「プライベート5G」と「最先端技術」で膨らむ英国スマート港の野望5Gで実現する「スマート港」【後編】

英国北東部のタイン港は港内に「プライベート5G」を導入し、最先端技術を組み合わせて革新的な取り組みを進める。プライベート5Gをどう活用するのか。

2022年08月25日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 英国の通信大手BTは2022年6月、英国北東部のタイン港(Port of Tyne)に、「5G」(第5世代移動通信システム)をプライベートネットワークとして使う「プライベート5G」を提供すると発表した。BTはスウェーデンの通信機器ベンダーTelefonaktiebolaget LM Ericsson(Ericsson)の協力を受けてこの取り組みを進める。

 タイン港はプライベート5Gを活用し、港における革新的な新サービスやビジネス向けの新たな用途を実現できると見込む。例えば人工知能(AI)技術を使ったアプリケーションや自動運転などだ。その具体的な取り組みとは。

スマート港は「プライベート5G」と「最先端技術」をどう使う?

 BTの法人および公共部門担当マネージングディレクターを務めるアシシュ・グプタ氏は次のように語る。「Ericssonの協力を得て設置したネットワークを活用することで、港における運営業務の自動化や効率化など、変革のインフラを作れる」。広い帯域幅(通信路容量)かつ低遅延のネットワークを活用すれば、監視カメラや高度なデータ分析、AI技術などを用いて、コンテナの損傷を検査することが可能になるとグプタ氏は見込む。

 タイン港の技術チームは、プライベート5Gの本格稼働に向けた検証を実施している。その中でも同港は、以下の取り組みを優先的に進める。狙いは荷主企業や物流企業など、同港のサプライチェーンにおける顧客の業務効率向上にある。

  • 運用最適化:クレーンのような資材運搬機器に稼働データを記録する装置を取り付けて使用パターンを記録し、分析することで継続的な改善につなげる。
  • コンテナ追跡:光学文字認識(OCR)技術を用いてコンテナの状態を検査したり、入出港を監視したりする。

 タイン港は運営戦略「TYNE 2050」の一環として、二酸化炭素(CO2)を排出しにくいクリーンエネルギーを使用するテスト環境を作る。同港が拠点に選んだのは、200エーカー(約0.81平方キロ)の土地を有する同港内のクリーンエネルギーパークだ。ここでプライベート5Gの利用を希望する企業と協力して、英国の物流分野に利益をもたらす革新的なサービスの検証をする計画だ。

 このクリーンエネルギーパークを活用する企業の一社が、エネルギー会社のEquinorだ。同社はドッガーバンク(北海中央部にある浅堆)に洋上風力発電所を建設し、タイン港を運用保守の拠点にする。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...