TechTargetジャパン

レポート
理想の文書管理はファイルサーバの徹底活用から
 日々増え続ける文書情報の活用に文書管理システムを導入する企業も多いが、課題も残る。1つは文書管理システム活用が軌道に乗らない、もしくは貯蔵庫になっている点。もう1つは、ファイルサーバが整理されずに存在する点だ。 この2つの課題の共通点は、ファイルサーバ...(2013/12/16 提供:古河インフォメーション・テクノロジー株式会社)

レポート
ファイルサーバの利用実態から分かった文書管理のベストプラクティス
 昨今、災害や情報セキュリティー対策のため、文書管理に対するルールや管理体制作りに着手する企業が増加している。しかしながら紙文書に関する管理ルールを定めるものの、電子文書に関してはそれらルールの対象外となっている企業は多い。管理者にとっては、「情報漏え...(2012/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性
 企業のシステム環境が複雑化し、文書の一元管理はますます困難になってきた。取り扱う情報量の増加や業務アプリケーションの多様化が進む一方で、約7割の企業がファイルサーバを利用して旧来的な文書管理をしていることが、問題に拍車を掛けている。 一方で米国では...(2017/2/24 提供:Hyland Software, Inc.)

製品資料
情報セキュリティ担当者必見! 失敗しない「文書管理システム」導入方法とは?
 文書管理システムを導入する際には、「操作性を含めた機能」「システムの寿命」「システム利用時間帯」などさまざまな要件の整理が必要である。業務が忙しく、要件を整理する時間を取ることも難しい状況の中、他社の導入事例を自社に照合して要件を整理するのは非常に効...(2008/4/7 提供:株式会社立山システム研究所)

製品資料
「e-文書法」対応の鉄則、契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める
 「e-文書法」に代表される紙文書保存の規制緩和により、さまざまな業務でペーパーレス化が進んでいる。その中でも契約管理業務は、紙を保管する場所の削減、書類の検索性向上、書類のひも付け管理など、文書の電子化による効率化が期待されている。 そこで注目されてい...(2017/1/10 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

レポート
働き方改革は“緊急課題” 文書コンテンツ中心の管理術で生産性向上を実現
 労働人口の減少が進む一方で、労働時間の短縮という流れも加速するなか、日本企業はいよいよ、働き方改革や労働生産性の向上に本腰を入れて取り組まなければならなくなった。日本のホワイトカラーの労働生産性はアジアで最下位との調査結果もあり、抜本的な対策が求めら...(2017/5/30 提供:リックソフト株式会社)

レポート
「情報管理」調査レポート:モバイル/クラウド導入の効果が出せない企業の特徴
 近年、さまざまな企業がワークスタイル変革に向けて、モバイルアクセス環境やクラウドサービスの導入に力を入れている。その結果、ITインフラやツールの整備は進んだが、目標である「社内の情報にいつでも、どこからでもアクセスできる環境」はなかなか実現されない。 ...(2017/2/24 提供:Hyland Software, Inc.)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

プレミアムコンテンツ
現場の80%以上が品質問題に直面、解決のカギは「標準化」「効率化」「見える化」
 「TechFactory」が実施したアンケート調査「設計開発者のための品質管理」(調査期間:2017年4月24日〜5月8日)では、製品の設計開発などに従事する会員/読者を対象に、日ごろ直面している「品質問題」をテーマに、その原因や対策(今取り組んでいる/将来実施したい)...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
企業の情報共有・知識継承に関するアンケート(2017年1月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「企業の情報共有・知識継承に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、企業の情報共有・知識継承に関するツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会...(2017/4/3 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

事例
機密文書の漏えい・改ざん対策、“現場の不満を招かず”に管理強化する方法
 研究情報や個人情報といった機密性の高い情報を多数扱う組織では、データの流出や紛失、改ざんなどへの厳重な対策が求められる。しかし、現実を見ると、重要情報が個人レベルで管理され、管理者も状況を把握できなくなっているケースが目立つ。 このような組織でも、紙...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと
 企業設備資産管理(EAM)ソリューションは、文字通り、企業が持つ設備・資産の管理が目的だ。例えば、製造業の生産現場ではさまざまな設備・施設が使われている。それらが老朽化や損耗によって徐々に劣化し、保全管理が行き届かなければ生産遅滞や事故につながりかねな...(2017/5/31 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
社内ポータルの内部不正を抑止、ユーザーニーズに応える2つの情報漏えい対策
 ポータルサイトや文書管理システムなど、社内外の関係者との情報共有はWebベースで行われるようになってきた。しかし、Web系の業務システムでは機密情報やマイナンバーなども扱うため、共有情報の管理や情報漏えい対策について不安を抱くユーザーも多い。 そこでWebシ...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
「PDFはどれも安全」は大間違い、閲覧・編集ツールに必須のセキュリティ機能は?
 今や文書管理のグローバルスタンダードとなっているPDF。どのPC環境からでも同じ書式とフォーマットで閲覧や印刷ができることが最大のメリットだが、PDF関連製品の中には、PDFへの変換の際にレイアウト崩れや情報の漏れが生じるものがある。 PDFの仕様は完全に公開され...(2016/7/29 提供:アドビ システムズ 株式会社)

