「クラウドを疑うべき」なのはなぜ? あらためて考えるバックアップの基本クラウド時代のバックアップ【第3回】

クラウドサービスの利用が一般的となった近年、ユーザー企業にとって考慮すべき点の一つになっているのがデータの守り方だ。確実にデータを守るには、どのような方法を採用すればいいのか。

2023年09月21日 05時15分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 企業はクラウドサービスを利用する際、クラウドベンダーのインフラにデータを預ける。ハイパースケーラー(大規模データセンターを運営するクラウドベンダー)はクラウドサービスの高可用性を保証する一方で、ユーザー企業はストレージに関して限られた裁量権しか持てない。これはデータのバックアップにどのような影響を及ぼすのか。

クラウドユーザーにとっての基本バックアップ データを確実に守るには?

 データ保護ツールベンダーVeeam Softwareでアジアパシフィックおよび日本地域の担当リーダーを務めるベニ・シア氏は、ユーザー企業がデータを確実に守る方法として、バックアップの「3-2-1ルール」が有効だと話す。3-2-1ルールは本番データ以外に2つのコピーを作成し、データの保管には2種類の記録媒体を使い、バックアップコピーの1つは本番拠点とは異なる拠点に置くことを意味する。ユーザー企業は3-2-1ルールを導入することで、データの冗長性を確保し、単一のストレージに依存することを回避できる。

 クラウドベンダーはサービスレベル契約(SLA)で、ユーザー企業のデータの可用性や耐久性、完全性などのレベルを保証している。ただしクラウドベンダーが常にデータ損失を防止し、ユーザー企業の定める要件を全て満たせるとは言い切れない。ユーザー企業は3-2-1ルールを導入することで、単一のSLAに依存することなく、バックアップに関する自社の裁量権を高めることができる。

 バックアップツールベンダーCommvault Systemsで東南アジア諸国連合(ASEAN)、日本、韓国、中国本土担当ソリューションエンジニアリング責任者を務めるダニエル・タン氏は、「ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の脅威は常に進化しており、3-2-1ルールは以前にも増して重要な存在となっている」と指摘する。

 3-2-1ルールでは、遠隔地にバックアップするオフサイトバックアップを実施する必要がある。オフサイトバックアップをすることで、データを他のシステムから隔絶して安全性を確保する「エアギャップ」を設けることができる。こうしたデータの保護層を増やすことで、ユーザー企業は攻撃の影響を軽減したり、迅速な復旧を実施したりできる。


 第4回は、オンプレミス型のバックアップとクラウド型のバックアップそれぞれの長所と短所の他、両者を組み合わせたハイブリッド型のバックアップについて説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...