2022年05月17日 08時15分 公開
特集/連載

Web会議では「見た目」よりも「声」を気にすべき理由と、その改善策これからの「Web会議」運用のいろは【第3回】

Web会議の快適性を左右するのは映像の見やすさだけではない。音声の聞き取りやすさも重要だ。IT部門が「Web会議の音声品質」を改善する上で、知っておくべきトレンドを探る。

[Katherine Finnell,TechTarget]

関連キーワード

Web会議 | 在宅勤務


 第2回「『使い方が分からないWeb会議用機器』が会議室に現れたら危険信号」に続き、第3回となる本稿も、2022年3月に開催したコミュニケーションツール関連イベント「Enterprise Connect」の講演内容を基に、Web会議用機器の運用管理のポイントを解説する。オフィスワーカーとテレワーカーの両方が平等な条件でWeb会議をするためには、「Web会議での音声」を聞き取りやすくする必要がある。このニーズを踏まえて関連ベンダーは、どのような技術を提供しているのか。

Web会議の快適性を左右する「音声品質」を高める技術トレンド

 テレワーカーとオフィスワーカーが混在するWeb会議に、両者が公平な条件で参加するには、当然ながら映像技術は主要な鍵を握る。コンテンツを共有し、チームメンバーの顔を見るためには映像技術が重要だ。

 音声技術も依然として重要な役割を担っている。音声の遅延が発生すると、そもそも会議に付いていくのが難しくなる。「Web会議で画面の個々の枠に全員が1人ずつ映るようにする技術と同じくらい、音声は重要だ」と、Plantronics(Polyの名称で事業展開)でシニアバイスプレジデント兼ビデオコラボレーション担当ゼネラルマネジャーを務めるボー・ワイルダー氏は強調する。

 企業は、高い音声品質とノイズ除去を実現できるWeb会議用機器を探す必要がある。例えばPlantronicsは、Web会議の音声品質を向上させる機能を提供している。「NoiseBlockAI」は、マイク周囲の邪魔なノイズ(キーボードのタイピング音や紙をめくる音など)を軽減する。「Acoustic Fence」は、エコーキャンセル技術によって仮想的な境界を作り、境界外からの背景ノイズを遮断する。ワイルダー氏は「これらの機能は、コワーキングスペースのように広々とした場所でWeb会議をする際に役立つ」と説明する。


 第4回は、オフィスワーカーとテレワーカーが混在するWeb会議を快適に進めるための主要製品を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...