TechTargetジャパン

レポート
理想の文書管理はファイルサーバの徹底活用から
 日々増え続ける文書情報の活用に文書管理システムを導入する企業も多いが、課題も残る。1つは文書管理システム活用が軌道に乗らない、もしくは貯蔵庫になっている点。もう1つは、ファイルサーバが整理されずに存在する点だ。 この2つの課題の共通点は、ファイルサーバ...(2013/12/16 提供:古河インフォメーション・テクノロジー株式会社)

レポート
ファイルサーバの利用実態から分かった文書管理のベストプラクティス
 昨今、災害や情報セキュリティー対策のため、文書管理に対するルールや管理体制作りに着手する企業が増加している。しかしながら紙文書に関する管理ルールを定めるものの、電子文書に関してはそれらルールの対象外となっている企業は多い。管理者にとっては、「情報漏え...(2012/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
情報セキュリティ担当者必見! 失敗しない「文書管理システム」導入方法とは?
 文書管理システムを導入する際には、「操作性を含めた機能」「システムの寿命」「システム利用時間帯」などさまざまな要件の整理が必要である。業務が忙しく、要件を整理する時間を取ることも難しい状況の中、他社の導入事例を自社に照合して要件を整理するのは非常に効...(2008/4/7 提供:株式会社立山システム研究所)

事例
グローバルかつ金融機関でも耐え得るオープンソースの文書管理とは?
 オープンソースを活用すると言う事は、当たり前の時代がやってきた。本当に必要な事は、機能、要件、価格がマッチするのか?サポートはどうなのか?事例はあるのか?である。その回答を、本ホワイトペーパーでご提供したい。 ALFRESCOは、構造化されていない情報を管理...(2013/7/31 提供:アルフレスコ・ジャパン株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
使える「電子文書管理システムSFS」と「IBM i」連携機能で社内情報の一元管理を実現!
 「SFS」は、操作性と費用対効果に優れた電子文書管理システムです。導入、運用時の負荷が少なく、電子文書はもとより、紙文書の電子化と保存・活用にも対応し、セキュリティ面では、ユーザのきめ細かいアクセス制限を設定する高度な機能を保有します。 2005年10月の製...(2011/9/26 提供:株式会社立山システム研究所)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
クラウド時代のエンタープライズサーチ・文書管理・ECMに足りないものとは?
昨今注目を集めるエンタープライズサーチやECM(エンタープライズコンテンツマネジメント)、そして多数の企業で導入されている文書管理システム。しかしこうしたシステムを導入するだけでは、情報共有は進まない。また情報共有を進めることは、情報漏えいなどのセキュリ...(2009/12/1 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

事例
大阪教育大学が産学協同で実現した学修成果のデータベース化
 教員養成の単科大学として西日本最大の規模を持つ大阪教育大学。1991年には学内LANを整備するなどICTを積極的に導入しており、変化の激しいICT分野に大学だけでは対応が難しい、と産学協同の取り組みにも積極的だ。 そんな同大学の長年の課題は、手書き情報の共有だ。(2015/1/29 提供:コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社)

製品資料
エンタープライズサーチ進化の現状、情報だけでなくナレッジが共有される基盤とは
 企業システム内にある多種多様なデータを効率的に検索し、情報活用を促すエンタープライズサーチは、企業規模を問わず多くの企業が導入している。増加の一途をたどる業務データの中から必要な情報を素早く探し出し活用することは、業務効率化のみならず、新たなビジネス...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

技術文書
モバイルが企業にもたらす脅威とチャンス──モバイルセキュリティ、統合への道
 モバイル端末の社内導入、社内向け・顧客向けモバイルアプリケーションの開発を実施する企業は増え続け、この流れはもはや止められない。しかし、決して整然としたプロセスで導入されていないデバイスやアプリケーションは、IT部門に難解な課題解決を強いている。 例え...(2016/1/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「Windowsタブレット」はどこまで広がるのか? 企業の関心と最新動向を調査結果で示す
 業務の生産性向上などで当たり前になりつつあるスマートデバイスの社内利用。しかし、実際に導入しようとするとさまざまな問題が浮上する。TechTargetジャパンではスマートデバイスの業務利用に関する課題と解決策を探るため、読者調査を実施した。 調査で聞いたのはス...(2015/10/14 提供:株式会社 日本HP)

レポート
87%のサイバー防御組織は運用力不足? 9業種のセキュリティ運用成熟度を比較
 HP Security Intelligence and Operations Consulting(SIOC)の調査によると、過去4年間で、データ侵害によるコストは96%増加し、年間の攻撃成功数は会社当たり144%増え、サイバー攻撃を解決する時間は221%延びているという。企業のセキュリティの対策を効果的に行...(2015/12/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

レポート
なぜ、グループウェアや文書管理システムでは情報共有がうまくいかないのか?
これまで、当たり前のように導入されてきたグループウェアや文書管理システム。しかし、「導入しただけで活用しきれていない」と嘆くシステム担当者は多い。なぜそうなってしまうのかを、ユーザの視点で解き明かす。世の中にはグループウェア、文書管理システムをはじめ...(2007/2/6 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

