Gartnerも気になる生成AI「Microsoft 365 Copilot」の“あの機能”とは?生成AI「Microsoft 365 Copilot」のインパクト【後編】

Microsoftの生成AIツール「Microsoft 365 Copilot」が実現することのうち、「Microsoft 365」ユーザーにとって特に“うれしい”ものは何なのか。2人のアナリストに聞いた。

2023年05月26日 08時15分 公開
[Mary ReinesTechTarget]

 Microsoftが開発する「Microsoft 365 Copilot」は、テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)の機能を、オフィススイート「Microsoft 365」に追加する。Microsoft 365 Copilotが実現することの中で、特に注目すべきものは何なのか。アナリストが挙げるのは、あの機能だ。

コラボレーションツール分野で「生成型AI」競争

 調査会社TECHnalysis Researchのアナリスト、ボブ・オドネル氏は、Microsoft 365のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)群「Microsoft Graph」と、Microsoft 365 Copilotとの連携に着目する。Microsoft Graphは、メールや連絡先、ドキュメント、スケジュールといった、エンドユーザーがMicrosoft 365で生成するデータにアクセスできるAPI群だ。Microsoft 365 Copilotとの組み合わせにより、エンドユーザーのデータや言葉の使い方、語調を基に、個人や用途に合わせた文章を生成できる。

 Microsoft 365 Copilotの機能を利用するためのツールである「Microsoft Business Chat」は、Microsoft Graphの機能を利用し、Microsoft 365ツール群から対話型でデータを引き出すAIチャットbotだ。調査会社Gartnerでアナリストを務めるジェイソン・ウォン氏は、Microsoft Business Chatについて「対話型インタフェースを備えた新しいツールだ」と説明する。Microsoft Business Chatを活用することで、エンドユーザーはメールやドキュメントなど、Microsoft 365内のさまざまなデータを横断して、特定のテーマに沿って要約するといった作業がしやすくなる。

 オフィススイートに生成AIを取り入れるのは、Microsoftだけではない。Googleはオフィススイート「Google Workspace」向けに「Duet AI for Google Workspace」という生成AIツールを提供する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...