事例
約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣
 長年利用してきた業務基盤システムの刷新は容易ではない。移行対象が多く、そのデータとプロセスは企業が保有する貴重なナレッジそのものだからだ。横浜ゴムでも、20年以上利用した業務基盤システムの刷新に際し、約3000ものデータベース(DB)移行が課題となった。 ま...(2017/3/28 提供:株式会社ドリーム・アーツ)

レポート
「Slack」に挑む2つのサービス、ビジネスチャットの進化の行方とは
 企業内でのコミュニケーションは従来、メールが一般的に使われていた。しかし社内メールを作成する手間や、メールが埋もれてしまい目的のメールが探しにくいなどさまざまな問題が浮上している。そこで注目されているのが、使い心地がコンシューマー製品に近く、コミュニ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

製品資料
保管すべき証憑書類を85%削減、電子化で現場業務を簡単に
 稟議(りんぎ)申請や経費精算、振替申請、小口現金管理など、多岐にわたる現場業務。申請や承認の作業が煩雑化し、本来注力すべき業務の足かせとなっている状況も散見される。この改善を目指して、Web型のワークフロー申請システムを利用する企業は多い。 このシステ...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は?
 近年、大学・研究機関で情報漏えい事件・事故が多発している。その中には、マルウェアにより情報が漏えいしてから発覚までに半年以上かかったケースもある。それも外部からの通報で把握できたもので、通報がなければ被害がさらに拡大しかねなかった。 多数の情報資産を...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
情報共有・発信が進まない原因を解消、安全性と迅速性を両立するコラボツール
 ビジネスにおける情報の共有と発信の重要性が高まるなか、従来の手法に不満を感じる場面が増え始めている。例えば、情報共有に必要な安全性や利便性、最新情報を社内外に発信するための迅速性といった面で、これまでのクラウドサービスには幾つかの課題があった。 そこ...(2016/11/18 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
海外進出していなくても米国訴訟のリスク? 本当は怖い情報マネジメントの話
 情報や商品がグローバルに流通する昨今、海外進出企業はもちろん、そうではない企業も外国での訴訟リスクに備えなくてはならない時代となった。とりわけ訴訟大国といわれる米国では、公判前の「ディスカバリ」と呼ばれる証拠開示手続に気を付けなければならない。 当事...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

レポート
実態調査で明らかになる サーバ、デスクトップ、アプリケーションの仮想化
 サーバの仮想化は多くの企業で導入が広がっており、その用途も多様だ。特に開発/テスト環境のように一時的な利用で終わるサーバは、負荷が軽いものの台数が必要となるだけに、仮想サーバに適しているとされる。しかし仮想サーバの運用は物理サーバと異なる点もあり、そ...(2016/12/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
グローバルかつ金融機関でも耐え得るオープンソースの文書管理とは?
 オープンソースを活用すると言う事は、当たり前の時代がやってきた。本当に必要な事は、機能、要件、価格がマッチするのか?サポートはどうなのか?事例はあるのか?である。その回答を、本ホワイトペーパーでご提供したい。 ALFRESCOは、構造化されていない情報を管理...(2013/7/31 提供:アルフレスコ・ジャパン株式会社)

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

事例
紙からタブレットへ、建設現場の必須アイテム「野帳」をデジタル化
 「野帳」とは、建設現場の管理者などが使用する野外用の紙メモである。 大手ゼネコンである大林組は、業務効率化を推進するために現場の管理者に「iPad」を配布し、その利用率を高めるために、野帳のデジタル化を検討。その開発パートナーとしてMetaMoJiが協力した。 ...(2016/11/10 提供:KDDI株式会社)

製品資料
汎用ツールか専用ツールか? 年1回のストレスチェックで無駄を出さない製品選び
 労働者のメンタルヘルス不調の予防や改善を目的として2015年12月に施行されたストレスチェック制度。労働者が50人以上の事業所では年1回の実施が義務付けられているため、多くの企業がこの制度への対応に取り組んでいる。 しかし、ストレスチェックでは、診断結果の管...(2016/10/21 提供:インフォグリーン株式会社)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/10/17 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading