TechTargetジャパン

技術文書
大きく変わったAndroid 6.0のパーミッション、安全なアプリを開発するには?
 「Android 6.0(Marshmallow)」が2015年10月にリリースされた。大きな特徴として、パーミッション承認モデルの大幅な変更が挙げられる。利用者はアプリが要求するパーミッションの許可/不許可を細かく指定できるようになり、アプリは必要なパーミッションが許可されて...(2016/2/1 提供:リスクファインダー株式会社)

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
基礎から速習する「SSL導入実践ガイド」――常時SSL時代に乗り遅れないために
 Webサイトの運営者でもそれが何かを説明できないことが多い「SSL」(Secure Socket Layer)。Web運営には欠かせないため、実際に導入を提案する際には、SSLが具体的にどのように役立つのかを分かりやすく説明できるノウハウも必要となる。 説明上手になるためには、ま...(2016/7/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSLサーバ証明書に関する「10のあるある」──よくある10の質問&回答集
 Webサイトを運営する企業にとって、必須といえるセキュリティ対策。中でもSSL暗号化通信やサーバ証明書の導入は基本中の基本といえる。しかし、初めて導入およびリプレースを検討している企業にとっては、その設定方法や手続き内容に不安を感じることも少なくないだろう...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
コスト最適化が難しい中規模環境のバックアップ、選ぶ価格と機能の条件とは?
 事業継続計画(BCP)や災害対策の観点から、多くの企業がバックアップ製品を導入している。しかし、中規模なシステムを運用する企業の中には、バックアップコストを最適化できずにいるケースが少なからず見られる。 その理由としては、物理/仮想サーバが混在した数十...(2016/7/12 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
ITサービスの運用監視、賢く専門監視サービスを使う価値
 ITサービスの課題として、ユーザー視点でのサービス中断(サイレント障害)が検知できない、ユーザー体験度を把握できない、サービス品質を定量で量れない、といった問題がある。しかし、その対策においては、監視コストや保守工数の制約がある。 そこで、専門のIT監視...(2016/6/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
SHA-2移行対応ガイド──サーバ管理者が今すぐ使えるチェックリスト9項目
 ほぼ全てのサーバ管理者が2013年に対応を終えた「暗号アルゴリズム2010年問題(以下、「2010 年問題」)」。ようやく対応が終わった管理者に、次のテーマがやってくる。それが、ハッシュアルゴリズムのSHA-2への移行だ。 2010年問題の際には、検証や移行計画などを十分...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?
 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスク...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

製品資料
マンガで解決、クラウド利用時のバックアップ「3つの悩み」
 システム障害や災害などへの対策を目的として、クラウドサービスの活用が進んでいる。しかし、非効率なバックアップ運用により、無駄な作業やコストが生じている企業も少なくない。クラウド利用で失敗しないためには、解決すべき幾つかの課題がある。 1つは、バックア...(2016/5/11 提供:Arcserve Japan合同会社)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビデオ会議を「ただの会議」から「組織やワークスタイル変革」につなげる
 ビデオ会議システムは、メールや電話では伝えられない細かなニュアンスを共有でき、社内外のコミュニケーション密度を大幅に向上させる。意思決定のスピードアップ、テレワークの推進など効果はさまざまで、さらなるニーズも生まれている。 実施のためには、高価な専用...(2016/3/1 提供:株式会社プリンストン)

技術文書
SSLサーバ証明書に関する「10のあるある」──よくある10の質問&回答集
 Webサイトを運営する企業にとって、必須といえるセキュリティ対策。中でもSSL暗号化通信やサーバ証明書の導入は基本中の基本といえる。しかし、初めて導入およびリプレースを検討している企業にとっては、その設定方法や手続き内容に不安を感じることも少なくないだろう...(2015/12/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
クラウドだけどインターネットを使わない、専用アクセスラインで安心の監視カメラサービス
 カメラソリューションが大きく普及した一因は、インターネットやネットワーク技術が進展し、クラウドの活用で低コストなサービスを提供する事業者が続々と登場したからだ。それまではユーザーがSIerと協力して、カメラ、ネットワーク、ストレージの全てを自前で用意して...(2016/1/29 提供:アペックス株式会社)

