Intelはなぜ「Optane」を作り、終わらせるのか 半導体の歴史から探る次世代メモリの筆頭が消える【第1回】

メモリに革新をもたらすことを目指していたIntelが、不揮発性メモリ「Optane」の事業を終わりにすることを明らかにした。この衝撃の発表の背景にある、半導体分野の変化とは。

2022年10月24日 05時00分 公開
[Jim HandyTechTarget]

 成功する企業は“引き際”をよく知っている。Intelは2022年7月、次世代メモリとして期待をかけていた製品群「Intel Optane」(以下、Optane)の事業を終了させることを明かした。同社によるこの驚きの決断から、半導体業界が直面する新しい局面が見えた。

Optaneが生まれて、そして消える理由を「半導体の歴史」で考える

 Optaneは、DRAM(Dynamic Random Access Memory)よりも製造コストが安価になり、NAND型フラッシュメモリよりもデータの読み書き速度が高速になるメモリ技術を採用した製品だ。Intelがこのメモリ事業からの撤退を決めた理由を知るには、半導体業界の歴史を、少し振り返る必要がある。

 AMD(Advanced Micro Devices)などのプロセッサベンダーとIntelは競合している。先端技術を先行して事業化することによって、他ベンダーとの差別化を図る――これがIntelの重視してきた戦略だ。その戦略をまとめると、以下の3ステップになる。

  1. 先進的な製造プロセス技術に基づくプロセッサをプレミアム価格で販売し、利益を大きくする
  2. 利益を新たな先端技術に投資し、他のプロセッサベンダーを技術面で引き離す
  3. 先端技術を使って開発したプロセッサで、新たな利益を得る

 Intelのこの戦略は、以前は成功していた。同社がOptaneに投資したのも、プロセッサの技術面で他ベンダーを引き離したかったことが理由だ。ところが半導体製造の経済構造が徐々に変化し、過去の成功モデルはIntelから離れていった。

 経済構造の変化とは、次の通りだ。最先端の技術を備えつつ、コスト競争力に優れる半導体工場が製造しなければならない半導体製品の量は、どんどん増えていった。その量は、Intelのプロセッサに必要な量をはるかに超えていた。この動きと重なるようにして、半導体工場の建設コストが急騰した。

 Intelは最先端の技術を備えた工場を新設できず、既存生産施設の一部を利用するしかなくなった。このやり方が、同社事業の採算に合わないことは明白だった。そうしているうちにIntelのプロセッサ製造技術は、AMDなどのプロセッサを製造しているTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)に後れを取ることになった。その後、Intelのパット・ゲルシンガーCEOは、イスラエルの半導体製造企業Tower Semiconductorの買収を決めた。これには、製造技術の遅れを取り戻す狙いがあった。

 製造技術の遅れを取り戻す一方で、Intelは先端技術で競合ベンダーとの差別化を図る方法を必要としていた。そこで同社が打って出たのが、Micron Technologiesと共同開発したメモリ技術「3D XPoint」を活用し、Optaneという不揮発性メモリを販売することだった。


 第2回以降は、IntelがOptaneの事業を打ち切りにする理由を詳細に紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...