「Go」に期待し過ぎたプログラマーが落胆する“完璧じゃない部分”GoとRustを比較する【第2回】

「Go」は従来の汎用プログラミング言語に代わるプログラミング言語として、一部の開発者の支持を受けている。ただしGoには幾つかの欠点がある。開発者がGoを採用あるいは使用する上での懸念点とは。

2023年04月14日 08時15分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

 「Go」は、さまざまな用途の開発に適したオープンソースのプログラミング言語として、開発者の支持を集めている。Goはソースコードの複雑さを軽減することを目指して設計されている。Goには複数のメリットがある一方で、無視できないデメリットも存在する。それは何か。

プログラマーが落胆する「Go」の“完璧じゃない部分”

 他の歴史のあるプログラミング言語と比べて、比較的新しいプログラミング言語であるGoは、利用可能なライブラリ(プログラム部品群)が限られている。そのためGoを扱い始めたばかりの開発者には、困難が伴う可能性がある。

 メソッド(操作)の集合である「インタフェース」は、Goに習熟していない開発者にとって理解が難しいと言われている。不必要なインタフェースの使用は、Goでの開発プロセスを複雑にしかねない。特にアプリケーション開発の規模が大きくなるほど、不適切なインタフェースの実装による、コンパイル(ソースコードを実行可能ファイルに変換すること)エラーの頻出を招きやすくなる。

 コミュニティーの成熟度はそれほど高くないものの、Goは関心を集めている。プログラミングスキル測定サービスHackerEarthが2020年1月〜2月に1万6655人を対象に実施した調査では、回答者のうち熟達した開発者の32%が、Goを「最も学びたいプログラミング言語」に挙げた。


 第3回は、プログラミング言語「Rust」の強みを紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...