技術文書
電子回路が苦手な人のためのフィジカルコンピューティング「Scratch 2.0」入門
 連載企画「Scratch 2.0で学ぶ! お手軽フィジカルコンピューティング」全132ページを無料公開! 初心者向けプログラム開発環境「Scratch 2.0」を使って、電子回路があまり得意でない方にも“フィジカルコンピューティング”の楽しさを気軽に体験してもらうことを目的に...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由
 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか? Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケ...(2015/10/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「オレオレ認証局」にはできない、SSL証明書失効確認のメカニズム
 認証局にはSSLサーバ証明書を「発行する」だけでなく、Webサイト運営企業による「秘密鍵」の紛失時などに際し、証明書を「失効する」という重要な役割があることをご存じだろうか? 失効されたSSLサーバ証明書の情報は、インターネット上で「失効リスト」として公開さ...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
日本が狙われている? 世界の脅威事例から学ぶセキュリティ対策
 今日のサイバー攻撃の状況からいえることは、「誰もが標的となる可能性がある」ということだ。対策としてはまずこのことを認識し、攻撃に遭ってしまったとしても次の対策への財産として共有し、良かった点を吸収し非難ややゆは行わないことだ。共有により社会全体のセキ...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
傷だらけの「Flash」――見直されるジョブズ氏の決断
 「Flash」が存続の危機に直面している。動画やアプリケーションなどさまざまな用途に利用されてきた、米Adobe Systemsの「Adobe Flash Player」。そのセキュリティへの懸念が消えないのだ。2015年に入ってからもFlashの新たな脆弱性の発見は続き、その脆弱性を突くサイ...(2015/10/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
40%の組織でドライブバイダウンロード攻撃を確認、2015年上半期 脅威動向レポート
 今回発表された『2015年上半期 Tokyo SOC 情報分析レポート』は、セキュリティサービスの拠点としてお客さまのセキュリティ機器を監視・運用し、1日200億件以上の膨大なデータをリアルタイムで相関分析しているIBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)の1つ...(2015/9/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
いまさら聞けない、SSLサーバ証明書とルート証明書の関係
 現在のWebサイトは、単純な情報掲載サイトから一つのサービス提供窓口としての役割を担うようになっている。そのため新しい技術やサービスを取り込みやすくするために、外部システムと連携させることを前提としてサイトが構築される傾向にある。 しかし、システムの複...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。  暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショ...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
狙われやすいのは小規模企業? 脅威リポートから標的型攻撃の特徴を読み解く
 Webセキュリティやオンライン取引の安全を脅かすさまざまな攻撃は、複雑さを増しながら勢いを拡大している。中でも、企業秘密や顧客データなどの機密情報を盗むという明確な目的を持ち、ターゲット(標的)を定めてソーシャルエンジニアリングやマルウェアと組み合わせ...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
スマホ向けサイトに求められるセキュリティ 拡がる無線LANのリスクと対策
 無線LAN は、一般家庭やオフィス環境のみならず、最近では駅、空港や飲食店などの公衆環境でも広く利用されている。また、スマートフォンやタブレット、ゲーム機器など手軽に無線LANを利用できるクライアント端末も普及して今後ますます利用場面が拡がっていくことが予...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

比較資料
ネットワークIPS、10製品を徹底比較──セキュリティの有効性が最も高い製品は?
 侵入防御システム(IPS)は数多くのセキュリティ製品の中でも独特の存在だ。なぜなら多くの企業がネットワークIPS製品導入時には、ベンダーの推奨設定をうのみにせず、さまざまな調整を行っているからだ。 本資料はNSS Labsが、IBM、Check Point、Dell(SonicWALL)、H...(2015/9/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
今日からできるSSL高速化テクニック──高速・安全なWebサイト運営のために
 Webサイト上で個人情報をやりとりする際にSSL/TLS通信を用いることは必須だが、実際には、「パフォーマンス改善のためSSLアクセラレータを勧められているが、本当に効果があるだろうか?」「そもそもなぜ、パフォーマンスが悪いのだろう。何がボトルネックになっている...(2015/4/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
90分で環境構築から復旧まで、バックアップツールの製品評価ガイド
 企業の事業継続性を支える、業務データのバックアップは重要かつ不可欠なIT基盤である。システムの刷新などバックアップ製品を見直す際には、導入検討に当たって事前の情報収集が検討プロセスで重要となる。 本ホワイトペーパーでは、「Arcserve Unified Data Protecti...(2015/7/31 提供:Arcserve Japan合同会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

事例
1カ月で400人時を節約、カスタマイズを重ねたサービス管理から簡単に移行する方法
 英国最大のエネルギー供給事業者のCentrica。一般家庭や企業へのガス、電力供給の他、ボイラーや電気製品などの修理も行っている。こうした業務を担当する事業部門は多様なため、同社のIT部門は約3万5000人のエンドユーザーから寄せられる広範囲にわたるサービス要件に...(2015/7/16 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
スマホ時代の必須対策「常時SSL」に潜む隠れたコストと運用負荷。解決の切り札「SSL CDN」とは?
 Webサイトの常時SSL化については、GoogleがサイトランキングにおいてSSLサイトを優遇すると宣言しているように、マーケティングの観点からも導入が急がれる。常時SSL化は、非SSL通信(80ポート通信)を廃止し、SSL(443ポート通信)のみにするというものだ。米国ではSNS...(2015/7/14 提供:株式会社Jストリーム)

Loading