技術文書
個別受注生産型の企業がリードタイムを短縮する4つのポイント
 日本の製造業はグローバルな競争にさらされている。そのなかで受注生産品の商談の場合、発注から納入までのリードタイムが、発注先選定のポイントになる場合が多い。 たとえばヨーロッパの顧客の商談で、日本の製造業が国内で製造するケースと、ヨーロッパのローカルベ...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
グリーのソーシャルゲーム開発が、バグ管理を部門横断で把握できるようになるまで
 ソーシャルゲーム開発は知識集約作業の積み重ねがベースとなる。従ってクオリティの高いゲームを予定通り完成させるには、プロジェクトのバグ管理をどれだけ正確かつ確実に実施するかにかかっている。開発が停滞する原因は「対処すべきバグが今何個あるのか」「その内訳...(2015/10/30 提供:リックソフト株式会社)

事例
住友精化が全社1000台のPCを仮想デスクトップ化、導入選定の比較基準とは?
 社内PCを仮想デスクトップ化するには慎重な計画が必要となる。日々の業務で使うIT環境だけに、デスクトップ環境の使い勝手が悪くなれば大量の苦情がIT部門に寄せられる。大切なのは導入基準として、幾つかのチェックポイントを設け、妥協せず計画を実施していくことであ...(2015/10/6 提供:日本電気株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員...(2015/5/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
PLMシステムの効用とそれを実現するためのフレームワーク
 「うちはPLMシステムを持っているけど使い方はPDMどまりです」ということは無いだろうか。これは非常にもったいない。が、良く聞くケースでもある。 PLMシステムは本来、製品情報を一元管理し、モノづくりにかかわる人たちに正しい情報を適切なタイミングで部門に応じ...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「製品ドキュメント管理」や「マニュアル制作」の現場の課題を解決する手法とは
製品の取り扱いマニュアルやテクニカルドキュメントの制作現場でよく聞かれる要望として、以下が挙げられる。・大人数でのマニュアル制作をもっとうまくやりたい・製品のバージョンアップによる文言変更を一括修正したい・印刷用に作ったデータを流用してウェブでも公開し...(2015/10/19 提供:ナレッジオンデマンド株式会社)

レポート
なぜ、グループウェアや文書管理システムでは情報共有がうまくいかないのか?
 世の中にはグループウェア、文書管理システムをはじめ、情報共有に関連するツールが多数存在する。しかし聞こえてくるのは、「せっかく導入したのに社員が使ってくれない」という声ばかりだ。なぜそうなってしまうのか。それは従来のシステムに対して、これまで誰も語ら...(2007/10/9 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

事例
リクルートマネジメントソリューションズが顧客向け帳票の表現力と安定性を向上するまでの経緯
 帳票には常に2つのニーズが存在する。1つは、グラフやチャートを組み入れるなどのさまざまな表現力に関するニーズ。そしてもう1つは、正確で速く安定した出力能力だ。今やPDFに出力すると同時に紙媒体へ印刷することは常識化しており、印刷においてはセンターや拠点でバ...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

事例
プライベートクラウドで帳票基盤を構築、強固な安全性の請求書発行システムを実現したアサヒグループの工夫
 帳票は顧客向けに発行されることが多く、それだけに帳票システムで不具合が発生すると、すぐさまビジネスに悪影響を及ぼすことになる。場合によっては業務全体がストップしてしまう懸念もあり、細心の注意が必要だ。こうした点を背景に、請求書発行などを伴う従来の帳票...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
紙による申請/決裁業務の利点を再現したワークフローシステムでコスト減と効率向上
 紙による申請や承認、決裁などの業務は、紙や業務コストもかかるし効率もよくないが、PCに不慣れな人も含め全ての従業員が利用するため、使いやすく誰にでも分かりやすい利点もある。本資料では、紙による申請/決裁業務の利点をそのまま再現したワークフローシステムを...(2014/10/7 提供:インフォテック株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly こんなIT部門はいらない
 IT部門の仕事は、既存のITインフラの管理だけではない。彼らに対する要求は日々変化し、1年前には考えられなかったようなミッションが課されることもある。 本PDFは、複数のCIOへのインタビューを通して、IT部門が果たすべき役割を浮き彫りにする。これからIT部門のス...(2015/6/10 提供:アイティメディア株式会社)

事例
京葉ガスがPDFツールの大量導入で実現した業務効率向上の方法とは
 千葉県北西部を営業エリアとする京葉ガスは、同社の経営効率化の方針を受け、業務効率向上の一環として文書管理・流通の標準化への取り組みを開始した。同社では設計環境をCADソフトで作成していたが、互換性のない取引先とは紙の図面でのやり取りだったため、PDFツール...(2014/4/17 提供:アドビ システムズ 株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

Loading