「Microsoftの1万人削減を批判しないアナリスト」は何を考えているのか?Microsoftの人員削減はIT業界に何をもたらすのか【第2回】

Microsoftが従業員1万人の削減に踏み切る。人員削減と聞くと事業不安を連想させるが、アナリストは同社の判断を「適切だ」と評価する。それはなぜなのか。

2023年03月16日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト)


 Microsoftは2023年1月、1万人規模の人員削減を実施すると発表した。人員削減という決断をしながらも、同社が発表した2023年の経営計画には強気な数字が並んでいる。この動きを、アナリストはどのように考えているのか。

「1万人削減」を批判しないアナリストの言い分

 人員削減発表と同じ2023年1月、Microsoftは人工知能(AI)ベンダーOpenAIに数十億ドルの追加出資を実施すると発表した。OpenAIは、AIチャットbot(AI技術を使ったチャットbot)である「ChatGPT」のベンダーだ。加えてMicrosoftは690億ドルの買収額を提示して、ゲーム会社Activision Blizzardの買収を進めようとしている。

 転職仲介企業Challenger, Gray&Christmasは、Microsoftによる従業員約1万人の削減は「IT業界に暗い影を落とすことになる」と指摘。一方で複数のアナリストは「Microsoftは国際情勢に適切に対処している」と口をそろえる。

 「歴史的に見てMicrosoftは、市場の需要の変化に合わせて人員を整理し、需要と機会の見通しが明るい分野に照準を定めて、スキルと人員の配置をしてきた」。調査会社IDCのアナリストであるアル・ギレン氏は、Microsoftの人事戦略についてこう語る。

 自動化技術の導入に関する動きが、Microsoftの人事戦略に関連しているという見方もある。「Microsoftはクラウドインフラの運用を筆頭に、事業運営の自動化に力を注いでいる」(ギレン氏)


 第3回は、「Microsoftが今後も人員削減を継続する」と予測する専門家の意見を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。