバイダー
  2. ファーストパーティーデータ
  3. サブスクリプションユーザーベース
  4. デバイスフィンガープリンティング
  5. コンテキストターゲティング

 中編「『ファーストパーティーデータ』はターゲティング広告に使えるか」は上記のうち、オンラインユーザーを特定できるIDを提供するIDプロバイダーと、訪問先Webサイトのドメインに関連付けられたデータであるファーストパーティーデータを紹介した。後編は残る3つを紹介する。

3.サブスクリプションユーザーベース

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...