「Rust」がプログラマーに“大人気”なのになぜか敬遠される理由GoとRustを比較する【第5回】

プログラミング言語「Rust」は洗練された仕組みを持つ一方、それが開発者に幾つかの困難を押し付けることにつながっている。そうした困難の正体とは。

2023年05月05日 08時15分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

 「Rust」はさまざまな用途で使えるプログラミング言語である一方、習得は簡単ではないとの見方がある。それはなぜなのか。具体的にどのような障壁があるのか。

プログラマーを遠ざける「Rust」の“ややこしさ”

 Rustでは、変数を参照できる範囲である「ライフタイム」を指定することで、プログラムが変数を正しく参照しやすくすることができる。ライフタイムは、プログラムによるメモリ内容の破壊を防ぐ「メモリ安全性」の確保に役立つ。ただしライフタイムを明記すると、構文が複雑になる傾向がある。

 不要なメモリを自動的に解放する「ガベージコレクション」は、Rustでは使用できない。これはRustを習得する上でのハードルとなり得る。

 ライブラリ(プログラム部品群)が成熟していないことも、Rust開発者を悩ませる。Rustには強力な開発者コミュニティーがあるが、開発に関するサポートは十分とは言い難い。ライブラリやサポートが充実するまで、Rustの使用を待つ選択肢もある。

 さまざまな課題があるにもかかわらず、Rustは人気だ。プログラマー向けQ&Aサイト「Stack Overflow」が2021年5月〜6月に8万3439人に対して実施した調査では、回答者の86.98%がRustを「最も好きなプログラミング言語」に選んだ。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...